スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

良識を疑います ~国際的信用を失いたくない!~

小沢氏の発言で、困ったことが起きています。

The Wall Street Journal Japan Real time
2010/9/3 9:58 記者: Yoree Kohより
『記者:沖縄県民は普天間基地が県外に移設されない限り
納得しないと言っている。あなたは案を持っている
という趣旨のことを示唆した。
皆、普天間基地を県外に移設する案を持っていると思った。
小沢氏:具体案を持っていると言ってはいない。
記者:知恵があると言っていた。
小沢氏:すべての人が納得できるある種の知恵だ。』

日本人であり、普天間問題に関心がある私にも、理解不可能な発言です。
小沢氏は、日本記者クラブでの菅氏と並んで豊富を語り
《普天間の件は日米、沖縄県民、みなの納得いく方法がある》
という主旨の発言をされました。これは実現するなら、
この1点をのみでも彼に首相になってもらいたいという重大な発言です。
が、具体案は無い、知恵で解決できるという非合理さ、時間を逆転させ
なおかつ、すでに不可能と何回も結論が出た道を使った上でという
ご丁寧な、提案です。開いた口がふさがらないとは、このことです。
他国、特に米国の感想は、日本通の方でも

・ 小沢氏が首相になる為の「リップサービス」
普通は
・ 「えっ、また1から、やり直すの!どうなっての日本は!」

もう、いい加減にして頂きたい。
日本の政治のトップ選びで、ただでさえ外交下手な国の首相候補が
国際的には理解できない発言、恥の上塗りです。
国際的信用は、すでに、また落ちました。
仕組みの上で私たちには何も出来ませんが、
小沢氏は、せめて、この記事を読んで、
記者会見を開き「無責任な発言でした、撤回します」
とまでは言うべきです。



スポンサーサイト

2010年09月03日 怒り! トラックバック:0 コメント:2

 実際に、沖縄の国民は大反対なのだから
普天間は現行案では不可能じゃないですか?
それにこれは外交だから小沢さん一人で
決めることのできる話ではないですよ?
沖縄、アメリカ、政府でもって、みなが
納得いくように
「もう一度皆で考える」のは
当たり前以外のなにものでもないでしょ?

2010年09月03日 qq URL 編集

qq様、コメントありがとうございました。
まず私は沖縄はもちろん、在日米軍不要、日米安保不要と考えています。
そこから話すとあまりにも長いので、qq様のコメントにお返事する形とさせて頂きます。
おっしゃる通り、外交問題です。つまり総理が替わっても、前政権が約束したことを履行することが国際的なルールです。
変更したいなら関係者が納得する合理的な提案をする。という道筋が外交上、
互いの信頼関係を壊さない、数少ない選択肢です。
鳩山氏が、すでに米国に対して、宜野湾移転の変更を申し出ましたが、
結局、県民の声、米国の理解を得られる合理的な代案は出せませんでした。
菅氏も同様の結果です。
平成19年5月に、日米安保に基づく具体的道筋、通称「2+2」で、
当時の政府と米国で、2014年までに、普天間移設完了と約束しています。
前記のように、この国家間の約束を変更するなら、具体的な案を出さない限り、
ただ「もう一度皆で考える」だけでは米国との条約の不履行になります。
私は、基地は要らないし、まして国際的信用を落として欲しくないと考えています。
米国は、決定していた2014年の新基地完成時期を遅らせてもかまわない、
沖縄県民の同意はとって欲しいと2点、すでに譲歩しています。
いったん決めたことを白紙に戻すという譲歩を2回認め、さらに譲歩案も出している
そんな折りに総理となるかもしれない方から、3度目の白紙撤回を言われては、
米国政府は「日本は、2+2,で決めたことを、実行しないのか!?」となります。
私が、この記事を書いた理由は、日本という国が国際的に
「うそつき」という、イメージをもたれては、今後、困ったことが起きるという懸念からです。
小沢氏の発言は、すでに総理の発言と同様に扱われています。
その自覚を持って頂かないと、国民にとって不利益である、という主旨です。
qqさん、ご理解頂けましたか?
県民感情を補足すれば、朝令暮改では暮らしの設計が出来ないという不利益が生じます。
宜野湾移転が変わらないなら、反対運動を続ける、変わるなら、その案を吟味したい、
という県民個々の覚悟が肩すかしを食らって「もう政府との話し合いには応じない」
という傾向になっています。これでは、解決へと進みません。
小沢氏は、極端に言えば、国民に「黙って俺についてこい、悪いようにはしない」という
主権者の権利を無視した独裁的発想があることは、この数日の言動でハッキリしてきました。
そんな方には総理を選ぶ候補にも成れない方だと、私は思っています。

2010年09月04日 old saw URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。