スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

大連立

国民が最も望む、経済復興を、棚上げにして、衆議院が解散しました。

さて、すっかり定着した「マニュフェスト」ですが、
自公も、民主党も、描く未来はバラ色ですが本当にそうなるでしょうか?

私は、そうは思いません。「政権交代」と
みなさま、堂々と、おっしゃりますが、官僚に上げ膳据え膳の構造を
変えなければ、誰が、どこが、政権をとっても、同じです。

以前から「政治家」という言葉、嫌いだと書いてきましたが、
そのひとつに、国会議員になると、結局は高級官僚がひいた線路に
安易に、のるかたが、大半だからです。

官僚は、三権分立のなかでは、立法府の決定に沿って、政策を実行する
位置にいます。それが、真逆に、官僚が、国会議員を指導している。
この構図を変える手だてが、何よりも優先されることかと思います。

自公の皆さんは、民主党のマニュフェストを「絵に描いた餅」といい
「財源は、どうするんだ!」と言われますが、私には
「君たちに、高級官僚と私たちで、築いてきた仕組みを、上手く
使いこなせるのか?」
に聞こえます。

消防士や警察官など、命をはって、薄給で頑張る方々がいます。
キャリアのみなさんに、命をはれとは言いませんが、
頭をフル回転して「公僕」として、励んで頂きたい、
日本を会社とすれば、国民という社長が「よくやったボーナス増やすよ」
は、有り、ですが、社員が会社の金を使い込んだり、一部の株主や
取締役と共謀して、会社の財産を横取りすれば「横領」「背任」
ですよね、そんな当たり前のことが出来ないなら、
官僚になって頂きたくないし、国会議員も、何してるの?です。

さて、選挙の話に戻れば、まだ結果を判断するのは時期が早いですが、
この不景気です。投票率の高い、中年以降は、「今、何をしてくれるか?」
が、一番、気になるところで、麻生政権の支持率が下がったことで
分かるとおり、自公任せでは、どうしようもない、という判断もあるし、
国家全体を考えれば、自公続投だが、自分の財布に、お金を
入れてくれるのが、民主党なら、今回は、背に腹は替えられない、
という判断もあります。

今、言えることは、どの政党も圧勝はないかと思います。
そうなると、国会では「大連立」の話が出てもおかしくないと
思いませんか?

総理は、細川氏でも、主要ポストは自公、または、その逆。

いずれにせよ、危惧するのは、先の官僚主導型が、より強くならないか
ということです。
自民党が1枚岩だった頃なら官僚も、なかなか超えられないハードルが
あったと思いますが、権利が分散することで、官僚は仕切安くなります。

私は、この事を、最も危惧しています。

追記
民主党はマニュフェストに
『官僚任せで、官僚の言うがままに、莫大な「税金のムダづかい」
を続ける自民党政治の存続を許すのか。』
とかかげていますが、
私は、具体的に霞ヶ関の改革案を
出されるまでは「絵に描いた餅」にしか聞こえませんので、
やはり「どこが政権をとっても」官僚主導を覆すとは
思えません。このことを追記します。



スポンサーサイト

2009年07月24日 許されない トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。