スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日本は、世界経済の「孤児」となる

FRBが、実質金利ゼロを発表しました。
先日のBig3に公金を使わなかったことと、経緯は違いますが、
経済状況が急激に悪化し上向く情報が無いことからの決定かと思います。

私が、知る限り、日本政府は、このFRBの発表に対して、
公式な見解は、発表していません。

これは、政府として、あまりにも、無責任、または、
責任のたらい回しが起きていという事かと思います。

このブログの表題どおり「日本は地球の孤児となる」ことを
予感し、警告してきた私には、今回の経緯は
世界経済において「日本は無責任だ」という、怒りを他国に
与えても、不思議ではないと思っています。

円が、強いから、円高になっているわけではないこと、明白です。
ドル、ユーロが弱っているので結果的に円高になっているに過ぎません。
そういう状況で米国が、前代未聞の行動=金利ゼロに踏み切ったのです。

「日本政府は、何故、円を支えないのか?」

という疑問が、各国で持たれているかと思います。
また国内の状況も、政府が強い、意志を示さないことで
派遣切り、貸しはがし、貸し渋りが、弱いものから順に行われています。

SONY、日本IBM、いすず、名だたる企業も好きこのんで人員削除を
決定したとは思えません。大会社が倒産すれば、今の人員削減とは違い、
下請け全ての経営が、経ち行かず、もっと多くの方々が職を失うから
だと、思っています。

この状況を、外から見れば、日本政府が、世界経済の一翼を担う
責務を放棄したと見られても、致し方がありません。
政権争うなど、とっとと止めて、国際的責任を果たし、
「あの世界恐慌は、日本の決断と行動で救われた」と
数年後には、評価されたいと思います。

太平洋戦争も、ナチスの台頭も、経済問題から始まったことを、
政府は無論、国民にも思い出して頂きたいと思います。

追記
この記事を書いている最中に、日銀が対応策を取り始めたという
ニュースが、入ってきました。中央銀行として、当然のことですが、
具体的な成果に繋がることを、願います。
また、同時に政府にも、断固たる方針の発表を望みます。
スポンサーサイト

2008年12月18日 お金 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。