スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

最も愚かな選択 ~船長釈放~

私が9条堅固であることは、揺らぎなく持つ信念です。
防衛の為の軍備は必要だという方々には「外交が戦争です」と
答えてきました。
今回、外交という名の戦闘中だったんですよ、日中は。
しかも、勝てる公算は高かった。船長を本人は容疑否認のまま、
「公務執行妨害」で有罪とさえ判決が出れば、尖閣諸島近辺は、
日本の領海だという事実が残ったんです。
船長は「日本国内での服役は相当でない」とし「強制退去」として
帰国させれば、領海侵犯をした船長というレッテルが貼れたんです。

何故、検察の暴走を許したんですか?
ここで使ったことが無い言葉ですが“頭にきてます、怒り心頭です”
最高検察庁の判断だと言い切る菅内閣の面々ですが、それは逆です。
海外から見れば、内閣が外交を維持出来ないで、検察という役所の
失態にしたとしか、とれません。
と、いうか、そこまで親切にはとらないですね。
日本が正当性のない外圧にいとも簡単に自国の権益を捨てた。
そうなります。

すでに尖閣に公務員を常駐させろという声が聞こえます。
海保を意味しないでしょう。自衛隊を意味すると思います。
すると、存在しないハズの、東シナ海領土問題が、存在することになる。
自衛隊が常駐するなら、仮想敵国が東シナ海で領土問題を
武力解決するかもしれない、というシナリオがつくからです。

レアアースなどの問題を無視しろとは思っていません。
しかし、中国が長い期間、レアアースを輸出しない、
観光を止めたままにすることは、自国の首を絞めることですから、
落とし何処は難しいですが、いずれは中国も決断する日が来たんです、
船長を無条件に帰国させなくても。

今回のことで、中国は日本は自国民を違法に勾留したのだから、
フジタの社員も、同様に扱う理由が出来ました。
この解決には、まず船長の勾留を詫びろからしか、中国は認めませんよ、
その外交の場で検察の判断が、どうだこうだは通じない。

自衛隊の必要性に加えて、交戦権も認めろという世論が形成されます。
形だけでいいから、船長、有罪、強制退去にしておけば、
フジタの問題も「中国の国内法に背いたなら裁いて下さい、
しかし、中国に留め置く理由はないでしょう、手続きが済んだら
帰国させなさい」と言えたのに・・・

まして場所は旧日本軍の化学兵器処理問題が起きる予想がされています。
中国がフジタの社員を帰さないなら「我が国が犯した過ちの償いを
中国はさせてくれないのか?」と正々堂々、言い張れるケースです。

すでに、韓国も、諸手をあげて喜んでいます。

「外交が戦争だ、国民を守る砦だ」
この主張を、誰も回復できない。
悔やんでも悔やみきれない、結末です。



スポンサーサイト

2010年09月25日 怒り! トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。