スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国製、餃子 ~リスクコントロール~

まずは、この件で、被害にあわれた消費者の皆様に、
お見舞い申し上げます。
以下に展開する、私の持論は、決してあなたがたの
行動を責めるものではなく、同様の事件の再発防止の為のものです。
ご不快に感じられましたら、お詫び申し上げます。

食に限らず、消費者が望むことは、多岐に渡るようになりました。
例えば、食の安全に重きを置かれる方は、みずから地方に移住され、
口にするものを、自ら作るか、面識のある方から購入されています。

しかし、そういう生活を送ることで、
犠牲にされた何かもあるかと思います。

今回の農薬入り餃子事件に、
すでに、そうい生き方をする国民がいることを当てはめれば、
コンプライアスなどという外国語や、
「食の安全」という、単なる、お題目では、何も解決しないと
私は考えています。

副題に付けました、リスクコントロールとは、
政府に求めるものでもないし、消費者に、安い物を買うなといった
意味ではありません。

今回の事件に沿って考えれば、以下のようになります。
まず、日本の食品会社が、コスト削減の為に、
中国での生産を思いついたのでしょうが、
その際に、すでに中国の商習慣として、「だまされる方が悪い」
というリスクを考えなかったのかという点があります。

「だまされる方が悪い」への反論も、コメント下さい。

生産拠点を変える企画の責任者、一人が考えたかどうか?
その企画に賛同した重役が、リスクを考えたかどうか?
ここでいうリスクとは、「食の安全」へのリスクではありません。
今回のような、不祥事が起これば、減俸や、職を失うことを
考えたかということです。

もし、この段階で、リスクを考えた社員や重役がいて、
中国の拠点に、数名の日本人社員を置き、彼らに考え得る限りの
検査の権限を与え、そのことが、生産性の低下に繋がっても、
致し方ないという、重役からの特命があったら、どうだったのでしょう?

次に、実際に商品を売った小売店も、メーカーが保証するから安全
なんて、神話は、食の世界では、とっくに壊れていたことは、
知っていたはずで、「中国産」だが、本当に大丈夫かを
口頭や、現場レベルではなく、会社同士の覚え書きといった形に
しなかったのかに、やはり、ひとつの製品の不備で、会社が、危機に
追い込まれること、まして、担当者が問われる責任を考えたのか
ということに、私は、大いに疑問を持ちます。

そして消費者も、同様に、安いということは
どこかで、手抜きがあったという前提で、購入を考えてもいい時期かと
思います。無論、ここまで述べた立場の方々と比べれば、
情報量も少ないし、財布も、薄いでしょう。
しかし、死亡へ繋がった事件は少ないものの、「中国産は危ない」
ということは、ご存じだったと思います。
一人者が、自分で食べるものを買うならともかく、
家庭全体に影響を及ぼす選択をしていることには、お気づき願いたい。

ここまで読まれた方は、厚労省などの政府機関が何をやっていたんだ!
税金を払っているのは国民だぞ!
と、お怒りの方もいらっしゃると思います。
しかし、「安全」を、行政や立法府に一任することは、
恐らく、多額の費用を必要としますし、行政が、正常に機能していない
ことは、年金問題で、ハッキリしたではないですか。

私の意見は、かなり、きわどいことですが、
やはり、自分の身は自分で守る、それに関しての危険度と
何らかの出費の増加も、自ら決めるというものです。

こういう考えが、行き渡った先には、税金の無駄遣いの無い、
安全な国家があると、信じています。
スポンサーサイト

2008年01月31日 出来ること トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。