スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

お金は計画的に! ~何故、JALにこだわる?~

NIKKEI NET(06/12/2009)によれば、
日本航空への金融機関の出融資に対し、7000億円程度の
政府保証をつける方向で調整していることが5日、分かった。
2009年度第2次補正予算案に必要な措置を盛り込む。

のだそうです。以前にも書きましたが、
フラッグ・キャリア(=その国を代表する航空会社)が国家に必須
という時代ではないと思います。
1991年に「パンアメリカン航空」が倒産しました。
アメリカのフラッグ・キャリアというより、世界の航空業界を
リードする会社でしたが、JALと同じ「高コスト体質」を変えられず、
今後、JALが予定してる、赤字路線の廃止で乗り切りを計りましたが、
やはり倒産しました。

JALの再建計画は、パンアメリカン航空の倒産を分析して立案
するべきかと思います。例えばボーイング747は優秀な航空機ですが
エンジンが4発あり、2発が主流の現在の航空機より、整備コストが
高いことはわかっており、各社、747から、他の2発の航空機に
切り替えてきました。その機会を逸したことは、経営陣の怠慢です。

国が企業が運営する年金にまで口出しして、7000億円の
保証をすることは、その利益が国民にあるとは言い難いです。

一方、NIKKEI NET(06/12/2009)では
国が企業に休業手当の一部を助成する雇用調整助成金の利用が
急増しているため、財源となる積立金が、2010年度末に
3千億円程度足りなくなる恐れがあることが4日、
厚生労働省の試算で分かった。景気の低迷が長期化するなか、
同省は今後も多くの利用があるとみて、失業給付向けの
積立金からの借り入れで不足額を確保することを検討している。

全く所轄官庁は異なりますが、JALには、ぽ~んっと、
7000億円を保証、かたや、一刻を争う「職を失った方々の命綱」
休業手当には、1円も出さずに「積立金からの借り入れ」

7000億円と3000億円、どっちが高いですか?
民間会社の再建に、7000億円を保証する。
国民全体の問題に、1円もださず、3000億円を借りる。

まったく合理性がありません。
再考を強く求めます。





スポンサーサイト

2009年12月08日 お金 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。