スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

“国民無視”記念日  ~暫定税復活~

あまり、感情的に書くことは、避けてきましたが、今回の民主党の
やり方には、はらわたが煮えくりかえるほど、怒っています。

ガソリンの価格が上がることに反対した政党と
賛成した政党では、前者に人気がでるとは思います。

しかし、基幹産業がなく、道路建設などの公共工事で
メシをくっている人に、

「仕事が中断し、収入が無くなる、先の見通しもつかない」
「現場にいく、ガソリン代が高くて、手取りが下がる」

この二者択一を、迫るのは、あきらかに政治が、
国民を見ていない証拠でしょう。

揮発油税の問題が起きることは、何ヶ月も前から、分かっていました。
民主党は対案を出さず、ただ、自民党を苦境に追い込んだだけです。

「ガソリンが高くなってもいいのですか!?」とだけ叫んでも
「じゃ、仕事はどうなる?」に答えないやりかたは、
次の選挙で、分かりやすい、争点を、身勝手につくっただけで、
先の、答えようがない、二者択一を迫るだけです。

私は、公共工事や、国からの交付税で、暮らすやり方は、根本的には、
賛成できません。
しかし、数ヶ月で、かわれるほどの、簡単なことでもありません。

民主党が、揮発油税無しに、地方が生きていける、明確なプランを
提示しないかぎり、総選挙に勝つどころか、自分たちの人気取りで
やった、わずか一ヶ月の混乱の責任を追及される、だけでしょう。

私は、自民党の独裁には、反対ですが、今回の民主党のやり方は、
国民無視の、政権奪取作戦でしかなく、そのことに、怒りを覚えます。
スポンサーサイト

2008年05月01日 怒り! トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。