スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国共産党 ~いつまで保つか?~

本日(10月8日) ノーベル賞委員会は、ノーベール平和賞を
中国の民主活動家である劉暁波氏に授与すると発表しました。
同時に海外メディアは、劉暁波氏にノーベル平和賞を授与すれば、
中国政府がノルウェーとの関係悪化を招くという圧力をかけていた事を報道し、ノーベル賞委員会も、その事実を認めました。
中国政府は国際社会に公式に、この授与に否定的な見解を示しました。
国内メディアでの報道規制があることを、海外メディアは伝えています。

尖閣の事件以来、中国共産党にとっては、当然の行為だが国際的には
批難を避けられない、決断をし行動に移しています。

私は、第二の天安門事件勃発を危惧しています。
何故なら、中国共産党の言動は、中国国民に利の無いものだからです。
また、貧困層から、富裕層にまで影響のある言動であることも危険を
増大させています。

長いこと問題になっている、実質的な中国元の固定相場制は産業界では
受け入れやすいことでしょう。しかし富裕層にはマイナスな要因です。
自分の資産が実際より、低く見られるのですから。
国内メディア規制も、単純に反政府論へはつながらなくても、政府への
不信感はあるでしょう。
まして、農家は相変わらず貧困で、北京オリンピックでの建設ラッシュ
を機会に上京し、出稼ぎ労働者となった農家の若者は、今、
どうしているのでしょうか?
日本の漁民が「不安があって尖閣近辺で漁が出来ない」と訴えています。
同じ不満が、中国の漁民に無いとは言えないでしょう。

そんななか、劉暁波氏の栄誉に蓋をする。明らかに煮えたぎった鍋に
無理矢理、蓋をすることであり、鍋ごと爆発しないかと危惧します。

勾留理由不明のままの、フジタの方。人数は定かではありませんが、
拿捕され勾留されているベトナムの漁民、この国際的には非人道的行為
への批難が、鍋の爆発に寄与します。

「単に一部の暴徒が出て、軍隊での鎮圧、それだけだろう」と簡単に
切り捨てられるのでしょうか?
天安門事件が起きた1989年の中国と今では国際的立場が違います。

私が危惧する具体的なことは、まず、日本への制裁行為でレアアースの
輸出停止を躊躇無く行ったことで、今後、中国との貿易で安全策をとる
国が増えます。具体的方策はそれぞれでしょうが、極端な例は、
日本の産業界がレアアースに頼らないモーターの開発を本格化した
と聞いています。その延長上には、中国との貿易の縮小が考えられます。
先進国にとって、中国は大事な市場です。貿易に不安があるままでは、
中国にも利が無いが、先進国も同様です。
FTAが進む国際社会に為替の問題も含めれば、中国との貿易に利を
見いだせないと考える国があってもおかしくありません。
結果的に中国が繁栄しないなら、期待出来る市場ではなくなります。
これが、私の危惧の1点目。
次は、天安門事件を越える大規模な政治活動です。これも帰結点は、
最初の不安と繋がります。貧困層、大学生など知的エリートのみならず、
すでに富を得た富裕層にも、損益のある選択肢を中国共産党は
とりました。つまり、次に政治活動が活性化すれば、全ての国民を
敵にまわすことになります。
果たして中国共産党は国家を支えられるでしょうか?

中華人民共和国は、1949年に誕生した建国60年程度の若い国家です。
その事を考えに入れれば、次の天安門事件を制することが出来るか、
私には疑問であり、その結果が国際経済には負の材料と成る事が
気がかりです。



スポンサーサイト

2010年10月08日 考える トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。