スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

福田氏、倒れる

小泉氏が、私は好きでした。
彼が成したことや、決めた方向が好きだったのではなく、
国会の代表=国民の代表、そして行政のトップにいて
問題山積の日本で、何かを変えることを口に出し、実行に移す
久しぶりの日本国首相だったからです。

日頃から、国会議員は、当選した日から、すでに次の選挙に
勝つ作戦を練り始め、その作戦に沿って、行動する、発言する人達です。

実務は霞ヶ関、高級官僚に任せる、任された方も、あうんの呼吸で
さも、国会で審議されて、法案が成立したかのように見せかけ、
国会審議で、予算が通ったように見せかける。

その高級官僚は、退職後の、ご褒美を求めて、あくまで陰で動く

そんな、馬鹿馬鹿しい、ことを、一時的にでも、止めた人は
小泉氏だったと思っています。

それを継いだ、阿部氏も、福田氏も、大きな勘違いをしたと思います。
それは、小泉氏の努力や覚悟があって、出来た道を、自分も通れると
思ったことです。

小泉氏が通った道は、まだまだ、獣道程度の細い、荒々しい道であり、
通った後を、高級官僚や旧態的な議員が、しっかり埋め戻しています。

阿部氏は、あると思った道が見つからず、まさに病で倒れた。

福田氏は、小泉氏の側近にいて、獣道の作りかたを学んだつもりで、
「何を、阿部氏はやっているんだ」と思っていたのかと思います。
私なら、道は作れると思っていたのでしょう。

しかし、見るとやるでは、大違いで、小泉氏と同じことを
やっているつもりが、高級官僚も、自公民も、動かない
「これはどうしてだ!?」と思い続けた1年間だったと思います。
それが証拠に、被害者は自分だと言わんばかりの、
ぶらさがり取材での発言が、多かったですよね。

次の、総裁には、そういう勘違いをしていない方に、
なって頂きたい。

また、民主党も、正義の味方、国民の味方という、
猿芝居をやめて、頂きたい。
福田氏の、退陣のタイミングが、小沢氏3選間違いなしと
報道された直後であることは、偶然ではない気がします。

誰が総裁になっても、民主党が、猿芝居を続ける間は、
「政治の空白を作ること」であり、福田氏が言った、
「小沢氏とは、もっと話し合いたかった」は、意味のある言葉であり
小沢氏も、この言葉の真の意味、
「あなたは、国民の幸せなど考えてはいない、政権が取りたいだけだ」
を、心に刻んで頂きたいと思います。
そうでなければ、誰が首相になっても、このまま政治の空白が続きます。

北京オリンピックの表面的成功の裏で、中国共産党の、漢民族の、
独占支配国家であることが、ハッキリした今、
日本は、アジアの平和を維持する役割が大きくなったし、
そうならなければならない、まさに、政治の空白は許されないのです。

今、手を打たなければ、ネット右翼の方々のいうとおり、
中国は、その覇権を広げることを、国際社会が許したと
勘違いしてしまいます。

中華思想自体を否定することは、民族の主権を考えれば、致し方がない、
しかし、国際社会で生きて行くには、それでは、困るとハッキリ言い
アジアに住む多くの人の大半が、
今日の食事も、ままならない、状況を変える。

その改善の一歩を、いまこそ、日本は、日本人が、踏み出さなければ、
前回、書いた通り、「戦争は終わっていない」
と、思うのです
スポンサーサイト

2008年09月02日 考える トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。