スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

発想の転換 ~生存者を救う~

時間は残酷なもので、生存者を探す作業から、生き残った方々を
いかに守るかに、救援活動も移らざるを得ませんね。
そこで、被災地に物資をいかに効率よく運ぶか?
何が必要かの情報収集、そしてそれらの増産体制を整えると
いう、常套手段に移っていますが、
今回の震災は違う手法を考えるべきかと考えています。

阪神大震災では、東西から物資が運べました。
しかし今回は、北上する東北道のみが、主な経路です。
運ぶべき量に対して、経路が足りません。
そして、嫌な予想ですが、
救援が必要な方々の数は阪神の比では無い多さなハズです。

そこで、発想を全く逆転させて、救援が必要な生存を
南下させることを考えてはどうでしょうか?
救援場所を広く西日本と考えれば、受け入れは可能です。

また避難生活は半年以上になることは必至です。
その間の生活は、いわゆる【生活保護】で賄うわけですが
財源はあるのでしょうか?
あまり知られていないのですが、【生活保護】は、地方税で
賄っています。税収が確実に減る災害地の財源で、
被災者の生活を保護するのです。
また、それだけの長期間、働かないことは、
一家の大黒柱の心を、むしばみます。
どんな仕事でも、短時間でもいいので、彼ら、彼女らに
《自分が一家を支えている》という【誇り】を持たせるべきです。
また、その収入分【生活保護】費は削減できますから有効です。

被災地を復興させ、日常生活が過ごせるのは数年先です。
その期間、何十万人の人々を、国家予算を使っても、
支えることは、現実的ではありません。
そう考えれば、いったん、故郷を離れて頂いて、西日本に広く
生活の場を探すことが現実的です。

是非、検討されることを望みます。
スポンサーサイト

2011年03月15日 出来ること トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。