スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

政権交代 ~発展すべき~

流行語にまで選ばれた「政権交代」ですが、
ここは、もう一歩進めて、2大政党制から、3,4と増やしましょう。

民主党連立政権の発足は、単に自民党では国民が納得しなかった
という、驚くべき結果だけではありません。

『投票に行けば、驚くような結果もあるんだな』

と、多くの有権者が思ったことだと考えています。
しかし、もし、このまま鳩山政権が迷走しているという印象を
抜本的に変えない限りは、夏の参院選は、単に自民党に後戻りです。

そもそも、自民党に愛想を尽かしたのは、ものをつくる、それを売り、
収入となる。また、会社に勤める、何か会社に貢献して給与をもらえる。
この流れ自体は変わらなくても、その何処か途中に「○○先生」の
ひと言が必要だった時代が終わったからです。

例えば、昔なら店舗を構えて、商店街の皆さんと仲良くやって
みんなが支持する○○先生に投票する。
そうやって、店が維持出来る、という構図は崩れつつあり、

具体的には、店舗を持たない、ネット販売や、
飲食店でも、客が納得するものが提供出来るなら、
畑の中の一軒家でもレストランが成り立つ。
そんな時代となりつつあるからです。

そんな時代に、民主、自民の2択では、数が足りない。
例えば社民党、福島氏も、どこかで鳩山氏を飛び越えて、
オバマ氏と会談を持ち、グアム移転を勝ち取る。
そんな活気を、生んで頂きたい。

そうなれば、有権者も「この人は国民の代表者になったら
具体的に何をやるのか?」という意識を持つようになり、

3大政党でも、4大政党でも、選択肢は増え、
どこも単独過半数は取れない、そうすると、国会では、
与党対野党の、子供のケンカは終わり、
具体的に何を為し得た政党か、国民に覚えてもらわなければ
いつまでも、議席は伸びない。

こんな夢を「初夢」から、現実にしていきたいと考えます。





スポンサーサイト

2010年01月02日 出来ること トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。