スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

政治家は要らない

最近、駅前で、盛んに「政治家」が街頭演説を行っています。

先日は、民主党の方の話を聞き、いくつか質問しました。
そこで、呆れたのが、国政に関わる質問をしたところ
「私は地方議員を目指しているので、それには、お答え出来ません」
正直、びっくりしました。確かに、地方議員と、国会議員では
携わる範囲は違います。
しかし、国民の代表である、議員にはかわりはありません。

我々国民は「地方の問題」「国家の問題」と切り分けて
生活をしてはいませんし、実際、そんなこと考えて暮らせません。
ただ、仕組みの違いを理解しているだけです。

その国民のひとり、私に
「私は地方議員を目指しているので、それには、お答え出来ません」
って何ですか?あいた口がふさがらず、二の句が付けないでいると
「お酒を、召し上がっていますか?」と問われました。
確かに飲んではいましたが、まだ、正気でした。
その方は、暗に、しつこく、話す、よっぱらいより、
駅を歩く有権者に顔を覚えられたいとの様子でした。
私は、彼と話すのを諦めました。

本日は「幸福実現党」の、みなさんが「立党の挨拶」をされていました。
この政党が、掲げることは、まず第1に

1:消費税撤廃
彼らいわく、消費税を撤廃すると、購買意欲が高まり、
「年率3%以上の経済成長を実現します。」
のだそうです。

私は、彼らに、どういう根拠があって、
そこまで具体的に言い切れるのか、尋ねました。
「私は、政策担当ではないので、具体的に回答出来ません」
と平然と、答えられました。
ちなみに、その方は、国会議員が勉強不足で
官僚に操られているとも、言われていた方です。
その本人が、消費税ゼロという公約を具体的に説明出来ないって
どうゆうことでしょうね?

2:憲法9条を改正し、 国民の生命・安全・財産を守ります。
     「特に北朝鮮からの核攻撃に対抗する万全の体制を整える」
このことも、その実現に、いくらかかるか質問すると、
いわゆる逆ギレで
「お金の問題ではありません。国民、国土を守るには
そんな悠長なことは言っていられません」
他の解決策はないのか?検討しないのか?
「しません!」の一言でした。

国会議員を、あなた達が出したいなら「立法府」の一員となることで
訴えることが、いかに理想であっても、具体的でなければ、
実現しないし、官僚主導型の立法から脱却できないのでは無いか?」
に対して
「理想が大事なんです。幕末の志士たちが、自分たちの理想が実現
出来るか悩みましたか?信じていたから明治維新が出来たのです。」
「役人は、使えばいいんです!」
との、お答えで
「幕末の志士も、理想と共に具体的な作戦は立案したではないか」
「先ほどの、現職国会議員の勉強不足が官僚主導を生み出した
という指摘と、「役人は、使えばいいんです!」は矛盾しないか?」
と言うと「理想を持てば、実現するんです」の繰り返し、

約10分程度会話したころ、メンバーのひとりが
「そろそろ帰りたいんですけど」と切り出し
主に、私と会話した方も「私たちには、やるべきことが沢山あるんです」
といわれ、僕を残して去られました、ビラ1枚、渡すことも無く。

こういう言動は
憲法前文の

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保

に矛盾すると考えますが、憲法改正を前提の彼らには、
国民を代表するという意識がなく、理想を追えば、幸福になる
という信念だけで、みなが幸福になるとしか考えられないのでしょうか。

民主党の方も、幸福実現党の方々も、
政治家、つまり理想を語り合いたい方達なのであって
国民の代表と考える、一般市民の声など、どうでもいいのでしょうか?

政治家は要らないと、再確認出来た、いい機会でした。

追記
「幸福の科学」が幸福実現党の母体だとは、この記事を書くにあたって、
初めて知りました。私は、「幸福の科学」の言動を知りませんし、
先入観があって、この記事を書いてはいないこと、明言しておきます。
スポンサーサイト

2009年06月16日 愚かさ トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。