スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

絶望 ~菅氏、組閣夜の記者会見~

驚きました『412人内閣』、菅氏は議会制民主主義の実現として、
この言葉を使いましたが、中学生でもわかる、誤解です。
立法府は可能なら国民全員が参加できればよい、しかし物理的に不可能、
そこで選挙で選ばれた議員による議会制民主主義を取り入れています。
その推移を考えれば『412人内閣』は民主党の理想ではあるでしょう。
しかし、行政、立法も含めた日本の政治機構では受け入れが不可能です。

また民主党の都合で国政が止まっていた間に緊急を要する問題が
また増えました。海保の艦船に中国の漁船が意図的に体当たりした事件、
中国政府は合理的根拠無しに全く逆のことを言い他の国際的取り決めも
反故にしました。
この中国政府の出方には、他国の反応が熱いうちに明確な日本の立場を
ズバッと、一言で言い切る必要があります、その機会は今回の国連総会
しかありません。
そういう即時性を高める状況に国家があるときに『412人内閣』と
理想主義を掲げられても不安しか感じません。この発言の裏は、
総裁選で小沢氏支援に回った議員へのリップサービスでしょう。
それを組閣の夜に言われても誤解の元です。

また今回の組閣は、どう見ても菅氏支持者を重んじた内閣です。
それを「偏っていない」と言い張ることは、かえって菅氏の姿勢を
疑うことになります。ハッキリと「この内閣は、緊急を要する問題を
解決する内閣で私との意思疎通がある方や、担当頂く分野に詳しい方を
選んだ結果であり『有言実行内閣』の名に相応しい人選です。
結果的には小沢氏を支持された方が少数と成りましたが、私には
小沢氏への遺恨は全く無く、党内論議は『412人体制』であり、
党三役からのトップダウンを止めました」
といった内容に為さるべきです。

最近、国会でグラフなどを用意しての質問が増えましたが、
「発言」には「根拠」が必要だという当たり前のことが、
やっと為されたと思っています。
しかし菅氏の「有言実行内閣」には「根拠」が希薄です。
海江田氏、片山善博氏の紹介も過去の実績を語ったに過ぎず、
今後、どんな政策で行くのか、時期尚早かも知れませんが、
語られるべきだったと思います。他の大臣の紹介も同じです。
国民が知りたいのは、履歴ではありません。菅氏が、何を
成すべきかを新大臣へ指示したのかという事です。

岡田氏を外相から外しました。幹事長役には適任でしょう。
しかし普天間の問題が未解決なままで、外相を変えることは、
米国にとってはあり得ない選択、全て白紙に戻すと、とられる
可能性があります。
私自身は白紙、大歓迎ですが、普天間問題の前進を考えれば
米国への配慮に欠けたことと思っています。

結果的リーダーシップに欠けるというイメージを払拭出来てない、
そうとしか言えない組閣です。



スポンサーサイト

2010年09月19日 愚かさ トラックバック:0 コメント:2

“岡崎トミ子 反日デモ”
“岡崎トミ子 違法献金”
で検索してごらんください。
とんでもない奴が国家公安委員長になりました。

2010年09月19日 あおら URL 編集

まずは、コメントありがとうございます。
さて、岡崎氏の件、私は情報の真偽を、現在確認できていません。
それが出来てから、また、お返事をするか、話題にして記事を書くか
という返答にさせて下さい。

2010年09月20日 old saw URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。