スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

変な言葉 ~ねじれ国会~

ごく当たり前のように、「ねじれ国会」という言葉が使われています。
しかし、日本の立法府の仕組みからすれば、変な言葉です。

参議院不要論をとなえる方々はいらっしゃると思います。
そのご意見には、耳を傾けるつもりですし、現状を見れば、
説得力のある、ご意見かと思います。

しかし、二院政に関して、憲法改正がされていない、現状では
二院政で、国会は運営されるべきです。

このことを前提とすれば、衆議院、参議院で、
多数派が、違う政党や会派であっても、
それは、選挙によって、国民が望んだものと言えます。

「ねじれ」と呼ばれている理由は、衆議院で可決されたことが
参議院で、否決されるからかと思います。
しかし、この見方は、まず多数決ありきでの見方かと思います。
本来、多数決は、議会で充分に議論したが、
意見の統一が出来なかった際の、最終手段であり、
その結果が、ある議員や政党にとって、不服なものでも
採決された結果に、従うことが法に定められています。

具体的には、衆議院の結論を、
参議院は、国民が選択した結果と受け止める義務があると考えます。
それを、頭ごなしに、参議院、第一党が否定することは、
衆議院への無視、つまり国民の意思の無視と考えられます。

参議院は、いったん、衆議院の結論を受け止め、
衆議院が見落としたことが無いか、精査し、結果的に
問題がなければ、可決し、万が一、問題があれば
それを具体的にして、衆議院へ戻すということが
当たり前のことです。

無論、衆議院も、その法案を充分に審議して、参議院に
送ることが前提ですが、同時に、参議院への尊敬も忘れず、
万が一、法案に対しての異論があれば、改めて、審議することが
当然のことであり、最初から2/3条項で、可決というのは、
何故、二院制を維持しているかを無視しています。
つまり、憲法を無視しています。

こんな、当たり前のことが、何故、出来ないかと考えると、
国会議員のみなさんは、当選=全権委任という勘違い
あからさまに言えば、階級があがったという、思い上がりが
あるのかとさえ、思います。

内閣や与党が、自身の判断だけで、政策を進めることを前提とするなら、
選挙において、その展望を、国民に明示し、いわゆるマニフェストを
具体的に掲げ、国民の意思を問うべきです。

もし、国会議員になって初めて気付くことがあり、
そのことで、マニフェストの実現が、国民の利益にならないとしたら、
その時点で、明確に国民に知らしめる義務があるかと思います。

現状の政局は、いままで書いたことを、まったく無視しています。
自民党にせよ、民主党にせよ、また、国会議員全員に、
やって頂きたいことは、
解散があるのか、どうか、民主党が与党になれるかどうかの前に、
国会の本来のあるべき姿に、戻って、
国民の代表の責務を全うして頂きたい、ということです。
スポンサーサイト

2008年01月17日 拝啓 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。