スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

靖国神社 ~亡くなった方々を偲ぶ~

8月15日が、今年もきました。私の住む町は快晴です。

いわゆる「靖国問題」においては、今、生きている人達の考え、心情
などが、語られますが、亡くなった方々からの目線が論じられることは
少ないと思います。

確かに、靖国神社は、帝国海軍の肝いりでつくられました。
組織の出自が問われるべき問題もありますが、私は、日本人として
亡くなった方々の気持ちは、どうなるかを、出自の問題より、
重く考えることが、生き残った者の責務だと考えます。

「天皇陛下万歳!」「お母さん!」「靖国で会おう」
帝国海軍、陸軍の兵士の最後の言葉は、こういった言葉かと思います。

戦場という、死と隣り合わせ、敗戦目前では、死、しかなかった、
戦場で、最後に交わされた、戦友同士の言葉には、嘘偽り無く、
「靖国で会おう」と言った方々も、大勢いらしゃると思います。

戦争でなくても、死の間際では、何故、死ななければならないか?
誰だって、思うことでしょう。また、同時に、死後の世界があるなら
そこで、何を頼りにするのかも、また、大きな不安です。

最前線にいた兵士の多くは、敗戦することはわかっていたと思います。
神風は吹かないし、つぎの命令は「死んでくれ」という意味だと、
わかっていたと思います。
そんな不安な気持ちを支えてきたのが、死んでも、靖国で会える
ということではなかったのではないでしょうか?

私は、あらゆる戦争に反対し、国家が軍隊を持つこと自体、
非人道的だと言い続けています。

先の戦争も、総論としては、徹底的に反省すべきだと思っています。

しかし、先に書いたように、すでに亡くなった方々の最後の言葉が
「靖国で会おう」だったことは事実です。
この事実を考えると、靖国に関する、他国の干渉は、論拠がありません。

靖国神社が、あったから、軍国主義や、侵略戦争が
起きたわけではありません。
我々は徴兵された、普通の市民の死があって、今、生きています。
彼らの最後の言葉を大事にしたい、そうすることが、
最も、平和に近づくことかと思います。

新しい、戦没者慰霊施設の建設が検討されていますが、
まったく無意味です。
もし、霊魂というものがあるなら、彼らは、引っ越しをする
義務があるのですか?
私は、そうは思いません。
「死者にむち打つ」行為だと思います。

国際社会の中で、60年以上も、国民は、国家は、亡くなった方々を
慰霊することと、戦争責任を取ることを、もっと明確に区別して
国際的に、理解を求めるべきだったし、これからも、そうだと思います。

原爆死没者慰霊碑
「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」
は、原爆の被害者だけではなく、戦争で亡くなった方々、全員への言葉だと、
私は、思います。



スポンサーサイト

2009年08月15日 やるべきこと トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。