スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

戦死者がでます ~南スーダン PKO~

日本は、日本人は、この約65年間、戦争をしませんでした。
戦火により、人の命を奪うことをしませんでした。
この事実は、とても重いものであり、先の大戦で亡くなった多くの方々への
鎮魂の意の表れです。

さて、野田首相は、南スーダンへの自衛隊PKO派遣を、お急ぎのようです。
私は、絶対に反対です。
何故なら、今の、南スーダンの現状をみれば、
自衛官という国際的には『軍人』が、血を流すか、
自衛隊という国際的には『軍隊』が、誰かの血を流すこととなり、
先の65年間が無に帰すからです。

具体的には、南スーダンを、暫定的に統治している
国連南スーダン派遣団(UN Mission in South Sudan、UNMISS)は
10月に入っても部族間でのウシの強奪と報復攻撃が相次いで
6月以降に約1000人が死亡しており、
国家をおびやかす危機的事態と報告しています。

しかも、イラクではオランダ軍が、ハイチではブラジル軍が
自衛隊を守る役割を持って配置されて来ましたし、されていますが
南スーダンでは、その役割をする軍隊がいません。
何か起きれば、直接、自衛隊が対処することになります。

私はPKO、そのものに反対していません。
むしろ、日本は積極的に関わるべきだと考えています。
ただ、自衛隊で、それを行ってはいけないと考えるのみです。
何故なら、国際的に見て、自衛隊は『軍隊』だからです。

『神風特別攻撃』と呼ばれる無謀で残酷なことを、
かつて、日本という国は日本人に命じました。
今、自衛隊に、南スーダンに行けということは、同じことです。

まず成すべきは、自衛隊を国内外の災害救助専門の組織と改編することです。

東日本大震災で、自衛隊は、災害救助に大活躍をしました。
その際に、正規の部隊では足りずに即応予備自衛官まで
動員したことを忘れてはなりません。
国難を乗り切るには、現状の自衛隊では、足りなかったということです。
この事も踏まえて、自衛隊を国内外の災害救助専門の組織と改編するべきです。

そして、その後、存分に、PKOへ向かって頂きたいと思います。

『特攻』は絶対に許されません。
もう誰も『カミカゼ』がふかないことは知っているはずです、
野田首相、あなたも、知っているはずです、
どうか、自衛隊に、自衛官に『特攻』を命じないで下さい。













スポンサーサイト

2011年10月14日 許されない トラックバック:0 コメント:11

初めまして。長文になると思いますが、お付き合いいただければ幸いです。

old sawさんの「国内外の災害救助専門の組織」というアイディア僕も賛同します。自衛隊、レスキュー隊等がこの東日本大震災で活躍しましたが、自分はこれらの組織を一つにまとめて連携を強くするといいのではないかと思います。そして、世界の災害にあった国を進んで助けていくべきだと思います。

しかしその組織を他国に守ってもらう点はold sawさんとは違っていて、守ってもらうのは「大国」としての責任ある行動とは自分は思えないんです。「自分の身は自分で守る」これは「大国」としてではなく「大人」として当たり前だと思います。
ですのでその組織を守るためにはやはり自衛隊という軍隊は必要だと思います。

また、今回の南スーダンへの派遣には武器使用の緩和が必須だと考えます。この緩和は「他国を侵略する」ためのものではなく、「危険な場所で自衛隊員自らの命を守る」ための緩和です。

「だったら危険な所へは行かず安全な所で国際貢献をすればいい」というのも違うと思います。世界には日本のように安全な場所だけではないですし、またそこだからこそインフラ整備等が思うように進まないところがどうしてもあります。そこに行って現地の人達の力になることができるのは「大国」である先進国だけです。

ですので自衛隊員のために行かないのではなく、現地の人達のために行き、現地の人達のために武器を持たないのではなく、自衛隊員のために武器を持つべきだと思うんです。

よろしければold sawさんの意見をもう少しお聞かせ下さい。長文失礼しました。

2011年10月17日 maidomo URL 編集

maidomo様、コメントありがとうございました。
また、返信が遅くなったことを、お詫びします。

さて、結論から申し上げれば”武器使用の緩和”は
絶対にあってはならないと考えます。

何故なら、記事本文に書いた通り、

自衛官という国際的には『軍人』が、血を流すか、
自衛隊という国際的には『軍隊』が、誰かの血を流すこととなり、
先の65年間が無に帰すからです。

私は現憲法に誇りを持ち、ぞの実現に努力する者です。
具体的に、どこが優れているかと言えば

憲法前文より
”政府の行為によつて再び戦争の惨禍が
起ることのないやうにすることを決意”

”日本国民は、恒久の平和を念願し、
人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、
平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
われらの安全と生存を保持しようと決意した。”

この部分が特記されます。

”国内外の災害救助専門の組織”創設も、
優れた憲法を具現化する為です。

人は、殺された事、殺したことを簡単には忘れられません。
何か、新たな、幸せな体験を与えることで、
悲しいことを押し出してしまうしかないのです。

PKOへの参加も、その何か、新たな、幸せな体験を与える為
すすめていきたいと考えています。
参加した地域の方々、関係者、そして日本人に
何か、新たな、幸せな体験を与え、悲しみを押し出してくれると
考えるからです。

さて、争点は変わって
『その組織を他国に守ってもらう』と、maidomoさんは
お書きですが、私は、そう考えてはいません。
私は”戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意”した国の
主権者ですから、同胞の命を守るために他国の方々が
”戦争の惨禍”に巻き込まれれることを望みません。


まず、成すべきは下記三点です。

1:自衛隊を国内外の災害救助専門の組織と改編する。
(まったく武装していない集団)
2:日本は、憲法により、国際紛争解決の為に武力は用いない
例え、PKO活動などにおいても、同様である。
国土防衛でも武力を使わない国であること。
(軍隊を持たない国であること)
3:前記のことは、先の大戦の反省からして、
日本人が自ずと持つ感情であることで、憲法を超えたものであること。

これらを、広く、世界に宣言しなおすことです。

前記の
上記3点が周知されれば、いわゆる、紛争地域に
日本の”災害救助専門の組織”が丸腰で向かっても
危害が加えられないことは担保されます。
無論、ケースバイケースで、考えねばならないこともあるか
と思いますが、日本が国際紛争解決の為に武力は用いないことが
実際の活動の積み重ねで、信頼を増せば、担保は高くなります。


そこで、行った活動で、
”何か、新たな、幸せな体験を与え、悲しみを押し出してくれる”
となり、よりいっそう、日本は尊敬され、信頼されます。

この循環は成功すると信じて止みません。

長くなりましたが、こんなことを考えています。

2011年10月20日 old saw URL 編集

old sawさんお返事ありがとうございます。

今回の南スーダンにPKOとして行く目的は「国際紛争解決の為」ではありません。

また、内の治安を守る警察が、法律を守らず拳銃を持つ暴力団に睨みをきかせるために同じ拳銃を持つことと、外の治安を守る自衛隊が、国家間のルールを守らず軍艦や戦闘機を国境付近に侵入させてくる他の国々に睨みをきかせるために同じ軍艦等の武力を持つこととは同じ事だと思います。ですが、自分もold sawさんと同じく「国際紛争解決の為」に自衛隊が海外へ出て行き武力を用いることはあってはならないと思います。
しかし、今回は「インフラ整備等」が目的のPKOで国際社会の承認もありますので身を守るための武器を持っていき、自分や仲間の命を守るためには使ってもよいと思います。

old sawさんが理想を追求されることは素晴らしいことだと思います。しかし「理想」と「現実」を混同してはいけないと思うんです。

南スーダンのように治安が安定していない地域の「現実」は暴力団のような非合法な武装集団が多くいます。そんなところに金品(時計等)をぶら下げた丸腰の自衛隊が行ったら必ず血が流れます。武装集団が丸腰の人間を殺さないという根拠は何でしょうか?「成すべき三点」は相手に信頼されるためのものですので、「信頼」でしょうか?日本の社会ですらその「信頼」のために亡くなった方がたくさんおられ、紛争地域でならもっと多くの血が流れる結果になります。

ですから、まずは「現実」を受け止め、武器を持ち、インフラ整備等をすることで治安が安定するように活動するのです。治安と経済は密接に関係しているのでインフラ整備等をすることで経済が安定すれば武装集団も減り、武器のない丸腰でも大丈夫な「理想」の社会が実現します。自衛隊はその第一歩として活動しに行くのです。そんな自衛隊に安全に活動してもらうためにも武器を使用しやすくさせたいのです。

old sawさんが心配しているのは武器を使用してやむを得なかったとしても自衛隊員が精神的に傷つくことを心配されているのだと思います。その時は自分たち日本社会が彼らを温かく迎えてやり彼らの傷を少しでも和らげてあげればよいと思います。日本で「正当防衛」で人を殺してしまった場合、そうするように。

今回こんな時代に理想を持ち続けているold sawさんのような方と意見を交換することができ嬉しかったです。old sawさんの貴重なお時間を頂くことができありがとうございました。

2011年10月21日 maidomo URL 編集

maidomo様は、心配りに秀でた方のようで恐縮です。
しかし、『自衛隊員が精神的に傷つくことを
心配されているのだと思います。』は、全く違います。
私の心配は、日本という国家が、戦争をしない国家である
という信頼を失うことです。

maidomo様も、お書きのように信頼無くして
現憲法の具現化は成されません。
その信頼を勝ち得るには時間がかかりますが、
幸い、約65年間、日本という国家は自らの意志で
戦火により死者を出していません。
この時間が貴重だからこそ、南スーダンの件は
慎重であるべきと、書いたのです。

『「理想」と「現実」を混同してはいけないと思うんです。』
その通りですし、私は混同していません。
ただ、わかりきっていることとして、
理想が現実にならない理由は
理想と現実に自ら線を引いてしまうことです。

スポーツで言えば、国際的に活躍する選手が大勢いることが
当たり前のようになりましたが、ほんの10年前に戻れば
日本人が国際的に活躍することは『理想』であり現実では
ありませんでした。

しかし、そこで理想と現実に自ら線を引くことなく、
挑戦した選手がいるから、今があります。

たった今の状況では、国内外共に、
軍隊を持たない国家の容認は困難でしょう。
しかし、認めて頂く努力をやめたら、そこで終わりなので
諦めないというだけです。

『武装集団が丸腰の人間を殺さないという根拠は何でしょうか?』
回答:日本人が多くの人を救い続けることで、多くの方々に
日本人に救われたという実感を持ってもらうことです。
新たに創設される、国際救助組織の制服を見ると、ナイフや拳銃を
自ずと仕舞い、道をあけて頂くことが出来ると信じています。

私自身の心証で言えば、
アップル社の創設メンバーである、Steven Jobs氏の
人生も、根拠ですね。
maidomo様が、ご存じかどうかわかりませんが、
Steven Jobs氏の言動は
「理想」と「現実」を混同し、
周りに認められないことも多々ありましたが、約35年経って
「理想」は「現実」となりました。
彼の言葉です。
Stay hungry,Stay foolish!
by Steven Paul Jobs

逆に、お尋ねしたいのですが
『日本の社会ですらその「信頼」のために亡くなった方が
たくさんおられ』とありますが、
これは、具体的に、どんな事例を指すのでしょうか?

2011年10月21日 old saw URL 編集

old sawさんお答えします。

日本の社会で「信頼」のために亡くなった方というのは例えば列車のホームの先頭に立っていて後ろから突き落とされて亡くなった方のようなの方のことです。そのすぐ後ろの人が突き落としたりしないというのは日本の社会では当たり前ですが、自分はこの当たり前が自分と後ろの人との「信頼」なんだと思います。

しかし、時にその当たり前の「信頼」が裏切られてしまうことがあるため「その信頼のために亡くなった」と思うのです。これはもちろん亡くなった方が「信頼」していた事が悪かったわけではありません。しかし「信頼」というのはいつ裏切られるか分からない、南スーダンなどの地域では特にそうだと思うんです。

『新たに創設される、国際救助組織の制服を見ると、ナイフや拳銃を自ずと仕舞い、道をあけて頂くことが出来ると信じています。』自分もそうなることを望んでいます。しかし、それは国が村が自分が豊かになって初めて言える言葉です。
old sawさん、自分たち日本人は恵まれているんですよ。恵まれている自分たちから見ると武器が無意味に見えてしまいます。なぜなら武器などなくても自分たちは、職があり、食べていくことができるからです。

しかし南スーダンも紛争地域もそうではない。金もない、職もない、食べ物もない。だから仕方がなく武器を手に取り、金持ち特に外国人から金品を奪い生活していくしかないのです。いくらその組織がやってきたこと、していることが正しくともそれは彼らにとって生きるための特効薬にはならないのです。
ですのでold sawさんのお考えだけでは武器を確実に下ろしてくれる可能性は低いと思われます。
ではその組織がその人達にお金や食料をあげればよいかと言えば人数も相当な数ですので不平不満がでてきて、結局結果は同じだと思います。

2011年10月21日 maidomo URL 編集

old sawさん、挑戦者でありたいならまず自分よりも遠い国で、しかも治安を守る警察がいない国で丸腰の社会を実現させようとする前に、まず身近な治安を守っている警察から武器である拳銃を取り上げ、この日本で丸腰の社会を実現すべきだと思いますが、その点に関してはどう思われますか?
old sawさんの貴重なお時間を頂き申し訳ないのですが、最後にこの点についてお答えいただければ嬉しく思います。長文になりましたので分けて投稿させていただきました。
長文乱文すいません。

2011年10月21日 maidomo URL 編集

maidomoさん、まず、お願いがひとつあります。
『理想』とか『挑戦者』など、私の言葉を、
あなたの言葉に置き換えないで下さい。
お返しする言葉を、私は失ってしまいます。

さて
『日本の社会ですらその「信頼」のために亡くなった方がたくさんおられ』
の実例をお尋ねした、お答えが
『列車のホームの先頭に立っていて
後ろから突き落とされて亡くなった方のようなの方』(原文ママ)
???
maidomoさん、突き落とすって犯罪です。
信頼とは何かを語るには、適した例ではありません。
そもそも、列車のホームの先頭に立っていて
後ろから突き落とされて亡くなった方は、たくさんおられるのですか?
そうでないなら、例として適しているか、どうか以前に
互いに共有して話し合いのベースに出来ません。

次に、南スーダンの方々が、職や食料が無いから
『武器を手に取り、金持ち特に外国人から金品を奪い生活していくしかない』
と、お書きですが、事実ですか? 根拠はあるのですか?
もし根拠無く、アフリカの貧民国って、こんなもんだろう、という
maidomoさんの感覚でお書きなら、南スーダン国民への侮辱です。

最後に、あなたの質問に答えますね。
『まず身近な治安を守っている警察から武器である拳銃を取り上げ、
この日本で丸腰の社会を実現すべきだと思いますが、
その点に関してはどう思われますか? 』

回答
まず第一に、国内法と、憲法を同等には扱えません。
お分かりですよね。
でも、無理に回答すれば、

自衛隊という『軍隊』が武器を使用して血が流れれば
『政府の行為によつて再び戦争の惨禍が
起ることのないやうにすることを決意し』
という憲法前文に違反します。

一方、警察官が拳銃を使用することは、
様々な法令を守る為、また、法令に沿って使用されます。
『戦争の惨禍』とは無関係です。
また拳銃の所持は、すでに議論つくされた法令に沿って
認められており、今、それを変更する理由がありません。
よって、拳銃を取り上げる理由がありません。

またmaidomoが描かれた『丸腰の社会』ですが、
そうなるなら、それこそ『理想』ですが、
そこまでを、私は望みませんので、
コメントは、これ以上でも、以下でもありません。

何はともあれ、警官が拳銃を持つことと
自衛官が武器を持って海外に行くこと
このふたつの事象が根本的に違う、ということすら
maidomoさんは、ご理解されずにいらしたのかと思うと
つくづく、自分の微力さに、嫌気がさします。

2011年10月22日 old saw URL 編集

old sawさんの言葉を自分の言葉のように使ってしまったことは謝ります。

また、「列車のホーム」の例えは、信頼が不確かなものであり、いつそういう犯罪に巻き込まれるか分からないという意味で使わせていただきました。
そもそもの「信頼のために亡くなった方」という分かりにくい表現を使ってしまった自分が間違いでした。許して下さい。
自分が言いたかったことは信頼という不確かなもので自衛隊員やその組織は守られないということです。

南スーダンに関しての根拠ですが外務省の南スーダンのページを見ていただければと思います。

それと『国内法と、憲法を同等には扱えません。』ということは自衛隊の武器使用は憲法自体に否定されているので自衛隊法・PKO法は違憲、無効だという認識ですか?

old sawさんは自衛隊がつまり、軍隊が武器を使用した時は『戦争の惨禍』だとお思いになっておられるようですが、自衛隊員の「正当防衛」の武器使用がどうして『戦争の惨禍』になるのか分かりません。では軍人は無抵抗で「死ね」ということですか?

old sawさんは自分がいるこの社会では拳銃は必要と言うのに、自衛隊には違法な武装集団による犯罪に巻き込まれる危険性がありながら、武器を持っていくなと言う。
日本も海外も同じ「何があるか分からない社会」、つまり根本的に同じ社会なのですから用心にこしたことはないと思います。

なのにどうして自分のいるこの社会ではその用心をするのに自衛隊はその用心をしてはいけないのですか?
自衛隊は国民の理想を実現するため、不確かなものに命を賭ける組織ではありません。

今回自分のような人間に付き合っていただきありがとうございました。

2011年10月22日 maidomo URL 編集

maidomoさん、
私が書いていないことで責めないで下さい。

『自衛隊には違法な武装集団がいても武器を持っていくな』
【危険な場所で国際貢献をする時も武器の使用は憲法前文に違反するから、
例え自分の身を守ることのためにも武器を使ってはいけない。】

なんて書いていません。
私の主張を整理すると

1:現憲法を遵守する。
具体的には、自衛隊は解散、国内外の災害救助専門組織とする。
(9条通り、ということ)
2:PKOには積極的に参加する。
災害救助専門組織の安全に関して
・最終的には日本の組織というだけで、無条件に敵味方無く
迎え入れてくれる組織となることを目指す。
・現段階では、個々のケースで対処する。
最低限、守られなければ成らない事は、
派遣される組織員の人命である。
国家の名の下に流していい血などない。

以上

2011年10月22日 old saw URL 編集

『最低限、守られなければ成らない事は、派遣される組織員の人命である。』ということは『国内外の災害救助専門組織』も「正当防衛」のためにまた、『組織員の人命』のために武器を使用してもよいということですね。

よかったです。とにかく「自衛隊」として海外へ武器を持っていくことに反対しているのですね。

先走ってすいませんでした。

2011年10月22日 maidomo URL 編集

まず、
『「自衛隊」として海外へ武器を持っていくことに
反対しているのですね。』
と、最低限のことを、ご理解頂きありがとうございます。

ただ、私がmaidomoさんに、
さらに誤解を招く書き方をしてしまいました。
申し訳ございません、加筆します。

『国内外の災害救助専門組織』は、非武装の組織です。
一切の武器を持たせません。
その根拠は、憲法前文、
『平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
われらの安全と生存を保持しようと決意した。』
に由来します。
他国の方々に、私たちは武力で問題を解決しないと言いながら
武器を持っていては信用して頂けないでしょう。

『『組織員の人命』のために武器を使用してもよいということですね。』

への回答は、No.です。
まず、話し合いです。
治安の悪い場所にいくのなら、そこで主張の異なる方々全員の
ご意見を聞いて、どんなPKO活動が展開できるか、入念な準備をし
組織員の安全が担保された上で、活動をするということです。

以上

2011年10月22日 old saw URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。