スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

無意識に先入観に巻き込まれる恐怖 ~毒入り餃子によせて~

自戒を込めて書きますが、先入観を取り除くことは忘れがちです。

中国が世界の工場と呼ばれて久しいですが実態は大きく変わっています。
安かろう、悪かろうでは、もはや無いのです。

あるドキュメンタリー番組で、米国のデパートチェーンから
靴の製造を依頼されている中国の工場の、米国でのデザイン決定から
発注、納品までの、ある種スリリングな日々をみました。

納品に対して、ギリギリの期間でデザインと発注数が決まります。
それを受けた工場はフル回転です。

面白いことがおきます。生産ラインの部分的なリーダーとなった女性が、
今回はミシンの縫い手が足りないと気付きます。
これだけでも、今までの、共産主義的な発想と、私が思っていること
から、はずれていて、面白いのですが、話は続きます。

一人の女性工員が、まだ未熟で、ミシン操作のラインには入れず
賃金が安いのです。彼女は、田舎に送る金額が低いことに
悩んでいましたが、前向きではありました、先のリーダーが
彼女に目をかけ、残業してまで、彼女の技術をあげ、ミシン操作の
ラインに、いれます。

そういう努力もあって、靴は納期に間に合い、検品でも100足に1足
かすかな、傷があるか、ないかという
充分にクライアントを満足させる出来でした。

この例は、希なことでは無く、中国全体に言えるようです。
ある番組で、東京の街を歩く男女が身につけているものが、
どこで製造されているかを調べることをしていました。
見事、下着からカバンまで、中国製であることが多く、
本人もビックリしていました。

さて、毒入り餃子に、話を進めます。
私が知る限り、毒入り餃子を製造したのは、1社です。
しかも、JTとコープの専用工場です。

状況から考えて、中国捜査当局のいう、日本での毒混入は信じ難いです。
と、なると、やはり製造工程となりますが、先の靴工場のように、
優秀な工場が多い中で、何故この工場だけに、事件が起きたのでしょう。

ここからは完全な推測になりますが、工場全体が、先の靴工場のように
質の向上が、賃金の工場であるという、教育が
徹底されていたのでしょうか?

元はといえば国営工場で質の向上に無関心だった人たちがいたとしたら、
そこからの脱却には徹底的に、努力=賃金向上、をたたき込まなければ
なりません。

この工場で、それをすべきだったのは、JTとコープだったとは
考えられないでしょうか?

あくまでも、私の推測です。
しかし、検証に値する、ことかとも、思います。
スポンサーサイト

2008年05月25日 出来ること トラックバック:0 コメント:0

アメリカ海兵隊ブートキャンプ ~KYな国、日本~

TBS NEWS23で、アメリカ海兵隊ブートキャンプの模様が
放映されました。ご覧になりましたか?

私は憲法9条を守りたいと思っていますが、
違う角度で言えば、国家が軍隊を持つことに懐疑的です。
何故なら、優秀な軍隊を作るということは、
オウム真理教、地下鉄サリン事件で、盛んに使われた
「洗脳」をするということだと、考えているからです。

人は、誰でも、自分の命を守る本能はあります。
すぐそばに、爆弾が落ち、頭上を弾丸がかすめているなら、
そこから、逃げることを、考える間もなく、行動に移すか、
恐怖のあまり、身体が動かなくなるかです。

しかし、兵士に、それは許されません。同じ状態にいながら、
前に進めと指示されれば進み、撃てといわれれば、自らが
的になる可能性があっても、身体を起こし、引き金を引く、
指示通りに動くことが反射的に出来なければならないのです。

前記の逃げることが、本能なら、それを書き換える「洗脳」を
受けた人たちの集まりが、軍隊です。

オウム真理教がおこなった「洗脳」が地下鉄サリン事件を
おこし、それが罪に問われているのに、
国家が「洗脳」することは、許されるのですか?

ブートキャンプの冒頭は、
新兵 “Yes , sirモ = はい!
教官 “Screamモ = 叫べ!
という繰り返しが、延々と続きます。これは挨拶の訓練ではなく、
先の例で言えばモ Fireモ=撃て!に、反射的に“Yes , sir" =はい!
と言わせる、「洗脳」の序章です。

途中、教官のコメントで、
「彼らは未完成だ、ここで完成品(product)にする」
と、人への教育ではなく、軍隊に必要な武器を製造していると
とらえられる、言葉が入ります。

またまた、ネット右翼の方々に、お叱りを受けそうですが、
「国家が、防衛軍を持つのは当然」
「攻めてくることがわかっているのに、
丸腰で待つなんて、平和ボケだ!」
などと、いうご意見を、よく見ます。

確かに、私も自分や家族に危害を加える者から「防衛」はします。
しかし、その延長が、軍隊の保持となる、安直さには、反対です。

どんな理由があれ、国家という暴走しかねない仕組みに対して、
「洗脳」されることに備えないことこそ、無防備であり、
ボケで丸腰だと思います。

確かに国民の平和な日々を維持する努力は国家へ我々が求めることです。
しかし、軍隊、以外で、それを実現する方法を模索しなければ、
結局は、国家が国民の人格改造をするという、国家と主権者、国民の
立場が逆転します。

今のところ私には、日本が、日本国国民が、安全であるためには、
世界、各国と、価値の共有、歴史観の共有、未来像の共有などしか
思いつきませんし、この視点だけでも、外交や文化、経済の交流で
出来ることを、すべて行ったとは、言い難いのが、日本と世界各国との
関係かと思っています。

今の日本は、平和ボケではなく、世界と日本の関係に無関心な
今時の言葉で言えば「KY」な国家国民ではないのではないでしょうか?

2008年05月25日 考える トラックバック:0 コメント:0

宇宙基本法案 ~のぞき見は、誰だって嫌です~

5月13日、宇宙基本法案が、衆議院を通過しました。
あまり、大きな問題視を国内ではされていないようですが、
軍事利用を可能にする法案とのこと、看過できないと思います。

30年後には、太平洋を、平和な内海にと、福田氏は発言していますが、
その前に、日本海を、内海にして頂きたいと思います。

世界でも数少ない、米国のMD計画に賛成の日本が、
軍事衛星を上げられる法を成立させようとしている、
アジアのみなさんは、どう、思いますかね?

隣人を敵視し、防犯カメラを、隣家に向けて設置するに、似ています。
防犯そのものは、当然の権利かも知れませんが、それは、具体的には
我が家の死角に防犯カメラを設置するに留まるとは思いませんか?

ネット右翼のみなさんに、たたかれそうですが、
わずか60年ほど前に、隣家に踏み込んだのは、我々であって、
あちらでない、なのに防犯カメラを向けられる、
いい気持ちはしませんよね。

こういう、国民が気付きにくい法案に慎重に対処するのが、
「民意は我々にある」と言われる、政党が、なさねばならないことかと
思いますが、みなさんは、どう思われますか?

2008年05月25日 考える トラックバック:0 コメント:0

拝啓 鳩山邦夫 様

裁判員制度の準備、ご苦労様です。

あなたには、度々、驚かされますが、新制度に合わせて改装を終えた
法廷の視察、さすが、本当の法廷にたたれただけあって

証人席で、被告席側を見ながら
「いや~僕の口が滞ると、先生(田中角栄氏)の扇子が止まる。
うまくしゃべると、パタパタと動いたんだよ」
と扇子を持っての実演、驚きました。

あれは、田中氏から「こういう証言をせよ」って指示があって
それを、守らないと、扇子が止まったってことですか?

つまり、偽証されたということでしょうか?
それとも、今後、無作為に選ばれる、国民に法廷は怖いところだが、
被告の顔色、伺えば、いいんですよ、ってアドバイスですか?

いずれにせよ、現職の、法務大臣としては、あってはならない発言、
そろそろ、お辞めになってはいかがでしょうか?

止めるといえば、新制度のPRにマスコットつくり、
どこの広告代理店に依頼されたか、存じませんが優しいクライアントで
担当者も、胸をなで下ろしているでしょうね。
彼らは、クライアントが白が黒といえば、やってくれる人たちです。
「親しみやすいが、死刑判決が告げられる、厳粛な法廷に参加する
という、威厳も、マスコットに持たせて欲しい」
とは、リクエストされなかったのですか?
そんな丸投げなら、税金使うの、止めませんか?

国民は、あなたの数々の非常識な態度を許したわけではなく、
もう、言ってもムダ、って思っているだけです。
選挙の声も聞こえてきます。党本部や、地元からクレームが
来る前に、せめて法務大臣だけは、お辞めになってはいかがですか?
                        
                          敬具

2008年05月25日 拝啓 トラックバック:0 コメント:0

現実?理想?

今日のCNNのヘッドラインは、

・子供600万人の食糧危機深刻化、エチオピア
・犠牲者また増え4万1353人に 四川大地震で政府発表
・ ミャンマー軍事政権、発表、犠牲者総数は7万7738人、
 行方不明者は5万5917人

また、日本からの中国へ向かった、医療支援チームが、
被災最前線での活動を望み、それにあった、人選、装備をして
いったが、結局成都市内の四川大学華西病院で活動することに
なったそうです。

めったに見ないTVニュース番組ですが、木村太郎氏が、
「親切の押し売りは、いけない、中国が望む場所で活動するのが良い」
と、コメントされていました。

でも、単純に思うのですよ、先に書いたCNNのヘッドラインの
死傷者、行方不明者を単純に足せば、617万5千、8名

日本政府や、NGO、個人でも、努力はされていると思いますが、
やはり、この617万5千、8名を考えれば、もっと大がかりな行動が
必要だと思います。

特措法が、お得意の自民党は「世界救済特措法」を作るべきでしょう。
中国へ向かった日本の救援チームが、上手く機能しないのは、
北京と被災地の連絡が困難だからと言われています。
そのことも、衛星携帯を大量に貸し出したり、北京→日本→被災地
という連絡も考えられます。

また、トップダウンの中国ですから、つい、このあいだ、
会ったばかりの温家宝氏に、福田氏は、電話のひとつもしたんですかね。
「我々はあなたの国を侵略はしない、ただ純粋に人道支援がしたいのだ
理解して、欲しい」と
自衛隊には、多くの災害出動の実績があります。
自衛隊が軍隊ではないと、いうなら、装備、人員のすべてを繰り出して、
中国へ、ミャンマーへ行くべきでしょう。

617万5千、8名に何もしない、または、しないように
世界から見られることと、インド洋で給油活動をすることと、
あなたは、どちらが、大切だと、思いますか?

2008年05月22日 やるべきこと トラックバック:0 コメント:0

国際救助  ~サンダーバードに思いをよせて~

中国とミャンマーで、多くの人が助けを求めています。
こういう時に、私は、「サンダーバード」という作品を思い出します。

もう、この作品を知らない方が多いかと思うので、簡単に書けば
ある大富豪が、世界で起きる様々な人災、天災から人々を助けるために
「国際救助隊、サンダーバード」を創設します。
設定は近未来ですが、その発展した技術でも解決できない状況を
サンダーバードは、優れた救助用機器と、純粋な気持ちで打破します。

世界の何処かで「国際救助隊!」と呼べば必ず彼らは救助に向かいます。
ただひとつの約束は、決して彼らが誰で何処に基地があるかを探らない
というものです。

公式HP:http://www.tbjapan.com/

私は常々、自衛隊の解体を主張してきましたが、
その反論に、すでに自衛隊員として生計を立てている人
自衛隊と関わることで、生計を立てている人たちを、どうするのか?
があります。

私の夢は、自衛隊がサンダーバードとなり
世界中の災害に立ち向かうことです。

サンダーバード同様、自衛の為の拳銃は所持しますが武力は持ちません。
24時間待機し、救助要請がなくても、作戦会議を始め、
その装備の準備はします。
状況によっては、すでに災害現場の側まで、移動します。

この日本版サンダーバードが、実績を積み上げれば、今回のミャンマー
政府が限られた国しか受け容れず、被害が広がるという、愚かな選択に
無理に割り込んでも、国際世論が支えてくれると、甘い想像をします。

湾岸戦争で言われた「Show the flag」も叶います。

また、自衛隊が、サンダーバードになることは、
警察や消防ではカバー出来ないことが出来ると思います。
彼らの救助活動で、やっては行けないことは二次災害で
隊員から死者を出すことです。
この考えは、警察、消防という組織を運営する上ではずせないことです。

しかし、自衛官は、有事には自らの死をいとわない人たちです。
決して無茶なことをしていいとも思っていませんし、
死んでもらいたくはありません。
けれど、救助作業のなかでは、成功率は10%しかないが、
100%意味のない作戦ではない、という選択肢も出てくるでしょう。
そういう時に10%にかけることを許される組織があっても
いいと考えます。
また、その選択をして成功することで、10%が20%になり、
次の救助へ、繋がります。

もし実現すれば、最初に書いた、自衛隊で生計を立てている人たちも
いままで通り生計が成り立ちます。

何より「不可解な国、日本」が、世界に認められることが、
最も、国民にとって、有益なことかと思います。

そんな夢をみる、夜です。

2008年05月17日 やるべきこと トラックバック:0 コメント:0

“国民無視”記念日  ~暫定税復活~

あまり、感情的に書くことは、避けてきましたが、今回の民主党の
やり方には、はらわたが煮えくりかえるほど、怒っています。

ガソリンの価格が上がることに反対した政党と
賛成した政党では、前者に人気がでるとは思います。

しかし、基幹産業がなく、道路建設などの公共工事で
メシをくっている人に、

「仕事が中断し、収入が無くなる、先の見通しもつかない」
「現場にいく、ガソリン代が高くて、手取りが下がる」

この二者択一を、迫るのは、あきらかに政治が、
国民を見ていない証拠でしょう。

揮発油税の問題が起きることは、何ヶ月も前から、分かっていました。
民主党は対案を出さず、ただ、自民党を苦境に追い込んだだけです。

「ガソリンが高くなってもいいのですか!?」とだけ叫んでも
「じゃ、仕事はどうなる?」に答えないやりかたは、
次の選挙で、分かりやすい、争点を、身勝手につくっただけで、
先の、答えようがない、二者択一を迫るだけです。

私は、公共工事や、国からの交付税で、暮らすやり方は、根本的には、
賛成できません。
しかし、数ヶ月で、かわれるほどの、簡単なことでもありません。

民主党が、揮発油税無しに、地方が生きていける、明確なプランを
提示しないかぎり、総選挙に勝つどころか、自分たちの人気取りで
やった、わずか一ヶ月の混乱の責任を追及される、だけでしょう。

私は、自民党の独裁には、反対ですが、今回の民主党のやり方は、
国民無視の、政権奪取作戦でしかなく、そのことに、怒りを覚えます。

2008年05月01日 怒り! トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。