スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

鳩山氏が抱く不安

30日、選挙速報番組の中で、鳩山氏の顔色が、あおざめてきたと
感じたのは、私だけでしょうか?

ほぼ、各社の速報が終わり、いったん、民主党が、
「鳩山氏への質疑の時間」を取った際には、まるで敗戦の将の様でした。

勝手な憶測ですが「勝ちすぎた」というのが、鳩山氏の正直な気持ち
ではないでしょうか?

以前から言われる「民主党は1枚岩ではない」ということが、
これから、鳩山氏の足かせになるのは、明白です。
組閣に関しての質問に「私がひとりで決めます」と早々に言ったのも
党内で考えの違う方々、連立を約束した、社民党などへの
言葉に聞こえました。

理想的な勝ち方は、民主で過半数を少し超える議席、連立を約束した
党の議席をあわせて、絶対安定多数ではなかったかと思います。

単独で絶対安定多数をとってしまったが為に、
今までは、まず、政権交代が第一ということで、反鳩山色、反小沢色
の意見をお持ちの党員も、だまっていたかもしれませんが、
党内から「これは国民が、我々に信任をおいた結果であって、自公がやったように、絶対安定多数の権利行使は当然」
という理屈から、党内の意見一致をみることが困難になります。

そうなれば、自民党が、首のすげかえをやってきた、この数年のような
状態に、民主党がおちいらないとは、限りません。

私自身は、民主党には投票しませんでしたが、今、また、政治不信や
景気対策の遅れをまねくことは、国民の生活に多大な影響を及ぼします。

民主党、党員の皆様、連立を決めた党の、党員の方々、
まだまだ、不況は終わっていません。
子育て支援をはじめ、福祉の向上は公約通りにやって頂くのは当然ですが
まだ、嵐のなかにいる、船の船長として、優先順位は間違って頂く
わけにはいきません。議席を得た方々も、党員の方々もそうです。

鳩山氏が最も懸念していることでしょうが、4年という短い期間
横やりを避けたり、受けたりする時間はありません。

私は、混乱の4年間は見たくない、私が望む方向と違っていても
鳩山氏がやりたかったことを、キチンとみて、
次の4年を考えたいと思います。




スポンサーサイト

2009年09月02日 考える トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。