スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

過剰な期待

過剰な期待

今から書くことは自戒をこめたことです。
他者や、組織、国家などに「過剰な期待」を持ってはいないかという
疑問の提示です。
相撲の世界で、次々と問題が起きていますね、
まずは、朝青龍の件ですが、外国人力士の受け入れには、
まず、相撲取りになろうという日本人の減少と、強い力士が欲しい、
そういう力士が生まれれば、相撲界の発展に繋がると考えられたのだと推測します。
しかし、「国技」と相撲協会が自負する世界に、
国籍も、教育環境も違う人を入れた場合に、
何か問題が起きるかもしれないという予測が出来なかったのか、
もしくは、予測はしたが、具体策をとるまでもないと判断したかの根拠は
、修行中に、技と心を磨けるに違いないという
根拠の無い「過剰な期待」があったのではないでしょうか?
相撲と並ぶ、伝統的な世界に歌舞伎や能、狂言がありますが、
趣味や研究の範囲を超えて
外国人を演じてには、していません。無論、相撲と違って
顔の作りが違っては困るという事情もありますが、
やはり、歌舞伎の世界が負っている伝統にそぐわないという認識が
強くあるからではないでしょうか?逆に言えば、
梨園の妻と言われる方々のご苦労が、それを表している気がします。
作家の内舘さんが、「まず、相撲協会は、何が大事なのか、自ら決めなければ、
問題は解決しない」
といった趣旨のことを雑誌に書いていらっしゃいました。
まさにその通りで、「強くて、角界の常識を守れて、人気のとれる人が欲しいです」という、「過剰な期待」から、決別しなければ、ならないということです。

亀田家の問題も、そうです。何故、あんな試合展開になったかと言えば、
息子達を強い選手にしたいという素朴な願いいが、
やや異色なボクサーを作り上げた。
その異色さが、マスコミの目に止まり、父親も息子達も、
「亀田流での絶対の勝利」を期待してしまった、これが「過剰な期待」です。
試合後の言葉が、今も、彼らが「過剰な期待」を持っていることを示しています。
規則違反の攻撃を指示したことを「亀田流の言葉だ」という弁明で
解決できるという感覚をもった兄、
「自分は、ともかく、息子への1年のライセンス停止は重すぎる」という、
あくまでも亀田家中心主義とでもいう、「過剰な期待」から、
今も抜け切れていない、父親。

昨日、エスカレーターで、子供が重傷をおったというニュースを聞きました。
事実関係も定かで無い、今、早急すぎる話ですが、ご両親から、建物の管理者へ
「過剰な期待」を持って、「安全管理がなっていない!」
という言葉がでなければよいのだがという老婆心が起きます。
昨日、手に入った情報では、すでに、危険だと認知され対処法も定められた、
登りエスカレーターと、天井に挟まれるという事故に、
また、何か新しい決まりが出来るということは、「過剰な期待」だと思います。
どんな対策も、100%安全では無いからです。
スポンサーサイト

2007年10月17日 政治 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。