スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

トリアージ ~各党党首の皆様へ~

トリアージという言葉は、ご存じでしょうか?

人材・資源の制約の著しい災害医療において、最善の救命効果を
得るために、多数の傷病者を重症度と緊急性によって分別し、
治療の優先度を決定すること(Wikipedia より引用)

カードを患者の腕につけ、救急隊員や看護士が下記の
判定をし、カードの末端が、患者の状態に合わせた色にします。
黒 (Black Tag) カテゴリー0
死亡、もしくは救命に現況以上の救命資機材・人員を必要とし
救命不可能なもの。
赤 (Red Tag) カテゴリーI
生命に関わる重篤な状態で一刻も早い処置が必要で救命の
可能性があるもの。
黄 (Yellow Tag) カテゴリーII
今すぐに生命に関わる重篤な状態ではないが、
早期に処置が必要なもの。
緑 (Green Tag) カテゴリーIII
救急での搬送の必要がない軽症なもの。

さて、このトリアージ国会運営に応用すると、
今の国会運営は、おかしくは無いですか?

何から議題にするか、話し合い、何故、それからかを議員は理解する。
党議党則に従うのが慣例の日本では各党の党首に責任があると思います。

『自民党は、21日投開票の長崎県知事選と東京都町田市長選で
支援した候補が当選したことを受け、民主党の小沢一郎幹事長
らの証人喚問などを求め、22日から衆院で一切の審議を拒否
してきたが、わずか3日間でピリオドを打つことになった』
(産経ニュース、2010.2.25 06:42、より引用)

『自民党の谷垣禎一総裁は11日の記者会見で、日米間の密約問題で
与党が自民党政権時代の首相、外相経験者の国会招致を求める方針を
決めたことについて、「正式な要求があった段階で考えることだが、
以前から『政治とカネ』にまつわり、(小沢一郎民主党幹事長らの)
証人喚問なり参考人招致を要求しているので、まずはそれが先だ」
と述べた』(時事ドットコム (2010/03/11-20:46)より引用)

この二つのことだけでも、党首の中でも、野党第一党、
自民党、党首谷垣氏には、トリアージの発想が無く、
その場しのぎの言動には自民党分裂も、ありえると考えざるを得ません。

こうやっている間にも「高校無償かを、前提でがんばり合格したが
今、決まらないなら、就職活動に入るか悩む」という親子は沢山います。

皆さん、お忘れでしょうが、八ツ場ダムの件は何も進んでいません。
しかし、地元、群馬県長野原町では、12日、任期満了に伴う町長選
(4月13日告示、18日投開票)の立候補予定者説明会が開かれ、
高山欣也町長(66)陣営だけが出席した。町民は《ダムでこんなに
もめているときに、わざわざ火中のクリを拾う人はいないのでは》
【共同通信】 2010/03/12 16:20 より引用。

工事の為に現場にいた、最前線の労働者は、どうやって
生活しているのでしょうか?ゼネコン側が決着がつくまで飯場に泊まれ、
と優しくしているとは思えず、各地に、散らばって
職探しでは無いでしょうか?

そんな折に、谷垣氏は、国会を欠席させたと思えば、かすかな微風で
方針を変え、国会に戻る。

戻った国会では、まさにトリアージを間違え、鳩山氏、小沢氏の問題は
黄色が正しいと思いますし民主党、鳩山氏も密約問題は戦後の日本史を
ひっくり返すような、ことですが、これも黄色でしょう。

普天間の問題ですら、黄色か赤か迷うところです。

しかし年度変わりの今は、国民個々の生活見なおし、中小企業の
下支えが絶対に赤です。

景気の2番底は無いという考えが、主流ですし、私も、そう思います。
しかし、各社、この大不況を乗り越えた負債の解決にかかりきりで
雇用問題は先送りです。日本的経営は変わりませんから、まず会社の
収益を正常に戻し、株主や、株式相場で正当な価格がつくが優先です。
年功制でのベースアップ当然と思う方、能力給体制を望む方が
在社し、この大不景気を乗り越えました。彼らへの賞与はあって
然るべきです。

また、産学協同は一時停止中ですが、でも、もう限界でしょう。
就職を意識し出す2年生程度も含め雇用に対する不安を取り除かないと
「技術」を売って暮らしてきた日本の底が割れます。

大卒ばかりでは無い、いろんなところで議論されていますが、
大企業を支えてきたのは、世界に誇る技術力、しかし、実際は
町工場の熱心な取り組みが実を結んだ結果です。
こういう工場がつぶれたり、新卒を雇うの事を諦め、現在の社長が
無くなれば技術の伝承が途絶えれば、イコール大企業も技術を失います。
国家的損益です。大企業やメガバンクは、死にませんが、
町工場という最先端の開発部署、技術の伝承は死にます。
確実にトリアージは赤です。黒も入っています。

トリアージで言えば、大企業は、黄色がいいとこです。

鳩山氏、谷垣氏の代わりは沢山います。彼らはトリアージを受ける
必要も無く、自力で暖かい家庭に戻れます。

「政治と金」は検察が取り組んでいます。小沢氏、鳩山氏が完全に
「無罪」とは決まっていません。検察は国会の力を借りたいとは
まだ言っていません。実際に会期中の不逮捕特権の行使を検察が
求めた時に迅速に決議すればいい、「密約」はもっと、もっと根が深い。
時を改めるべきでしょう。

今年は、桜の開花が早いそうです。
党首のみなさん、今年は心配事無く、花見をさせて下さい。

その為に、トリアージして下さい。




スポンサーサイト

2010年03月12日 出来ること トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。