スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

きな臭い

「山田洋行」と守屋氏を中心に、本格的に捜査が始まりました。
東京地検としては、比較的、早い動きかと感じています。

まったく、根拠のない、私自身の杞憂かもしれませんが、
この事件を、山田洋行、及び関係者、守屋氏のみが起訴され
「事件の根幹」に迫ることなく終わるのではないかと思っています。

現に、守屋氏に関する罪状は、倫理規定違反、私文書偽造
山田洋行関係者には、横領や、背任となっています。
東京地検は、「わいろ」も視野にいれての捜査をすると
言っていますが、守屋氏の巧みな、長期的で、
1回の接待が少額、しかも、自身も金を払っているという、
ゴルフ接待では、特定の利益供与を
立証することは困難という意見も聞きます。

私が書いた「事件の根幹」とは、自衛隊の装備調達全体が
特定の業者や、官僚、政治家への利益を生み出すものに
なってはいないかという疑問です。

先だっての、守屋氏の国会での発言は
「具体的な選定には、制服組の意見を重視した」
といった主旨のものが多いかと覚えていますが、
この制服組の意見重視の裏に、あいかわらず「根回し」という
古くさいけど、日本人が、しばしば使う方法がとられていれば
あきらかに、「収賄」ですし、
もし、本当に、制服組の意見に
重きをおいたのなら、シビリアンコントロールは、
どう機能しているのか検証が必要かと思います。
スポンサーサイト

2007年11月11日 許されない トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。