スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

点数稼ぎ ~イージス艦衝突事件~

私は、怒り、いらだち、で、いたたまれません。

今回の事故で、野党は、鬼の首でもとったかのように「石破氏辞任」を
叫んでいます。「防衛省の隠蔽体質」の改革も、同様です。

しかし、石破氏が答弁しているように
「救出活動、事故の捜査が進行中の、今、私が語るべきとは思えない」
といった主旨のことを言っています。
まさに、その通りかと思います。衝突の何分前に誰が何を見て、
何を報告し、それを元に何が成されたかは、海上保安庁の捜査が
一段落して、発表されるべきことですし、まして、そのなかに「隠蔽」があったかは、まだ先のことでしょう。
無論、事件解決まで、海自の艦船の行動を制限するなど、
二次災害が起きない手を打つことが前提ですが。
(インド洋に向かう補給鑑も同様)

国会という、時間の限界点が決まったなかで、早急に解決すべきことは
山積しています。
まず、暫定税率と道路建設の見直し、これを精査するだけでも
莫大な時間がかかります。佐世保道路の建設に「1km、200億円」
かけていながら、国土交通省の官僚は、「かなり節約できた結果だ」
といっていますが、完全に税金という国民から徴収した金の運営を
任されているという自覚がありません。
同じ国務大臣でも、憔悴しきった顔で、現地を訪ねた石破氏にくらべ
冬柴氏は、何をやっていますか?
糾弾されるべきは、どちらですか?

何度も書いてきて、自分でも嫌になりますが、
国会議員は、国民全ての代表という重責にあります。
国会は、唯一の立法府として、国民の幸せの実現に努力する場です。
次回の選挙の為の、自己アピールの場ではありません。

衆議院議長の河野氏にも、お願いしたい、国会の正常な運営を!
スポンサーサイト

2008年02月28日 怒り! トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。