スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

3月11日のまま ~美談は要らない~

震災関連のニュース、ドキュメンタリー番組って
『養殖ワカメが再開できました!』
『仮ではありますが、店舗再開できました!』
などなど、成功事例が多いですよね。

しかし今も3月11日に失った何かを
取り戻せ無い方々が大勢いらっしゃるハズです。
そういう方々へ、支援の手はのびているのかを
報道は追うべきだし、行政も状況の把握に努めるべきです。

何かの絆を失ったまま、身動きとれない方々
仕事再開の目処がつかず、朝から酒飲んでいる方々
たくさん、いらっしゃると思います。

生活保護、失業手当、東電からの保証金…
金は行き届いているのかも知れません。
でも、人って、生き甲斐があってこそ
健全に暮らせます。
具体的には家族、誰か、との絆がある。
仕事のやりがい、
働いて賃金をもらうってことです。
何もせず、なにかの手当で金がもらえ、
食べるに困らなくても、それでは心はすさみます。

3月11日にこれらを失ったままという方は大勢いるハズです。

生き甲斐を見失って、生活再建出来ない方々こそ
マスコミは取り上げ、改めて、日本人全員で
助け合わねばならないと喚起すべきかと考えます。

もう東北は冬です。
まさに待ったなしの状況にいらっしゃる方々を
ひとりでも多く救わねばなりません。








スポンサーサイト

2011年11月26日 やるべきこと トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。