スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

なにもしない内閣 その2:MD計画

昨年12月にハワイ沖で、弾道ミサイルのテストに成功した、
「こんごう」が戻ってきました

この後、残り4隻の、イージス艦にも、同じミサイル、「SM3」
を搭載するそうです。(1発、約20億円と言われている)
と、同時に、関東に2カ所設備されている、「PAC3」
も、順次、国内全域に広げていくそうです。

これって、おかしくないですか?
自衛隊が、弾道ミサイルを迎撃する際に、
それが、他国向けのものだった場合、果たして合憲かという議論、
まだ、結論は出ていませんよね。
何故、武器の準備だけするんですか?

シビリアンコントロールが、不十分だったから起きた
いわゆる守屋事務次官を巡る問題も、なかなか起訴まで
もっていけていない時に、何故、現場だけが前にいっているのですか?

このMD計画、お金の無駄遣いだけではすみません。
また、中国を始めとする、アジアのみなさんから
「そんな高価な装備を用意して、日本は、何がしたいの?」
って疑惑がまた、増えます。

アジアの中で、様々な非難をあびる理由の最大の原因は
「日本って何がしたいの?」につきます。

まだ、間に合うので、MD計画を見直し、
米国の安全の補佐役から、アジアのなかで、日本が、
どの位置にいたいのか、ハッキリさせましょうよ。

そうしなければ、第二次世界大戦は終わりません。





スポンサーサイト

2008年01月10日 怒り! トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。