スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日本はアメリカの属国ではない! ~自民党幹事長大島氏の発言~

先だって、大島氏は、普天間基地問題を
「オバマ氏の来日以前に決着しないのか?」と質問
鳩山氏は「オバマ氏は、その問題で来日されるのでは無い、
沖縄の方々の気持ちを優先に、順次解決する」といった内容で
回答されました。

また大島氏は「岡田外務大臣」「前原国土交通大臣」で、
意見が違うのは「閣内不一致ではないか!日米安保条約は、
重要な問題であり、それに関わる内閣の不一致は大きな問題だ!」と
また、激怒されていましたが、日米安保が安定して機能することが
沖縄のみなさんの生活環境の向上(というか、本土なみにする)より
大事な問題とは、かけらも、思えません。

政権が変わっても、外交に大きなブレがあってはならない、と
当然のように、語られていますが、果たしてそうでしょうか?

国民が外交問題に不満があり、政権交代を願うこともありえます。
特に沖縄の問題は、自民党が「聖域化」してきたことで、
すべての負担は沖縄の人々に課してきました。

オバマ氏も「核兵器の無い世界」を表明、大きな外交姿勢変更です。

そういう世界の趨勢を理解していないなんて、自民党って
結局、私利私欲で動いてきたんだな、と改めて思いました。

谷垣氏も、そうですが「夏の参議院選、必勝」といった発言が
とびかっていますが「何故、民主党に破れたか」を
深く、多角敵に、お考え頂き、自民党が目の敵にする
民主党のマニュフェストが、かすむような素晴らしいマニュフェストを
まずは、かかげて頂きたい。




スポンサーサイト

2009年11月03日 沖縄 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。