スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

本末転倒 ~普天間問題~

最初に共同通信の記事を引用します。
というのも、大手の新聞社では掲載されなかった為
未読の方が多いと考えたからです。

"米、同盟への影響懸念 上院委がグアム関連費削除"
【ワシントン共同】米上院軍事委員会は17日までに、
在沖縄海兵隊のグアム移転関連費約1億5千万ドル(約115億円)を
認めない2012年会計年度(11年10月~12年9月)
国防権限法案を可決、
米ホワイトハウスの行政管理予算局は同日、日米同盟への悪影響を
懸念する声明を発表した。
 声明は同法案について「同盟国日本とともに国防政策を実行する
オバマ大統領の権限を不必要に制限するものだ」と批判。
「米政府は同盟国を支持せず、合意も順守しないとの
誤ったメッセージを送ることになりかねない」と指摘した。
 レビン上院軍事委員長が17日に出した声明によると、
15日に可決された同法案は米政府側がグアム移転の具体的な建設費や
スケジュールを示すまで関連費支出は認めないと記述。
さらに、同法案は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の
同県名護市辺野古への移設は非現実的との認識を踏まえ、
米軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)への統合案の研究を
求めることを明記した。(共同通信)

大元である米議会が『非現実的との認識』していることを
野田総理も、オバマ氏も、名護市辺野古への移設が動かぬ事のように
沖縄県に、沖縄県民に、押しつけているのは何故でしょう。

オバマ氏が次期大統領で勝利する為がまず考えられます。
ご存じのように、次期大統領選では苦戦を強いられることは
周知のことです。
議会が反対しているように、海兵隊の再編には多額の金銭が必要です。
しかし同時に、その金銭は米国の大手企業に流れ雇用も促進されます。
そこまでこぎつげれば、選挙戦に有利です。
最近、この問題で、オバマ氏が、次々と手をうってくるのは
前記の記事のように、先行きが見えないことは
オバマ氏の力不足と捉えられて、選挙戦に不利だからだと考えます。

また野田総理が、この問題を早く進めたいのは
” なんだかんだ言っても、沖縄に金がおりれば、県民は喜ぶ "って
古い保守派、つまり小沢氏や、古くは田中角栄氏、日本列島改造論の
延長にある考えです。

もう、そんなことで国民は喜びません。
また震災以来、国民は日本の行政府、立法府のスピード感のなさに
気づき、改善を求めています。

私は税金を納めます。
当然ながら、私が希望することに、希望する速度で使って下さい。




スポンサーサイト

2011年11月21日 愚かさ トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。