スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

最も愚かな選択 ~船長釈放~

私が9条堅固であることは、揺らぎなく持つ信念です。
防衛の為の軍備は必要だという方々には「外交が戦争です」と
答えてきました。
今回、外交という名の戦闘中だったんですよ、日中は。
しかも、勝てる公算は高かった。船長を本人は容疑否認のまま、
「公務執行妨害」で有罪とさえ判決が出れば、尖閣諸島近辺は、
日本の領海だという事実が残ったんです。
船長は「日本国内での服役は相当でない」とし「強制退去」として
帰国させれば、領海侵犯をした船長というレッテルが貼れたんです。

何故、検察の暴走を許したんですか?
ここで使ったことが無い言葉ですが“頭にきてます、怒り心頭です”
最高検察庁の判断だと言い切る菅内閣の面々ですが、それは逆です。
海外から見れば、内閣が外交を維持出来ないで、検察という役所の
失態にしたとしか、とれません。
と、いうか、そこまで親切にはとらないですね。
日本が正当性のない外圧にいとも簡単に自国の権益を捨てた。
そうなります。

すでに尖閣に公務員を常駐させろという声が聞こえます。
海保を意味しないでしょう。自衛隊を意味すると思います。
すると、存在しないハズの、東シナ海領土問題が、存在することになる。
自衛隊が常駐するなら、仮想敵国が東シナ海で領土問題を
武力解決するかもしれない、というシナリオがつくからです。

レアアースなどの問題を無視しろとは思っていません。
しかし、中国が長い期間、レアアースを輸出しない、
観光を止めたままにすることは、自国の首を絞めることですから、
落とし何処は難しいですが、いずれは中国も決断する日が来たんです、
船長を無条件に帰国させなくても。

今回のことで、中国は日本は自国民を違法に勾留したのだから、
フジタの社員も、同様に扱う理由が出来ました。
この解決には、まず船長の勾留を詫びろからしか、中国は認めませんよ、
その外交の場で検察の判断が、どうだこうだは通じない。

自衛隊の必要性に加えて、交戦権も認めろという世論が形成されます。
形だけでいいから、船長、有罪、強制退去にしておけば、
フジタの問題も「中国の国内法に背いたなら裁いて下さい、
しかし、中国に留め置く理由はないでしょう、手続きが済んだら
帰国させなさい」と言えたのに・・・

まして場所は旧日本軍の化学兵器処理問題が起きる予想がされています。
中国がフジタの社員を帰さないなら「我が国が犯した過ちの償いを
中国はさせてくれないのか?」と正々堂々、言い張れるケースです。

すでに、韓国も、諸手をあげて喜んでいます。

「外交が戦争だ、国民を守る砦だ」
この主張を、誰も回復できない。
悔やんでも悔やみきれない、結末です。



スポンサーサイト

2010年09月25日 怒り! トラックバック:0 コメント:0

拝啓、菅首相 ~事故の映像公開は止めましょう~

私には相変わらず、今回の尖閣諸島での件、中国の意図が分かりません。
しかし、ついに、温家宝氏が
「船長の無条件解放を求める。日本が引き続き独断専行を続けるならば
中国はさらなる行動をとりそれによって生じるすべての結果は、
すべて日本が負う」(中国中央テレビ、TBS News から)
とニューヨークの公式の場で自ら語りました。
しかし政府高官の交流は止めたままです。

国内外から、海保が収録した映像公開を求める声がありますが、
これは絶対にやってはなりません。
船長の裁判で必要になった時、以外に公開することは危険です。
発表すれば、誰かがCGなどで偽物を作り
「海保の映像は偽造だ」といいます。そして、その模倣犯や、
それに反対する意見のやりとりのなかで、映像の真否が迷走します。
そうなれば、船長勾留の非が日本にあることへと話が進みます。

日本政府は「国内法に基づいて粛々と進める」と言っていますが、
それを遵守して頂きたい。
まさに証拠のねつ造で検察自体へ疑問が投げかけられていますが、
同じことが、今回はねつ造の、ねつ造という、泥沼へ沈んでいきます。

くれぐれも、慎重な対応を頂きたいです。
しかし、同時に国連での演説には「中国が万博から、日本を排除する
ことは、その開催の意図から外れている。日本政府に非がないことは
当然のことであり、万博開催国として早急に態度を改めて頂きたい」
という国際世論を味方につけやすい切り口で非難はして頂きたい。
オバマ氏へ協力を願うにせよ、中国が温家宝氏自ら日本を非難した以上、
日本も自らの立場をハッキリさせなければ、問題の争点が
見えなくなります。

以上、ニューヨークにて、堂々と、中国の行動を非難頂きたいと
お願いをします。

敬具




2010年09月23日 拝啓 トラックバック:0 コメント:0

わからない ~中国共産党の意志は?~

『尖閣諸島沖で中国漁船と海上保安庁の巡視船が衝突した事件で、
中国政府は19日夜、日中間の閣僚級以上の交流の停止などの措置を
とったことを明らかにした。』
(asahi.com、古谷浩一=北京、永田工、山尾有紀恵、より)
日本側は
『前原氏は19日、東京都内で記者団に「良好だった日中関係に
波風を立てるのは、お互いの国益にならない」と述べ、
中国側に改めて冷静な対応を呼びかけた。』(毎日jp より)

今回の事を、あくまで事故と捉え、領土問題に踏み込まないのが
日本側の態度であり、私も最善の対応だと思っています。
中国側の日々エスカレーションする対応の真意が私には見えません。
経済。技術交流などの分野では日中交流は止められません。
仮に中国が無理に止めても、損益は中国側に出る可能性が高いと
考えています。しかし、最大の謎は、中国は、この問題の落とし何処を
どこに考えているかです。
閣僚級の会談を止めると発表したわけで、このままでは、該当漁船の
船長の日本の法律で判決が下り、強制送還。
つまり尖閣諸島近辺に領土問題は存在しないという日本の主張に
沿った結果が待っているだけです。
折しも、国連総会、APEC、と互いに高官が対面する場が開催される
時期です。そこで、中国は、この問題に触れ領土問題であると
改めて国際的に認識を求めるのでしょうか?
しかし、米国も日本の主張を認めており、中国に与する国は無いかと
考えます。

表題に「中国共産党」とつけた私の意は、彼らのなかでは成立する
外交・国際経済・内政が、諸外国から見れば通用しない。
つまり中国人の総意では無く、中国共産党が描く未来は、
絵に描いた餅にすら成らないと自覚せねば、中国人民の幸福は
成り立たないという警鐘の意です。

為替相場の問題も米国は公式に非難しました。折しも
『大畠経済産業相は19日、NHK番組で、環太平洋諸国の
経済連携協定(EPA)である「環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)」
について、「日本の参加を進めることが大事だ」と述べ、
TPPへの参加に強い意欲を示した。』(YOMIURI ONLINE より)まで
日本は踏む込む意志を示し、経済面でのアジア共同体は
実現に向かっています。
アジア経済の発展の為には必須のことです。

今回の事故、為替問題に、古い考えのままでいる中国共産党では
正直に言って「アジアの問題児」と呼ばれることになります。



2010年09月20日 やるべきこと トラックバック:0 コメント:0

絶望 ~菅氏、組閣夜の記者会見~

驚きました『412人内閣』、菅氏は議会制民主主義の実現として、
この言葉を使いましたが、中学生でもわかる、誤解です。
立法府は可能なら国民全員が参加できればよい、しかし物理的に不可能、
そこで選挙で選ばれた議員による議会制民主主義を取り入れています。
その推移を考えれば『412人内閣』は民主党の理想ではあるでしょう。
しかし、行政、立法も含めた日本の政治機構では受け入れが不可能です。

また民主党の都合で国政が止まっていた間に緊急を要する問題が
また増えました。海保の艦船に中国の漁船が意図的に体当たりした事件、
中国政府は合理的根拠無しに全く逆のことを言い他の国際的取り決めも
反故にしました。
この中国政府の出方には、他国の反応が熱いうちに明確な日本の立場を
ズバッと、一言で言い切る必要があります、その機会は今回の国連総会
しかありません。
そういう即時性を高める状況に国家があるときに『412人内閣』と
理想主義を掲げられても不安しか感じません。この発言の裏は、
総裁選で小沢氏支援に回った議員へのリップサービスでしょう。
それを組閣の夜に言われても誤解の元です。

また今回の組閣は、どう見ても菅氏支持者を重んじた内閣です。
それを「偏っていない」と言い張ることは、かえって菅氏の姿勢を
疑うことになります。ハッキリと「この内閣は、緊急を要する問題を
解決する内閣で私との意思疎通がある方や、担当頂く分野に詳しい方を
選んだ結果であり『有言実行内閣』の名に相応しい人選です。
結果的には小沢氏を支持された方が少数と成りましたが、私には
小沢氏への遺恨は全く無く、党内論議は『412人体制』であり、
党三役からのトップダウンを止めました」
といった内容に為さるべきです。

最近、国会でグラフなどを用意しての質問が増えましたが、
「発言」には「根拠」が必要だという当たり前のことが、
やっと為されたと思っています。
しかし菅氏の「有言実行内閣」には「根拠」が希薄です。
海江田氏、片山善博氏の紹介も過去の実績を語ったに過ぎず、
今後、どんな政策で行くのか、時期尚早かも知れませんが、
語られるべきだったと思います。他の大臣の紹介も同じです。
国民が知りたいのは、履歴ではありません。菅氏が、何を
成すべきかを新大臣へ指示したのかという事です。

岡田氏を外相から外しました。幹事長役には適任でしょう。
しかし普天間の問題が未解決なままで、外相を変えることは、
米国にとってはあり得ない選択、全て白紙に戻すと、とられる
可能性があります。
私自身は白紙、大歓迎ですが、普天間問題の前進を考えれば
米国への配慮に欠けたことと思っています。

結果的リーダーシップに欠けるというイメージを払拭出来てない、
そうとしか言えない組閣です。



2010年09月19日 愚かさ トラックバック:0 コメント:2

行政の長は総理大臣です ~官僚=全員悪人?~

この時期に、
具体的には、経済・金融が数秒ごとに激しい変化をしている。
在沖縄米軍は、今も、何かの危険は持っている。
そんななかでの民主党代表選、東京・大阪の街頭演説、
TVニュースで見ました。
両氏とも、具体的案件は出さずに「脱・官僚」といい、
彼らが勝手に自らの意志で、金儲けをしているように言われます。

三権分立で行政は独立したものとして認めているとは
両氏とも、感じられません。
また行政の長は、立法府の長である、総理大臣であり、行政の動向を
見守る責任があります。これは今更議論する話ではありません。

菅氏は、現職の総理、小沢氏は自民党時代には実行部隊でした、
菅氏は、今、小沢氏は自民党時代に、官僚を管理する立場です。
それを、たった今、気付いたかのように、
「脱・官僚!」と言われても、両氏に、憲法を理解していますか?
と尋ねたくなります。
両氏とも、まず国民に「私たちに委任された行政の監督に不行き届きが
ございました、今後は、このようなことが無いよう、努めます」
その、一言でいいんです、官僚の話は。
無論、振り返って法に穴があって、行政が暴走したというなら
具体的に示し、対策を言って頂きたい。
「脱・官僚」は、総理の責務です。街頭で訴えるのは、例えば
警視総監が「振り込めサギの無い社会を目指します、応援して下さい」
といっているようなものです。
今、国民に示すべきは、どう行政を指導するのか、どういう対策で
不景気から抜け出すのかです。抽象論は要りません。

緊急性のある異変が経済にも、行政にも、また、天変地異も
多く発生しています。次の国会で話し合い、会期中に成立させないと
年越せない人が出ます。
そうなるか、どうかは、具体的政策を聞かなければ分かりません。

NHKのインタビューに「国民が置いてけぼりだね」と、
答えたかたがいました。
まさに、その通りです。「脱・官僚」は総理になれば、
自ずと責務になるのです。改めて聞く必要は無い、
もし、もしも、両氏に、その感覚が無いなら、民主党は要りません。

国民が関与できない、また選挙運営も監視する第三者機関がない
そんな、あいまいな選挙をやるのです、お二人とも、次回の札幌までに
中学校の社会科の教科書でも読んで頂くか、憲法を写経のように、
書き写して下さい。
小沢氏が改憲に賛成なのは知っていますが、審議に入るまでは、
現憲法に忠実でいて下さい。

再度、札幌、期待しています。



2010年09月05日 愚かさ トラックバック:0 コメント:0

国民を愚弄しましたね、小沢さん ~検察審査会、素人?~

日本経済新聞:電子版(2010/9/3 10:25)より抜粋
『小沢氏は検察当局が捜査した結果、2度にわたって
自らを不起訴とした経緯を指摘。
そのうえで検察審査会のあり方について
「一般の素人の人がいいとか悪いとかいう、今の仕組みが
果たしていいのかという議論は出てくると思う」と疑問を呈した。
検察審査会は11人の市民が検察当局の判断の当否を審査する組織。』

Wikipedia より抜粋
『検察審査会(けんさつしんさかい)とは、検察官が独占する
起訴の権限(公訴権)の行使に民意を反映させ、また不当な不起訴処分
を抑制するために、地方裁判所またはその支部の所在地に設置される、
無作為に選出された国民(公職選挙法上における有権者)
11人によって構成される機関。
検察審査会法(昭和23年7月12日法律第147号)
に基づき設置されている。』

小沢氏が検察審査会の存在意義を論じられるのは、無論ご自由に、です。
しかし、設立の経緯から、委員は『無作為に選出された国民』と
決まっています。その委員を「素人」と呼ぶ、つまり
国民は、政治の「素人」と言われたのと同じ事です。
また「検察」が2回、不起訴としたことは無実の根拠と言われる。
検察審査会、そのものの、否定です。
小沢氏は、脱・官僚と主張されていますが、この件だけでも、
お役人、検察は正しい、国民の意見「検察審査会」には疑問視。
本当に、脱・官僚を目指していますか?問いたくなります。

asahi.com 2010年8月27日20時32分
『 ◇渡部恒三・元衆院副議長
 ◆27日、東京都内で記者団に
 国民が一番望んでいるのは「政治とカネ」の問題について
小沢(一郎)君がはっきり説明責任を果たすこと。その第一の前提を
抜きにした今のような態度を見 ていると、残念ながら情けない。
鳩山(由紀夫)君、10日ぐらい前まで菅(直人首相)だ、
菅だと言っていて、今度は小沢だなんて。国の運命を決める首相の
人事でカラっと変わるなんて鳩山君も恥ずかしい。 』

党の顧問がすでに、小沢氏の態度を譴責しています。
その解決を見ないまま、代表戦に突入した民主党には信がおけません。
その上候補者が民主主義の根幹を否定し、それに気付いていない。
渡部恒三氏は、鳩山氏へも苦言を呈しています。
自民党のように、首相経験者を神様のように扱えとはいいませんが、
ご本人には、数少ない経験をした国会議員として慎重で的確な発言を
願いたいです。
公示から2日間で、ここまで大問題を引き起こした。
このことは政治の空白では無く、政治の後退、国民軽視です。
代表戦の延期も充分に考慮頂きたいと強く願います。
もう、愚かなことは繰り返して頂きたくない。
民主党所属でも、自民党所属でも、共産党所属でも、国会議員には

日本国憲法 前文から引用
『そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、
その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、
その福利は国民がこれを享受する。』

この言葉を忘れてもらっては成らないと考えます。
夏休みも終わりましたが、宿題として、明日までに、
手書きで、百回書いて肝に銘じて頂きたいです。



2010年09月03日 怒り! トラックバック:0 コメント:0

良識を疑います ~国際的信用を失いたくない!~

小沢氏の発言で、困ったことが起きています。

The Wall Street Journal Japan Real time
2010/9/3 9:58 記者: Yoree Kohより
『記者:沖縄県民は普天間基地が県外に移設されない限り
納得しないと言っている。あなたは案を持っている
という趣旨のことを示唆した。
皆、普天間基地を県外に移設する案を持っていると思った。
小沢氏:具体案を持っていると言ってはいない。
記者:知恵があると言っていた。
小沢氏:すべての人が納得できるある種の知恵だ。』

日本人であり、普天間問題に関心がある私にも、理解不可能な発言です。
小沢氏は、日本記者クラブでの菅氏と並んで豊富を語り
《普天間の件は日米、沖縄県民、みなの納得いく方法がある》
という主旨の発言をされました。これは実現するなら、
この1点をのみでも彼に首相になってもらいたいという重大な発言です。
が、具体案は無い、知恵で解決できるという非合理さ、時間を逆転させ
なおかつ、すでに不可能と何回も結論が出た道を使った上でという
ご丁寧な、提案です。開いた口がふさがらないとは、このことです。
他国、特に米国の感想は、日本通の方でも

・ 小沢氏が首相になる為の「リップサービス」
普通は
・ 「えっ、また1から、やり直すの!どうなっての日本は!」

もう、いい加減にして頂きたい。
日本の政治のトップ選びで、ただでさえ外交下手な国の首相候補が
国際的には理解できない発言、恥の上塗りです。
国際的信用は、すでに、また落ちました。
仕組みの上で私たちには何も出来ませんが、
小沢氏は、せめて、この記事を読んで、
記者会見を開き「無責任な発言でした、撤回します」
とまでは言うべきです。



2010年09月03日 怒り! トラックバック:0 コメント:2

かなり怒っています ~菅氏、小沢氏の発言を聞いて~

まず、小沢氏の立候補ですが、検察審査会が起訴するように
検察に決議を伝えています。
ご存じのように、再び、検察が不起訴と
しても、再度、検察審査会が起訴と決議すれば、裁判は開かれます。
そういう立場にいながら、実質的な総理選びに参加することは
無責任です。また菅氏もNHKでの生放送中に、
「役職もお辞めになったので責任はとられています」という趣旨の
発言がありましたが、不見識ですね、現職の総理としては。
番組冒頭で「総理の仕事、今日は終えてから出演しています」
とまで言われましたが、その前置きで許されるような言葉ではないです。
検察審査会の決定を無視された、党内での自主的降格で、
国民への謝罪や説明は終わったという認識は、国民の代表者、
国会議員としては責任を果たされていない、単に民主党内で、今
争うには時期が悪いとう判断、つまり代表選挙を有利に運ぶ詭弁です。

怒っている主題は、両氏とも「官僚が悪い」という趣旨の発言を
繰り返されていますが、行政は憲法上、独立した組織です。
立法府が3権の中でも、国民の代表として有利な立場になっています。
それだからこそ、国会議員が「官僚が悪い」と言えば、立法府から
行政府を批判したものとなり、軽々しく言うべきではありません。

また両氏とも、1年生議員ではなく保守系の党に長年いらした方々です。
官僚が無駄遣いや高額な退職金を決めたかのように言われますが、
それを許可した議員の、ひとりですから、まずは、
「国会議員として、お恥ずかしいが、官僚に任せきりにしたこと、
提案されたことを充分に吟味したことが無かった」
と、詫びが入らないと、官僚が、最近クーデターでも犯したかのように
聞こえます。この点も猛省願います。

これから2週間、ストレスの高まる日々になりそうです。

訂正とお詫び
赤字の部分は「検察審査会が、起訴相当という結論を出す可能性があります」
と訂正致します、お詫び申し上げます。

2010年09月03日 怒り! トラックバック:0 コメント:0

〔切れる〕大人 ~教育、育児の問題を超えました~

Yomiuri Online (2010年9月2日13時54分)によると

2日午前11時55分頃、和歌山市二番丁の和歌山地方検察庁の
庁舎内1階廊下で、同地検の丸尾吉秀検察官(40)が、
兵庫県西宮市の三好昌之介容疑者(82)に、包丁(刃渡り11センチ)
で切りつけられた。

居合わせた男性司法修習生が三好容疑者を取り押さえ、和歌山県警の
警察官が傷害容疑で現行犯逮捕した。丸尾検察官は左腕に
切り傷を負ったが、軽傷という。
和歌山西署などの発表によると、三好容疑者は、2008年5月に、
経営する旅館に放火したとして、非現住建造物等放火罪などで、
8月2日に和歌山 地裁で懲役6年の実刑判決を受けた
三好なるみ被告(45)の父親。なるみ被告は一貫して
無罪を主張しており、控訴した。丸尾検察官はこの事件を担当していた。
調べに対し、「検察に恨みがあった」と供述しているという。

「切れる若者」は、すでに社会問題として認知され、
議論・対策立案が検討中です。
しかし、今回の事件、容疑者、三好昌之介氏は82歳です。
続柄は子供ですが、被告の三好なるみ氏も、45歳です。
「若者」ではありません。しかし犯行の手口は「切れた」と感じます。
刃渡り11cmなら果物ナイフでしょう。検事を殺したいと
計画的に用意したとは言い無いと判断します。
無論、息子の無罪を信じ、いてもたってもいられない心情はわかります。
いままで、こういうケースでは、弁護士を伴い記者会見を開き
裁判では取り上げられなかった事を父親が語り、最高裁まで、どころか
再審請求まで考えているという、父親の子供の無罪を信じる意志の
固さを表現し、無罪の証としてきました。

私は、放火事件の詳細は熟知していませんので、何故、放火したのか、
また、地裁でのやりとりは知りません。
しかし、82歳の男性が検察官をナイフで襲う、こんなことは今まで
あまり見聞きしていません。
日本社会の迷走が、まず若者の心を乱し、ついに、82歳男性の
かつてない、刹那な行動へと繋がったとすれば、重大な社会崩壊の
予兆と考えます。

一連の、親の死亡を届けていない件は、増えるいっぽうです。
これも、外へは向いていませんが
「気を確かに持って、葬儀を執り行い、心安らかに永眠について欲しい」
という、気持ちの整理を必要とすることが出来ないほど、
みなさんの心に「ゆとり」が無いのでしょうか?
それとも、親の年金無しには暮らせないほど、格差社会の固定化が
進んだのでしょうか、どちらにせよ、具体的な対策が必須です。

日本が、日本人が、愚かな方向へ向かってはいないかという
私の危惧が当たったとは、まだ認めたくありません。
そうなって欲しくないので、始めたブログですから…。
私も、もう1段、掘り下げて考え直す時だと痛感しています。




続きを読む

2010年09月02日 考える トラックバック:0 コメント:1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。