スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

お金を下さい。

我々、日本人は、太平洋戦争の敗戦から、60年間、国民の意思として、外国人を殺していません。
(日本の法律を犯し、正当な裁判の結果、死刑執行された人を除きます)
この60年間は、様々な人の努力によって、維持されたものです。
この貴重な歴史的功績を、未来に繋げたいのです。
何故なら、この歴史を続けることでしか、国内、国際紛争が、武力で解決できるという
誤った認識を変えることが出来る、数少ない、力となるからです。

今、阿部晋三氏は、改憲を推し進めています。この行動を止めたいのです。
その為には、彼らの言動が、憲法99条に違反することを根拠に、司法の手で
彼らを止めるしか、方法はないのです。

しかし、実際に法廷に持ち込むには、莫大な費用が必要です。
無論、草の根的な運動を選ぶ人もいるでしょう、しかし、問題は切迫しています。
絶対に勝てる裁判を、一日でも早く、始めたいのです、日本が間違った方向に進むのを
止めなければなりません。
その為には、多大な費用がかかります。今、自分が持つ財産を、自分の為、自分の子孫の為、
自分の先祖の為に、私に下さい。
私は、その財産で、強力な訴訟団を作ります。そして、裁判に勝つまで、自分の人生を、
この活動に使います。その為、私の生活費としても使いますし、
共に行動する人達の生活も、快適にしたいのです。
自らの生活が満足のいくもので無ければ、歴史を変えるだけの力は生まれないと思うからです。

ボランティアという、考えを否定はしません。しかし、国家を相手に、確実な勝利を、
一刻も早く手に入れるには、向いていない方法です。

また、優秀な法曹関係者を、その人に掛け買いのない、必要な法曹界での立場を棄てでも、
この計画に参加するだけの条件を提示したいのです。

どうか、誰か、僕に、お金を下さい。
僕は、日本の為に戦った人達の名誉を守り、今、生きる日本人に、
誇りをもって行きていく社会を作り、未来に希望の持てる国にします。
必ず、この約束は守ります。だから、莫大な金銭を僕に下さい。
何故、借りると言わないのかは、この行動からは、お金は生まれません。
いくら掛かるかも計算できません。何故なら、憲法99条を根拠に、現政権の行動を止めた、
前例は無いし、自民党を中心とする、政治、経済で、権益を持つ人達は、
必死に、この行動を止めに入ります。
そうなれば、優秀な法曹関係者、経済の中心にいる人達、行政に関わる人を、
味方に付ける行動にでます、それを阻止するには、お金が最も有効です。

お願いします。僕に、お金を下さい。
そのお金を元に、阿部晋三さんの行動を止め、過去、現在、未来に渡って、
自国を誇れる日本人になりたいし、当然、皆さんにも、同じ思いをもたらす約束をします。

最後に、一点だけ、誤解をして頂きたく無いのは、私自身は、政治家にはなりません。
「憲法99条を論拠に、現政権の暴走を止める運動」のリーダーになりたいだけです。
スポンサーサイト

2007年06月18日 出来ること トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。