スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

拝啓、福島みずほ 様 ~歴史の証人になって下さい~

今、連立を解消するかどうかの決断を責められている最中かと思います。

日頃、社会党も、あなたも支持していない私ですが、お願いがあります。
まず、あなたは、大臣の職を辞してはいけません。
もちろん、社会党が連立を自ら解消してもいけません。

このままいけば「内閣決議」として「辺野古移設」が決まります。

しかし、それではハッキリ言って、沖縄を米国に売った内閣となります。
最後まで、あなたは反対をし続け、後は、鳩山氏が
「内閣一致をみなかったが私の責任で、辺野古移設を決定しました」
と、言わせるか、何らかの理由をつけて、あなたを首にするでしょう。

そうなれば、辺野古移設決定に
*「内閣不一致、鳩山首相が押し切り決定」
*「内閣一致とする為に、連立を一方的に破棄」
と注釈がつきます。

このことは、先々、大きな力を持ちます。
実際に辺野古で工事が始まると、地元を始め、反対がおきるでしょう。
その時に「鳩山内閣での決定」という言葉は、重みを持ちます。

しかし*と注釈がつけば、重さが変わります。
そうなれば、逆転のチャンスにもなります。

是非、自ら身を引くことは、お止め下さい。
どうか、願いを聞き届け下さい。

敬具




スポンサーサイト

2010年05月26日 拝啓 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。