スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

まだ間に合う ~石棺~

まず、訂正です。
鉄の棺桶→石棺
海水で冷却した→海水で【外部から】冷却した
以上、2点、訂正と、お詫びをします。

今回の政府の対策には、放射能汚染を拡大させないという視点が
欠如していたか、機能していなかったことがハッキリしました。

わかりきっていたことですが、露地野菜から基準値を超える放射能が
検出され、出荷が出来なくなり、日々、品目は増えています。
海洋汚染も確認されました。

ついに
『東京都水道局は23日、金町浄水場(葛飾区)から
乳児の飲用に適さない濃度の放射性ヨウ素が検出されたと発表した。
検出濃度は1リットル当たり210ベクレルで、
厚生労働省が21日に示した乳児の飲用に関する指標値の
100ベクレルを110ベクレル上回っていた。』
asahi.com より 15:22 23/Mar/2011
という段階まできました。

枝野官房長官の『ただちに危険では無い』という主旨の説明は
理解出来ますが、同時に、放射性物質は蓄積・拡散もします。

その元である福島第一原発が、機能を取り戻し始めていますが、
それは、放射性物質を発生させないことには直結しません。
このままでは、風評被害では無く、実際に基準値を超える露地野菜や
海洋汚染は広まります。

やはり有効性のある、放射性物質の拡散を防ぐ手立てを立てないと、
安全な食べるもの、飲むものが順次、無くなります。

私は、原発の素人ですが、水がヨウ素を遮断したり、
放水中に発電所内のモニターレベルが下がっているのですから、
燃料棒の冷却では無く、福島第一原発全体を、
霧で覆うような放水も役に立つのではと考えます。
いずれにせよ、政府は
・ 放射能汚染を拡大させないという意志の発表
・ その具体的対策を発表
以上2点の発表をすべきです。





スポンサーサイト

2011年03月23日 やるべきこと トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。