スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

解散総選挙の前に ~民主党様へ~

国会延長が決まりましたが、本当に民主党が政権を担う、覚悟があれば
まず、この延長期間で「選挙目当ての、金のバラまき」と言っている。
政府案を、徹底的に、批判し、延長期間を有効に活用頂きたい。
そう、思っています。

何故なら、もし政権を担うなら「反対の為の反対意見」など、
通用しなくなるからです。
つまり、この延長国会で、具体案が出せず、ただ、
自民党の揚げ足とりだけに過ぎない、審議を続けるなら、
私は、民主党に「政権を担う、智恵、ビジョンなど無い」
と判断します。

また、この延長国会で、何か具体的な法案を、民主党自身が提案し
実現出来ないなら、いわゆる「霞ヶ関」=官僚、に頼り切っている
自民党以下では、ないですか?

以前から、思っていますが、官僚が活躍すること自体は
「悪」ではありません。
議員には、選挙で選ばれた後、非常に短い期間で、専門的な知識を
身につけることは困難でしょう。
ただ「ここを変えたい」「こういう法律が必要」
というビジョンがあるなら、その実現に伴い、官僚を使いこなすことが
必要になります。

現状は、逆で、議員が「こういうことがしたい」に対して
官僚から、「先生、そう、お考えなら、逆に、こういう方法があり
我々も、先生の目指されることが実現出来ます、いかがでしょう?」
に対して「よきにはからえ」としか言えないことが問題なだけです。

この構造を、部分的にでも、変えた実績がないなら
民主党を「政権を担う、能力あり」とは、認められません。

とは言っても、現、麻生政権を、私は支持しませんが・・・
スポンサーサイト

2009年06月11日 愚かさ トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。