スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

理解できない ~小沢氏出馬~

「主権者は誰ですか?」(8月21日)に重なりますが疑問が増すばかり
再度、書かせて頂きます。
まず鳩山氏の「恩返し」が理解できません。単に民主党への貢献度で
名誉職、仮に「名誉代表」という地位があるなら、好きに為さればいい。
しかし、実際は内閣総理大臣を選ぶ選挙であることが外せない事です。
小沢氏の貢献なしに与党になれなかったことは、
党内でも一致した意見では無い。
まして国民とは無関係です。首相経験者が何故、
個人的感情で代表を決める、何故ですか?
菅氏が内閣総理大臣として相応しい資質、努力をされたかには、
正直、疑問ですが、民主党が「金」がらみで、鳩山氏、小沢氏を
表舞台から消して、選んだ方です。今更、党内世論が菅氏では
今後の国会運営に支障をきたすなど、何故、わずか数ヶ月前に
判断できなかったのですか?個々の党員の問題では済まないことです。
どの党も、特に与党、野党第一党の党首は、党則、党内事情のみに
縛られていてはいけません。「国民の幸福」の実現を軸にして
党則、党内事情などと世論、国会内の世論、そして自分の信念、
これらのバランスを取ることが常識です。
さて、再度、この問題を書いたのは、検察審議会の「不起訴不当」を
まるで無視されているからです。
もう何度も繰り返してきた政治と金の問題ですが、
政権交代しても、またか、という国民の失望を重んじないと
二大政党制など、夢物語です。
検察という行政と司法の仲立ちが出来る機構が暴走すれば、
法治国家の体を成しません、そこで検察審査会があるのであって、
その組織に「不起訴不当」を申し渡された者が、仮に冤罪で
その立場にあっても、国民の承認無しに内閣総理大臣になりたいという。
明らかに暴走でしょう。
鳩山氏が「恩返し」を本当にしたいなら、こんな中途半端な形で
良いのですかと問いたいです。
まずは「李下に冠を正さず」で小沢氏には、検察審査会が持つ
2回の決議をもってしても、小沢氏になんの後ろめたいことはない、
という日までは、小沢氏には、お待ち頂く。その日までは、菅氏続投、
それが菅氏を代表に選んだ者の責任です。
総理大臣が無能だから、国民が幸せになれないというなら、民主党も
自民党も、全ての国会議員は、衆議院を辞職し、
国民に問わなければ、ならない問題に、直面していると考えます。




スポンサーサイト

2010年08月29日 愚かさ トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。