スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

単純化の弊害 ~CO2・クジラ・マグロ・サブプライム~

ちょうど大西洋・地中海のクロマグロをワシントン条約で
保護するべきかという番組を見ていました。
いまや先進国では「すし」は共通の食べ物です。
フランスのスシ・レストランで女性客が
「マグロは好物だけど環境問題が優先でしょう」と答えました。

今、ワシントン条約の対象とするか、しないかが話し合われています、
クロマグロのことが話題になってから日が浅いことなどが理由で、
本当に大西洋・地中海でクロマグロが減っている、特にワシントン条約
で保護に値するか、意見が分かれていると日本の大学教授は言いました。
同時に、万が一、減っているとしてもワシントン条約は国際間の
動物の輸入・輸出を規制するもので、大西洋・地中海に面した国が
クロマグロを捕る、食べる、は規制出来ないので無意味とも言いました。

ここなのです、私が言う、単純化の弊害は。
さっきのスシは好きだが、環境問題が優先といった女性に、
「本当に減っているかわかっていない、ワシントン条約が適用されても
違法性無くあなた達は食べられれます」と聞いたらどうでしょうか?
「減ってると言い切れないし、違法でないなら、食べたいわ」
と答えるかも知れません。

クジラの調査捕鯨は、もっとひどい。関係者がデーターを改竄して
いないなら、調査捕鯨や、もう一歩踏み込んで、量を規制した
商業捕鯨を復活しても、クジラは絶滅しない。

ただ、それを「環境問題となっている調査捕鯨ですが」と単純に
言い換えただけで、絶対に止めろという声が聞こえます。

CO2のことも、地球温暖化の主因だと言い切る学者は、
実は多くはありません。極端な意見かもしれませんが、
氷河期と間氷期の繰り返しが起きているだけだという方もいます。
最低限言えることは、CO2を減らしても、温暖化が止まらない
可能性がある、ということです。
それが「環境問題」「地球の温暖化」「低炭素社会」と要約した
新しい言葉出来ると、さも、全てはCO2にあるとなってしまう。

こうなると、「エコ」って言葉が、水戸黄門の印籠ですよね。

私が住んでいる町で「要らない電化製品、動かないバイク引き取ります」
と、メガホンでエンドレスにながしながら、焼き芋屋のように
ゆっくり動くトラックがいます。
何を積んでいるかとみると、冷蔵庫やテレビです。
「家電リサイクル法」が適用されたものなら、違法投棄です。
しかも正規の投棄料金を払った本人が、違法に捨てる。
そして「エコ」な新型冷蔵庫を「エコ減税」で買う。

「エコ」って言葉の、ひとり歩きであって、本来のリサイクルとは?
適正な廃棄とは?、エコ減税で何が変わるかも知らずに
「エコ」な買い物をする人が大勢います。

これが、もっと複雑な言葉だったら、メンドクサイ手続きだったら
具体的には
1:今まで使ってきた冷蔵庫を、どう処分したか、証明する事
2:今回買う冷蔵庫は、製造段階で○トンのCO2を旧型より削減した。
  それは1台が年間○○時間以上扉が開いていると相殺されてしまう。
  それを防ぐために、扉開閉計測の機器が取り付けられている。
  購入後、指示された番号に電話し、係官をよび使用開始すること。
  なお、制限を超えると、電源が自動的に切れ、扉は開かなくなる。
  もし、その作動が購入後1年未満だと、罰金○万円を払い、
  計測器の再設定を、係官をよんで行うこと。
まあ、ここまで長い文章と面倒くさい手続きが必要なら、
「減税は要らないから、普通の冷蔵庫を買うわ」ってなりませんか?

もともとはCO2を減らすことが目的です。「エコ減税」は必要ですか?

本当に、扉開閉計測の機器を、まるでNHKの集金人のように、
各家庭を尋ねて「計測器、付いてませんよね、お邪魔します」
と、住人の意志と無関係に家に入れる権限を計測器を素早くつける
係員にあたえればいいってのは、行き過ぎですが、
「家電リサイクル法」を理解する間もなく「エコ減税」で売り上げが
あがるなら、本当に環境にいい、買い物をしたか疑問です。
やはり「エコ」という印籠の力でしょう。

サブプライムローンのこげつきは、みな分かっていたハズです。

「サブプライム層(優良顧客(プライム層)ではない)
低所得者向けローンとの説明がされ、低所得者に多額の貸し付けを行ったというニュアンスで取り上げられるが、厳密には通常の住宅ローンの審査には通らないような信用度の低い人向けのローンである」
Wikipedia より引用。
これでも、英語なので、いいものに感じられますが、直訳すれば
「クレジットカードの審査すら通らない信用度の低い人向けのローン」

これが、サブプライムローンという商品名で、オバマ政権から
発せられれば、貯金なんてしない、名より実をとるアメリカ人なら
「クレジットカードの審査さえ通らない私に家のローンが組めるなんて
夢のようだ、使わない手は無い、利息が高そうだが、何とかなるさ」
で、銀行へ直行。

でも、これが、
プライムローン(過去住宅ローンの審査に落ちた人も審査の対象)
なら「私は、クレジットカードすら作れないんだ、関係ないね」
ってとこではないでしょうか?

日本語は他の原語より、新しい言葉が作りやすく、
短くすることで、感情の変化速度に、話し言葉が追いつけます。

現に「就活」なんて、ほんの何年か前にはなかった言葉です。
しかも、大学生では無く、ハローワークに通う、職を失った人も
昔の同僚に「就活、大変だよ」と平気で使います。
でも、そんな風に簡略化してしまうと、日本の雇用のあり方に
問題があるハズなのに、まるで、インフルエンザで、学級閉鎖程度に
簡単に済まされます。

考え時ですね「時短」も







スポンサーサイト

2010年03月17日 愚かさ トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。