スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

戦死者がでます ~南スーダン PKO~

日本は、日本人は、この約65年間、戦争をしませんでした。
戦火により、人の命を奪うことをしませんでした。
この事実は、とても重いものであり、先の大戦で亡くなった多くの方々への
鎮魂の意の表れです。

さて、野田首相は、南スーダンへの自衛隊PKO派遣を、お急ぎのようです。
私は、絶対に反対です。
何故なら、今の、南スーダンの現状をみれば、
自衛官という国際的には『軍人』が、血を流すか、
自衛隊という国際的には『軍隊』が、誰かの血を流すこととなり、
先の65年間が無に帰すからです。

具体的には、南スーダンを、暫定的に統治している
国連南スーダン派遣団(UN Mission in South Sudan、UNMISS)は
10月に入っても部族間でのウシの強奪と報復攻撃が相次いで
6月以降に約1000人が死亡しており、
国家をおびやかす危機的事態と報告しています。

しかも、イラクではオランダ軍が、ハイチではブラジル軍が
自衛隊を守る役割を持って配置されて来ましたし、されていますが
南スーダンでは、その役割をする軍隊がいません。
何か起きれば、直接、自衛隊が対処することになります。

私はPKO、そのものに反対していません。
むしろ、日本は積極的に関わるべきだと考えています。
ただ、自衛隊で、それを行ってはいけないと考えるのみです。
何故なら、国際的に見て、自衛隊は『軍隊』だからです。

『神風特別攻撃』と呼ばれる無謀で残酷なことを、
かつて、日本という国は日本人に命じました。
今、自衛隊に、南スーダンに行けということは、同じことです。

まず成すべきは、自衛隊を国内外の災害救助専門の組織と改編することです。

東日本大震災で、自衛隊は、災害救助に大活躍をしました。
その際に、正規の部隊では足りずに即応予備自衛官まで
動員したことを忘れてはなりません。
国難を乗り切るには、現状の自衛隊では、足りなかったということです。
この事も踏まえて、自衛隊を国内外の災害救助専門の組織と改編するべきです。

そして、その後、存分に、PKOへ向かって頂きたいと思います。

『特攻』は絶対に許されません。
もう誰も『カミカゼ』がふかないことは知っているはずです、
野田首相、あなたも、知っているはずです、
どうか、自衛隊に、自衛官に『特攻』を命じないで下さい。













スポンサーサイト

2011年10月14日 許されない トラックバック:0 コメント:11

ありがとうございました ~ジョブズ氏、死去によせて~

米アップルの共同創業者、スティーブ・ジョブズ会長が5日、死去されました。
56歳という若さでした。

私は、20代でMacに出会い、以来、使い続けてきました。
この道具がなければ、自分が思ったことを他者に伝えたり、
逆に、他者が発する何かを受け取れませんでした。

人は人によって育てられると考えます。
また、自分自身、誰かを育てているのだと思います。
その点においてMacに、私は育てられたと言えます。

もし、ジョブズ氏がMacを作っていなければ、
私は、今と違う、私だったと想像できます。
今の自分が、私は好きです。
それを育ててくれたMacに感謝し、
Macを作り上げた、スティーブ・ジョブズ氏に感謝します。
ありがとうございました、ゆっくり、お休み下さい。




2011年10月06日 拝啓 トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。