スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

民主党には、責任があります。

さて、まもなく、揮発油税が再度課税されます。

この混乱の責任は、民主党にあると考えています。
参議院、第一党になって以来
「民意は、我々にある」と言われる民主党のみなさんですが、
逆に、民意を反映させた、参議院運営をされていますか?

私は、真逆な運営かと思います。

確かに、参議院第一党は、民主党ですが、政権争いに
ねじれ現象をつかっていい、わけが無い、当然です。

逆に、衆議院第一党の自民党と、しっかり連携して、両院の機能が
最大になる努力義務があります。
それを何を勘違いしたか、参議院の動きを勝手に止めて
日銀総裁の決定を遅らせた、揮発油税廃止が、わずか一ヶ月しかもたないことを、わかっていながら、新しい政策を示すこともなく、
政権争いのネタにした。

これは「生活第一」を掲げる党のやることですか?
本当に、揮発油税を廃止し、地方への影響を最小限にする気があるなら、
参議院を止めている暇はなかった筈で、3月末までに、新しい政策を
衆議院でも、可決させる努力をして、参議院でも可決し
「生活第一」を実現するべきではなかったのですか?

参議院第一党ということは、衆議院にたてつく権利を得たのではなく、
衆議院で、民主党が考える政策を、何とか認めさせ、参議院を最短で
通過、国民に1日でも早く、いい暮らしを提供する責務が生じるって
ことだと思います。

小沢氏は「衆議院を解散し、民意を問う」といっていますが、
国民は、あと数日後にガソリンが、再度値上げされるのか?
多くの生活必需品の価格が高くなっていくことに不安を覚えています。

選挙する、暇も、それに税金を使うことも、私は認めません。

ねじれ国会という、マスコミがつけた名前に居座っている、裸の王様、
民主党に、すぐにでも、そこから降りてきて、国会議員の職務に
戻って頂きたいと、強く望みます。
スポンサーサイト

2008年04月27日 許されない トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。