スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

何がしたいのですか? ~国会議員のみなさんへ~

先ほど、社民党の辻元議員の、国会での答弁を聞きました。
また、代表の福島氏のインタビューも聞きました。

彼女たちから出る言葉は、「石破氏の、即刻辞任」です。
しかし、石破氏の「痛みを感じている方々へ、
何かをやることが、責務と考える」
に比べれば、批判の為の批判としか聞こえません。

もし、私が国会議員なら、まず、第一に、現状の海自は、訓練含め
活動を停止しているかの確認です。
次に、残された家族へ、どんな救済ができるのか、
もし、そういう法がなければ、それこそ、自民党のおハコ、特措法の
提出を考えます。
こういうことが、「国民の目線」では、ないのでしょうか?

予算案も、衆議院を通りました。野党は民主党を中心に欠席されました。
しかし、そんな幼稚な方法しかないのですか?
特定税率の見直し、道路建設計画の見直しなど、具体的な対案は
出されたのですか?古いやり方ですが、牛歩戦術でも
意味があった可能性は、あります。可決が2月29日か3月1日かで
参議院の結論がどうあれ、「30日間で可決とする」を適用できなく
なります。インタビューに「我々の意見を聞かない議長が・・・」
の鳩山氏の言葉には、参院で暴れて、選挙民にアピール出来ればいい
どのみち今回の予算を通さなければ、選挙に勝てないが透けて見えます。

また、自民党の伊吹幹事長も、「参加されなくて残念です」
とまるで、他人事のように感想を言われましたが、
与党として、国民の言葉を、拾いきれなかった反省の言葉が
あって然るべきかと思います。

本当に、本当に、国会議員のみなさん、
普通に、極々、普通に国民の代表を、お願いします。

私たち国民の多くは憲法に定めれられた義務は果たしています。
スポンサーサイト

2008年03月01日 拝啓 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。