スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

やっぱり、政治家は、ダメ ~イージス艦衝突事件にて~

まだ、漁船の乗組員の安否もハッキリしないのに、
石破大臣の辞職を求める、野党議員の「国会議員」であるという
自覚を疑います。

野党、与党は、単に国会内で、議員の数を区分けした言葉かと思います。
あくまでも、衆参に関わらず、国会議員の責務は、国民の代表として
国民が憲法下に約束されたものを得られているか、
逆に、国民が憲法下に定められた義務を怠っていないかに
一番の関心と、その結果考えられる、国会運営が成されているかに
責任を感じて頂きたい。

まして、行政が、国民への責務を怠っていないかは、
国会議員、全員の責務です。「政治家」などという枠を
私は、意識して選挙に参加してないし、「政治家」と
名乗るのは、勝手ですが、まず、国会議員の責務を果たして頂きたい。

鳩山幹事長が、「政治生命」とか「政治家として・・・」
「防衛庁、防衛省の隠蔽体質が変わっていない」
という言葉で、石破氏の辞任が当然のように言っていますが、
まず、鳩山氏は、長く国会議員を努められているのだから、
防衛庁の不祥事は、防衛大臣だけの問題ではなく、
鳩山氏も含む、国会議員の責任です。

まして、1988年の「なだしお事件」から、
野党、与党関わらず防衛庁の体質改善に国会議員の責務を果たしたのか
国会議員の皆さんに、お聞きしたい。
当時の海難審判でわかった、
「衝突時などの救助訓練が訓練メニューにない」
が改善されたかを、見守った議員は、いるのですか?

まず、上記のことに努力し、なおかつ、
具体的に答えられる議員が入れば、
その人は、石破氏を追求する権利はあるかと思いますが、
「辞任」ではなく、民間の船と、自衛鑑が衝突を防ぐシステムを
充分に学習していることが前提で、捜索が一段落したら
それが機能したかの検証を、確認すればいいだけです。

野党のみなさんに、強く、強く、申し上げたい。
被害者の目の前で「石破が悪いんです、彼は政治家失格で辞めさせます。
私は政治家合格です、次の事故を絶対防ぎます。」
という覚悟があるなら、どうぞ、「政治家」やって下さい。

無論、自公のみなさんも、同じです。
スポンサーサイト

2008年02月22日 拝啓 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。