スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

消費者庁 ~何ですか、それ?~

福田首相は、来年度、消費者庁創設を発表し、準備に入ったそうです。

私は、元来「小さな政府」を望んでいますが、
「大きな政府」を望む方々でも、首をかしげるのではないでしょうか?

現在、各省庁には、HPなどを通じて、国民の声を聞く部署があります。
それらの機能の弱さ、他の省庁との連携が無いことは、分かっています。
しかし、そのことへの回答が消費者庁創設とは、真因が分かりません。

例えば、毒物の入った食品が見つかり、発見者は、保健所に通報した。
とします、保健所は、事件性を考え、現場の保持と、警察への
通報をしたとします。
そうやって、この問題が調査されはじめ、原因が特定され、
事件と警察が断定すれば、捜索、容疑者の確保、検察への移送、
裁判となる、これで問題は無いですよね。

では、消費者庁が出来ましたとして、同じように毒物の入った食品が
見つかる、国民へ、「何かあったら、まず、消費者庁へ!」
と周知されていれば、まず、消費者庁へ通報。しかし、その近くに
消費者庁の出先機関がなければ、結局は保健所や、警察に、出動要請
するしかないですよね、また、「毒」に関する専門家が、消費者庁に
いなければ、その鑑定は、保健所や警察に依頼する。
事件となれば、警察、検察に動いてもらうしかないですよね。

結局、消費者庁は、何の役に立ったのですか?

今、問題となっているのは各省庁の連携が弱いこと、明らかな法令違反
となるまでは、腰をあげない、の2点かと思います。

この解決には、各省庁が国民からの意見をもちより、
全省庁の問題として、考える機会と時間を作り、その会議を義務化する
また、形骸化しないために、オブザーバーでいいので、国民の参加を
必須とする。

また、事件と判断されなくても、積極的な調査をし、各省庁の権限の
範囲を超えた際に、備えて、その会議に、警察、検察も、加える。
その案件が、風化しないように、2週間に1回は進行具合を、
HPで発表したり、国会に報告する義務を負わせる。

ただ、それだけで、いいのではないですか?
これなら、お金も掛からないし、専門家をムダに雇うこともない、

だいたい、今更、問題にすることですか、首相が、訓辞を述べて、
国会公務員に、ちゃんと、職責を全うしなさいといい、
閣議でも、各大臣に、垣根が出来ないように訓示すればいいだけです。

新たに税金を使うことでは、ないと思います。
スポンサーサイト

2008年04月27日 愚かさ トラックバック:0 コメント:0

民主党には、責任があります。

さて、まもなく、揮発油税が再度課税されます。

この混乱の責任は、民主党にあると考えています。
参議院、第一党になって以来
「民意は、我々にある」と言われる民主党のみなさんですが、
逆に、民意を反映させた、参議院運営をされていますか?

私は、真逆な運営かと思います。

確かに、参議院第一党は、民主党ですが、政権争いに
ねじれ現象をつかっていい、わけが無い、当然です。

逆に、衆議院第一党の自民党と、しっかり連携して、両院の機能が
最大になる努力義務があります。
それを何を勘違いしたか、参議院の動きを勝手に止めて
日銀総裁の決定を遅らせた、揮発油税廃止が、わずか一ヶ月しかもたないことを、わかっていながら、新しい政策を示すこともなく、
政権争いのネタにした。

これは「生活第一」を掲げる党のやることですか?
本当に、揮発油税を廃止し、地方への影響を最小限にする気があるなら、
参議院を止めている暇はなかった筈で、3月末までに、新しい政策を
衆議院でも、可決させる努力をして、参議院でも可決し
「生活第一」を実現するべきではなかったのですか?

参議院第一党ということは、衆議院にたてつく権利を得たのではなく、
衆議院で、民主党が考える政策を、何とか認めさせ、参議院を最短で
通過、国民に1日でも早く、いい暮らしを提供する責務が生じるって
ことだと思います。

小沢氏は「衆議院を解散し、民意を問う」といっていますが、
国民は、あと数日後にガソリンが、再度値上げされるのか?
多くの生活必需品の価格が高くなっていくことに不安を覚えています。

選挙する、暇も、それに税金を使うことも、私は認めません。

ねじれ国会という、マスコミがつけた名前に居座っている、裸の王様、
民主党に、すぐにでも、そこから降りてきて、国会議員の職務に
戻って頂きたいと、強く望みます。

2008年04月27日 許されない トラックバック:0 コメント:0

舛添大臣 ~最低限の働き~

今、厚労省が抱えている問題は、非常に多いと思います。
年金、餃子、牛肉などなど

そんな中、舛添大臣は
「H5N1型のインフルエンザウイルスワクチンを、医療従事者や検疫所の職員計約6000人に事前接種する方針を明らかにした」時事通信
は、すばらしい決断だと思います。

鳥インフルエンザが人から人へ感染する形へ進化することは、
予測できていたことで、この問題にとりくんで来られた方には、
「時、すでに遅し」かも知れませんが、元来、国内感染者が
出てから行う予定を、繰り上げたのは、希な決断かと思います。

舛添氏への、批判を書くことは簡単ですが、
他の大臣が、事件事故の、後追いすら出来ていない中、
彼は、決断し続け、自分に不利なことも、発表してきました。

年金問題が、予定通りに進まないことも、認めました。
これだけでも、異例でしょう。

私は、舛添氏が、特に優れていると言いたいがため
今回の記事を書いている訳ではありません。
他の大臣、国会議員にも、最低限、舛添氏なみの
働きは、して頂きたいと、強く、要望しますし、
いたって、あたりまえのことです。

今、日本は、内側からも、外側からも、壊れかけています。
我々国民も、主権者としての自覚を持たなければ、やはり

「日本は世界の孤児となる」と思います。

2008年04月27日 見習う トラックバック:0 コメント:0

福田首相、欧州訪問、とりやめ ~木を見て森をみず~

少し古い話で恐縮ですが、4月16日に、福田首相の
欧州訪問とりやめが、発表されました。
理由は、町村氏いわく「国内の状況、国会優先ということもある」
とのこと、

もし、そうなら、「木を見て森をみず」だと思います。
揮発有税がどうなるかは、重要な問題です。また、党内を1枚岩に
福田氏が出来ていないことも、恐らく、事実でしょう。

しかし、自民党総裁である前に、日本国の首相であることを
優先させて、頂きたいと、思います。
先だってより、私は「日本は世界の孤児になりつつある、
と書いてきました。
そこから、抜け出して国際社会に戻るには
1:サブプライムに端を発する、世界不況を、「円」の力で回避する
2:京都議定書の次のステップを、具体的に示し、
  環境問題のリーダー格を維持する。
の二つを、ハッキリ盛りこんだ、結果を
洞爺湖サミットで示すことかと思います。

その実現には、サブプライムの影響を大きく受けている欧州の代表と
話し合い、サミット前に、たたき台をつくっておくことが必要です。
また環境問題の現実的な先進国は、欧州です。
その状況を体感し、具体的に、日本は、何を提示出来るか模索し、
サミット以前に、具現化しないと「京都」の名だけが残り、
日本は環境問題、後進国になります。

揮発油税の問題は、国民、そっちのけで、永田町、霞ヶ関、各知事の
パワーバランスとりにしか、見えません。
正直、福田氏が日本に残ったところで、何が出来るんですか?

党首会談で、小沢氏が言った
「一般会計にする案は、政府の方針ですか、
自民党の合意は得られているのですか?」

が、悲しいかな、思い出されます。

福田氏は、パニック状態かもしれませんが、
首相を、お止めになる気がないなら、「木を見て森をみず」には、
陥って頂きたくないと強く思います。

2008年04月27日 考える トラックバック:0 コメント:0

拝啓、福田首相、小沢代表

~民主党の公約、行政のムダをなくして
「生活第一」を実現します。に寄せて~

old sawと申します。

まず、福田首相、
あなたは、昨日の「桜を見る会」で
「物価が上がるとか、しょうがないことはしょうがないんで
耐えて工夫して切り抜けていくことが大事」
と言われましたね、確かに、基本的には物価は上がるでしょう。
しかし、今の時期に発言されるということは、
サブプライム問題の解決に、大きな期待を寄せられている国の
代表の発言としては、軽率です。
また、国民にも、揮発油税の問題を会期中に、解決できず、
結果的に、国内経済の混乱を引き起こした、最高責任者としては
のんびり、しすぎでしょう。

あなたは、度々、民主党のやりたいことが分からない、
対話にならないと、いわれています。そのこと自体は、
私も、そう思います。

しかし、それを踏まえても、あなたは国民に迷惑を
かけてはならないのです。

官房長官時代の、歯切れのいい言葉は、どこへいったのですか?
自民党の古狸と、どうやりやっていくべきか、その頃、充分に
経験されたと思います。

正論では、国民はメシは食えません。お分かりですよね!?


さて、小沢代表、「参議院での勝利は、民意である」と、繰り返し
おっしゃいますが、同時に、衆議院での2/3である、自民党も
民意で支えられています。
あなたは「生活第一」といって、参議院第1党になられました、
揮発油税の問題は、「生活」に直結します。それがわかっていながら
参議院を1ヶ月、止められたのですか?

また、4月を乗り切っても、いずれ衆議院の2/3可決で、揮発油税が
元に戻ることは目に見えています。どうやって阻止するのですか?
党首会談で、青筋立てる福田首相を、ニヤニヤと見ておられましたが、
揮発油税廃止=「生活第一」なら、福田首相と話し合い、2/3可決を
避ける準備を始める時期ではないのですか?
揮発油税が道路特定財源であることが問題なら、具体的には、
どの道路は作って、どこが作らない道路か、ハッキリ国会で
発表されなければ、国民は、民主党が、真に「生活第一」を
考える党か、判断はつきかねます。

もう、時間はありません。本年度予算が可決し地方も動き始めています。
よくも悪くも、揮発油税をあてこんだ内容です。
政権争いに、過ぎないという言葉が、選挙には関係ないとでも
思っているほど、頭の悪い方なのですか、あなたは!?

本当に政権交代して「生活第一」の国にするには、一日でも早く、
具体的な政策協議を自民党と始め、1日でも早く、いや1時間でも
早く、結論を具体的に出してください。

もし、あなたが衆議院解散、民主党が第1党になる画策が第1で、
そのあとに、「生活第一」をやるというなら、あなたは、
何も見えていない人かと思います。

本当に、時間はありません。今日も、ガソリン代の1円の上げ下げに
胃を痛めるほど、考えている人、円高で、事業が一歩も前に行かない
銀行にはつなぎ融資をしてくれないと、絶望している人はいます。
先だっての、一家心中、放火事件は、特殊な例ではありません。

敬具

2008年04月13日 拝啓 トラックバック:0 コメント:0

靖国神社 ~「靖国 YASUKUNI」に寄せて~

靖国という言葉を、何かと耳にすることが多いですね、
例年なら、あと数ヶ月、あとのことですが。

まず、「靖国 YASUKUNI」に関しての、一連の騒ぎの根本は
一部の国会議員が、試写会を望んだということが、
最も大きな問題かと、思っています。

映画が一般的に上映に相応しいかどうかを審査する機関は、すでにあり、
機能を果たしていると思います。
その上で、国会議員という国民から主権をゆだねられている人たちが
別途、試写会を要求することで、その映画に対して、大きな問題がある
と、捉えられても致し方がない、と思います。
具体的には、「靖国 YASUKUNI」が上演に相応しくないという
ハンコを押したに等しく、当然、表現の自由に、かかわる判断をして
しまったということであって、その事に果たして、
その重責を感じて、国会議員の方々は試写会を要求したかに、
大きな疑問があるからです。

さて、靖国神社も、公式に抗議をしたと聞きましたが、
私は、その姿勢に、大きな疑問をもちます。

最初に、書きますが首相を始め、国会議員が靖国神社に参拝すること、
そのものには、私は異論はありません。

靖国神社のことを語るにあたって一番大切にしなければならないことは、
亡くなった、多くの方々の気持ちだと思います。
すでに彼らから、何かを聞き出すことは不可能ですが、
「靖国で会おう」が、例えプロパガンダとしても、現実に、その言葉が
最後の言葉になった方々いるという事実から、靖国神社は、存続して
いなければならないと思います。
また、生き残れた方々、そこから、今日まで生まれてきた人たちは、
わずか60年前のことに、無責任であってはならないと思えば、
死者の最後の言葉を、無視出来ないと思います。

ただ、中国の方々、朝鮮半島の方々など「靖国で会おう」という言葉が、
死者を大事にすることとは思えない方々もいます。

戦死者の合祀から、戦犯だけをはずすことは出来ないといってきた、
靖国神社ですが、その成り立ちが、旧帝国海軍にあることを思えば、
戦争に関与したという認識は、持って頂きたく、具体的には、
靖国神社に祀られることを望まない遺族の申し出には、答える責任が
あると思います。
良くも悪くも、神道は、縛りの緩い宗教と考えますので、
特別に、軍神から、ひとりの人間の魂にもどる儀式を考える余地は
あるはずです。

それが出来れば、何も、無理やりに、あらたな慰霊の建物を造らずとも、
「靖国で会おう」を守ることが戦死者への慰霊と考える方々は、
折りにふれ、参拝されればいいし、そうは思えない方々は、
魂を、戻してもらい、最も相応しい場所に、帰されればいいと思います。

そして、国会議員の方々は、公務優先で、誰から見ても、その方の休日
という日に参拝すればいいかと思います。
ただ、首相や大臣は、警護の問題がありますから、8月15日の参拝が
無理であったり、前後のスケジュールを考えると、公用車で靖国神社に
行かなければならないこともあるでしょう。その点は致し方がないと
私は思います。

以上の観点にたてば、靖国神社は、やはり特殊な神社であり、
簡単に「靖国 YASUKUNI」に抗議するというのは軽率だと思います。

2008年04月13日 考える トラックバック:0 コメント:0

孤児 ~初めの一歩~

このところ、更新していませんでしたが、あまりにも多くのことが起き、
かつ、私が危惧する「世界の孤児となる」に繋がることばかりで、
どう書けばいいのか、躊躇していました。

まず、日銀総裁人事
サブプライム問題では、先にも書きましたが、日本経済の特徴、
銀行と役所が連動して、経済基盤を守ってきた、悪しき習慣に、
各国がやむなく期待したと、思われますが、その国の主要銀行の人事で
世界に通ずる形で論争しているならともかく、利権争いのような形で
決定が出なかったということで、大きく信頼を失ったかと思います。
遅ればせながら、総裁が決まっても、相場には影響が出ませんでした。
これは、日本は「世界経済の孤児」となる一歩かと考えてしまいました。
これを書いている最中にG8の総括がされているかと思いますが、
そこに、日本が世界恐慌の防波堤となることが期待される旨の文言が
あればいいのですが、何も日本に期待していないということが、
暗に記されていれば、まさに、「世界経済の孤児」への一歩目を
歩んだことになり、再度、信用を得ることが困難かと予測されますので、
まずは、早急に日本経済の安定的成長を助ける対策がなされ、
出来ることなら、洞爺湖サミットには、それが具体化していなければ
二歩目を歩むこととなり、ますます、信用を取り戻すことが困難になり、
ゾッとする、状況が目に見えています。

チベット問題で、一度だけ(私の記憶が正しければ)各国の政府関係者、
マスコミを、紛争地域に立ち入りすることを、許した日があったかと
思いますが、日本政府関係者は、「在留邦人の、安全を依頼してきた」
とだけコメントしました。
いままでの日中関係の関係修正が出来る、絶好の機会が、
今回のチベット問題であり、
もう一歩進めれば、アジアの平和を武力行使なしで解決できる
という段階まで、持ち込めると考えるのですが、政府は、逆に、
はれ物にさわるような状況で、日中関係だけでなく、アジアの、世界の
平和を願う人たちの期待を裏切ったということになり、
「世界平和へと進む、地球全体の動きに取り残されつつある、
孤児への一歩」と残念ながら、考えざるを得ません。

先のチベット問題と繋がりますが、聖火リレーへの妨害行為に、
私自身は、まず「暴力」を持ち込むことには、強く反対しますが、
「中華思想」という、私には、中国政府が国際社会の政治経済へ、
参加する際には切り離して頂きたい、ものに、気がついて頂く
いい機会とは考えています。
(無論、文化文明としての中華思想を否定するものでは、ありません)
よって、やはり、最も近い近代的な国家として、まもなく多くの国民を
中国へ送り出す国として、しっかりとした声明を出して頂きたいと
強く願います。

さて、揮発油税ですが、誰に責任があるかというよりは、
この先の政策には、まさに国民が納得いく、慎重かつ適切なもので
なければ、ただでさえ、選挙に何も期待しない国民が、ますます、
「政治離れ」して、より、立て直しが困難になってしまいます。
二大政党制には、異論はありませんが、自民党内部を掌握しているとは、
永田町では思われていない総裁と、あきらかに利権を握りたいと言える
小沢代表の、党首討論は、子供のケンカ以下でした。

私に理解できないことは、自民党内部で、
いわば福田氏に造反している方々、
小沢氏を代表に据える、選挙対策、第一とし見られない政党に
所属している方々、
ここまで、国民の生活から目線をそらして、何が出来ると
思っているのですか?
特に、今回はガソリンの値段が変わるという、ひょっとしたら
今まで、選挙に行かなかった方々も選挙に参加するかもしれない
問題が解決していないこと。
あらゆるといっていいものの、価格が上がっている現状では、いわゆる
主婦のみなさんの意見は、大きく選挙に影響するかと思います。

先に書いた、「孤児への一歩」を、再度、もとに戻す、手がかりとして
選挙結果に、現れてくることを、強く希望します。
無論、もっと、世界に期待される国に、なることが最善です。

2008年04月12日 考える トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。