スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

まだまだ、ひげの隊長さん、あなたは間違っています

ここ最近の、めまぐるしい出来事に紛れて、ひげの隊長さん、こと
「佐藤まさひさ」さんが、犯した違憲、違法な言動が、表だって問題視されていませんが、
佐藤さんの言動は、日本国国民として許し難く、確実で、不可逆な処罰を求めます。
9月26日現在、佐藤さんのホームページでは、政策提言として
「国連等の要求に即応して国際平和協力活動を効率的に実施できるよう恒久法を制定」
が書かれています。
これは、佐藤さんが、犯した罪を自覚してはいないことと、
彼の罪を追求する行動が止まっていることを表していると思います。

私は、再三書いていますが、自衛隊は違憲であり、改憲の必要性を認めません。
ただ、現実に、軍隊としての自衛隊がいることも事実で、そのことへの唯一の歯止めが
「シビリアンコントロール」です。このことを、全く無視した、当時、現職の自衛官、
しかも、現場の全てを委任された、当時の現職自衛官の佐藤さんが語った
「情報収集として、自衛隊を現場に派遣し、友軍を助ける為に、武器の使用を計画していた」
は、今も、許せませんし、現職の国会議員として、元自衛官として、誤った言動をしたことへの
修正、謝罪がないことは、許されないことです

新たな内閣が活動を始めた今こそ、佐藤さんの、言動へのハッキリとした処罰をすることが
現在の内閣、国会、司法の責務と考えます。
スポンサーサイト

2007年09月26日 許されない トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。