スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

拝啓 鳩山邦夫 様

裁判員制度の準備、ご苦労様です。

あなたには、度々、驚かされますが、新制度に合わせて改装を終えた
法廷の視察、さすが、本当の法廷にたたれただけあって

証人席で、被告席側を見ながら
「いや~僕の口が滞ると、先生(田中角栄氏)の扇子が止まる。
うまくしゃべると、パタパタと動いたんだよ」
と扇子を持っての実演、驚きました。

あれは、田中氏から「こういう証言をせよ」って指示があって
それを、守らないと、扇子が止まったってことですか?

つまり、偽証されたということでしょうか?
それとも、今後、無作為に選ばれる、国民に法廷は怖いところだが、
被告の顔色、伺えば、いいんですよ、ってアドバイスですか?

いずれにせよ、現職の、法務大臣としては、あってはならない発言、
そろそろ、お辞めになってはいかがでしょうか?

止めるといえば、新制度のPRにマスコットつくり、
どこの広告代理店に依頼されたか、存じませんが優しいクライアントで
担当者も、胸をなで下ろしているでしょうね。
彼らは、クライアントが白が黒といえば、やってくれる人たちです。
「親しみやすいが、死刑判決が告げられる、厳粛な法廷に参加する
という、威厳も、マスコットに持たせて欲しい」
とは、リクエストされなかったのですか?
そんな丸投げなら、税金使うの、止めませんか?

国民は、あなたの数々の非常識な態度を許したわけではなく、
もう、言ってもムダ、って思っているだけです。
選挙の声も聞こえてきます。党本部や、地元からクレームが
来る前に、せめて法務大臣だけは、お辞めになってはいかがですか?
                        
                          敬具
スポンサーサイト

2008年05月25日 拝啓 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。