スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

拝啓、菅首相 ~事故の映像公開は止めましょう~

私には相変わらず、今回の尖閣諸島での件、中国の意図が分かりません。
しかし、ついに、温家宝氏が
「船長の無条件解放を求める。日本が引き続き独断専行を続けるならば
中国はさらなる行動をとりそれによって生じるすべての結果は、
すべて日本が負う」(中国中央テレビ、TBS News から)
とニューヨークの公式の場で自ら語りました。
しかし政府高官の交流は止めたままです。

国内外から、海保が収録した映像公開を求める声がありますが、
これは絶対にやってはなりません。
船長の裁判で必要になった時、以外に公開することは危険です。
発表すれば、誰かがCGなどで偽物を作り
「海保の映像は偽造だ」といいます。そして、その模倣犯や、
それに反対する意見のやりとりのなかで、映像の真否が迷走します。
そうなれば、船長勾留の非が日本にあることへと話が進みます。

日本政府は「国内法に基づいて粛々と進める」と言っていますが、
それを遵守して頂きたい。
まさに証拠のねつ造で検察自体へ疑問が投げかけられていますが、
同じことが、今回はねつ造の、ねつ造という、泥沼へ沈んでいきます。

くれぐれも、慎重な対応を頂きたいです。
しかし、同時に国連での演説には「中国が万博から、日本を排除する
ことは、その開催の意図から外れている。日本政府に非がないことは
当然のことであり、万博開催国として早急に態度を改めて頂きたい」
という国際世論を味方につけやすい切り口で非難はして頂きたい。
オバマ氏へ協力を願うにせよ、中国が温家宝氏自ら日本を非難した以上、
日本も自らの立場をハッキリさせなければ、問題の争点が
見えなくなります。

以上、ニューヨークにて、堂々と、中国の行動を非難頂きたいと
お願いをします。

敬具




スポンサーサイト

2010年09月23日 拝啓 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。