スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

自衛隊なら

私は、完全に自衛隊は違憲であり、隊員の再就職の機会を保障した上で、即時、解体して欲しいと思っています。さらにどんな国家でも「軍隊」という組織は、人間性を改造するシステムと考え、すみやかな解体を望みます。
(このことは、改めて詳しく書きます)

イラクからの陸自の撤収で、この60年間、日本が国家の意思で人を殺さなかった
(勝手を言いますが、死刑の問題は、また別の機会とさせて下さい。)
という貴重な時間が守られる可能性は高くなったが、イラク特措法の延長により、空自は、クェートとイラクの間を飛び続けることになったし、海自はインド洋で燃料補給を続けている。どちらも「テロ」の格好の目標だ。
あくまで確認がとれた情報ではないが、海自の艦船は長期的な外洋航海に対応していなく、インド洋での任務で、激しく痛んでいると聞く、この艦船を買った金も、補修に使う金も、元は税金だ。私は、そんなことの為に税金を納めてはいない。
また、この長期の任務で定員割れまでしている海自隊員の勤務は厳しいものとなっていると聞く。日本から遠いインド洋で外国の艦船に給油をしながら、隊員は何を思うのだろう?彼らが自衛官を仕事として選んだ動機と、テロ対策作戦への参加は一致するのだろうか?

能登の地震で、自衛隊は、かなり活躍しているようだが、まだ、まだやれることはあると思う。
例えば、倒壊した家屋の撤収を民間の解体業者に依頼すれば、その費用は県民の負担になりはしないのか?何故、陸自の施設科が行わないのか?
陸の孤島となった、輪島市門前町の深見地区へのアクセスに陸自の「浮き橋」や海自の持つ「おおすみ型輸送艦」に装備された「LCAC、輸送用エアクッション艇」などは利用できないのか?
まだ、自衛隊なら出来ることはあるし、今の隊員の気持ちもそうであって欲しい。
まあ、最高指揮官が、何もみえていないことが、隊員には不幸なことだが・・・。
スポンサーサイト

2007年03月30日 出来ること トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。