スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

虚しい

さて、新しい内閣が誕生しましたが、何の気持ちの変化もなく
あえて、言えば「虚しい」ですね。

麻生氏は、記者からの「解散はいつ頃になりますか?」という質問に
「民主党の出方ですね、ちゃんと話し合い、
頂けるかどうかで、変わります」
でした。

補正予算成立が絶対なら、解散前提ではなく、国会の国民の納得が
いくまで、審議する、当たり前ですよね?


解散前提なら、新内閣にも、臨時国会にも、意味がない、
自民党は、アメリカよりの政策を止めないことが前提
民主党は例によって、反対の為の反対、
新しい法案を出さないなら、我々、国民に何を、基準に
投票すればいいのか、わからない。

サブプライム問題も、あのアメリカが公金を私企業に投資するという
前代未聞のところまで来ており、遅ればせながら、日本の企業も
救済に参加するようですが、ドルが弱くなり、ユーロも弱くなる
この時点で、世界経済を救えるのは、良くも悪くも、政府が後ろ盾する
日本の、各メガバンクだけでしょう。
国際貢献というけれど、このサブプライム問題解決に力を
そそぐことこそ、日本にしか、¥、にしか出来ないことです。
インド洋でガソリンスタンドやっている場合ではない、そう思います。

先にも書きましたが、総理が替わるのは、ひょっとしたら、
いいことかもしれない、しかし、選挙をやる意味はない。
自公も、具体策をだし、民主党も、反対案をだす。
それが、今回の臨時国会で、よくよく話し合ったが、やはり
意見の相違をこえて、まさに「民意を聞く」まで、きてから
選挙を考えて頂きたい。

蛇足ですが、麻生氏が、新内閣の主軸に「官僚を使いこなす」って
ありましたが、あれは、ジョークにもならない!
憲法上、立場関係はハッキリしており、日頃、官僚にたよりきった
生活からでた、本音ですかね・・・。
スポンサーサイト

2008年09月26日 愚かさ トラックバック:0 コメント:0

衆議院解散を認めません

福田氏が首相を辞めて、自民党では、総裁選びでバタバタ、
ここまでは、致し方がない面があると思います。
しかし、衆議院解散が、あたかも当然のように語られることに
軽い怒りを覚えます。

小沢氏、お得意の「民意を問う」が、解散の口実でしょうが、
阿部氏の退陣は病気、福田氏の退陣は、本人いわく、このままでは
政策が立ちいかないので、身を引くというものです。
何か政策の失敗で、国家、国民に多大な損害を与えた訳ではありません。
(何もしなかった、という非はありますが)

この段階で「民意」を問われても、何も出来なかった与党、
権力闘争に、反対という名の作戦を展開しただけの民主党、
この状態が2年以上続いているだけで、「民意」は
普通に国会運営、行政の正常化を望むのみです。

選挙には、莫大な金銭が必要です。
それなりの理由がなければ、税金の無駄遣いです。
論点が無い、ただ、与党の混乱につけ込んで、民主党が解散を主張、
総裁選挙=総理選び、という自民党の持つ、責任の重さは
どこかに吹っ飛び、国政への具体的意見を論じないまま、選挙、
これって、国民無視の権力闘争以外のなにものでもありません。

現在の、衆議院議員は、小泉氏の政策に、国民の多くが賛成し
(無論、反対の意見もありました、そのことを無視はしません)
国会議員となった人達です。自民党は、小泉氏の政策に
大反論を唱えることもなく、同じ路線で、若干の修正をしながら、
阿部氏、福田氏を総裁に選んだと理解しています。
そして、この2年、小泉氏の政策+修正は、なされてはいません。

今、衆議院を解散すると言われても、国民は、この2年間
待たされただけで、選挙を必要とすることが、おきた訳ではありません。
阿部氏、福田氏の失敗は、自民党の問題であり、党として責任を取る
必要はあり、総裁選挙は致し方がないけれど、衆議院解散の意味は
ありません。

一方、民主党も、反対の為の反対を、展開しただけで、国会で
キチンと、与党と重要法案を議論してはいません。
つまり、自民党と同じく、何もしなかった事に変わりはありません。

小沢氏は、現衆議院を「国民の審判をあおいでいない」といわれますが、
この2年間、何も具体的に、政策を進められなかったという、意味では
自民党と同じです。

この2年間、政治の空白を作った責任は、自公 VS 民主党の覇権争い
であって、無理に言えば、それを看過した責任は、衆議院議員にも
責任はあると言えますが、選挙をしたところで、前記、覇権争いの
決着をつける為であり、我々、国民には何を比較して投票しろと
いうのでしょうか?

国会の外で、覇権争いをやるのは、勝手にどうぞ、ですが、
重要法案、国民の生活をいかに支えるかという問題が山積のなか
臨時国会の会期は短くなり、選挙で莫大な税金を使われ、
新体制に期待ができない、今、衆議院解散は辞めて頂きたいと思います。

2008年09月11日 許されない トラックバック:0 コメント:0

有終の美 ~辞める責任~

福田氏は、辞任にあたって、「政治の空白をつくりたくないので、今、
辞任する」と言われました。

次の臨時国会は、もろもろ、野党は当然ながら公明党すら押し切る形で
12日からと、福田氏は、固執しました。
私なりの解釈では、インド洋での給油活動、延長の法案成立が
まず、第一の目標での、早々の開会に踏み切られたと考えています。

辞任されて、いざ、総裁選となると、22日とのこと、
これでは、民主党の意見が通ったことになります。

記者会見をされても、彼は、まだ、総理であり、自民党総裁です。
何故、22日、投票を認めた、または、
見て見ぬふりをされるのでしょうか?

冒頭に書いた「政治の空白をつくりたくないので、
今、辞任する」という決意は、どこへいったのでしょうか?

これでは、お辞めになった、スジが通りません。
責任放棄といわれて、しかたがない、ことになります。

最後まで、首相、総裁の責任を果たして頂きたいと、
強く、思います。

2008年09月05日 拝啓 トラックバック:0 コメント:0

福田氏、倒れる

小泉氏が、私は好きでした。
彼が成したことや、決めた方向が好きだったのではなく、
国会の代表=国民の代表、そして行政のトップにいて
問題山積の日本で、何かを変えることを口に出し、実行に移す
久しぶりの日本国首相だったからです。

日頃から、国会議員は、当選した日から、すでに次の選挙に
勝つ作戦を練り始め、その作戦に沿って、行動する、発言する人達です。

実務は霞ヶ関、高級官僚に任せる、任された方も、あうんの呼吸で
さも、国会で審議されて、法案が成立したかのように見せかけ、
国会審議で、予算が通ったように見せかける。

その高級官僚は、退職後の、ご褒美を求めて、あくまで陰で動く

そんな、馬鹿馬鹿しい、ことを、一時的にでも、止めた人は
小泉氏だったと思っています。

それを継いだ、阿部氏も、福田氏も、大きな勘違いをしたと思います。
それは、小泉氏の努力や覚悟があって、出来た道を、自分も通れると
思ったことです。

小泉氏が通った道は、まだまだ、獣道程度の細い、荒々しい道であり、
通った後を、高級官僚や旧態的な議員が、しっかり埋め戻しています。

阿部氏は、あると思った道が見つからず、まさに病で倒れた。

福田氏は、小泉氏の側近にいて、獣道の作りかたを学んだつもりで、
「何を、阿部氏はやっているんだ」と思っていたのかと思います。
私なら、道は作れると思っていたのでしょう。

しかし、見るとやるでは、大違いで、小泉氏と同じことを
やっているつもりが、高級官僚も、自公民も、動かない
「これはどうしてだ!?」と思い続けた1年間だったと思います。
それが証拠に、被害者は自分だと言わんばかりの、
ぶらさがり取材での発言が、多かったですよね。

次の、総裁には、そういう勘違いをしていない方に、
なって頂きたい。

また、民主党も、正義の味方、国民の味方という、
猿芝居をやめて、頂きたい。
福田氏の、退陣のタイミングが、小沢氏3選間違いなしと
報道された直後であることは、偶然ではない気がします。

誰が総裁になっても、民主党が、猿芝居を続ける間は、
「政治の空白を作ること」であり、福田氏が言った、
「小沢氏とは、もっと話し合いたかった」は、意味のある言葉であり
小沢氏も、この言葉の真の意味、
「あなたは、国民の幸せなど考えてはいない、政権が取りたいだけだ」
を、心に刻んで頂きたいと思います。
そうでなければ、誰が首相になっても、このまま政治の空白が続きます。

北京オリンピックの表面的成功の裏で、中国共産党の、漢民族の、
独占支配国家であることが、ハッキリした今、
日本は、アジアの平和を維持する役割が大きくなったし、
そうならなければならない、まさに、政治の空白は許されないのです。

今、手を打たなければ、ネット右翼の方々のいうとおり、
中国は、その覇権を広げることを、国際社会が許したと
勘違いしてしまいます。

中華思想自体を否定することは、民族の主権を考えれば、致し方がない、
しかし、国際社会で生きて行くには、それでは、困るとハッキリ言い
アジアに住む多くの人の大半が、
今日の食事も、ままならない、状況を変える。

その改善の一歩を、いまこそ、日本は、日本人が、踏み出さなければ、
前回、書いた通り、「戦争は終わっていない」
と、思うのです

2008年09月02日 考える トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。