スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

国民は『死』を選んでしまいました

やっと、本年度予算案が、衆議院の2/3以上の可決という、形で
成立しました。

しかし、ガソリンの暫定税は、廃止されます。

これに対し、福田首相は、「年度末まで数日ある、努力したい、野党と話し合いたいので、協力を求める」とコメント、
小沢氏は「衆議院解散が予想される」と東京を離れ、
選挙対策の為、地方へ向かいました。
鳩山氏は「残念な結果に終わった、政権交代が必要だ」
と過去形でコメント。

私は、民主党のみなさんの言動が理解できません。
ガソリンの暫定税がどうなるかで、販売側も、消費者側も、
すでに混乱状態です。
予算は成立はしましたが、こんなに年度末近くに決定しては、
あきらかに、国民の生活に支障を来します。

全ての責任が民主党にあるとは、言えませんが、
「生活第一」を掲げる党の要職者が、あきらかに生活が混乱している中、
すべては自民党の責任とばかりに、国民から目線を外した
言動をされることが理解できません。
衆議院の解散権を持たない民主党の代表が、生活の混乱の収拾ではなく、
選挙対策に向かう。
年度末まで、数日有り、首相から、話し合いたいと言われている党の
幹事長が、すでに終わったことと、勝手に判断し、さも政権交代が
出来なかったから、この混乱が起きているという本末転倒の談話をする。

これらの言動から言えることは、民主党は国民の生活を無視している、
また、政権交代と言えば、聞こえはいいですが、自民党内での
派閥争いと同じく、利権の奪い合いの延長で、民主党を作ったとしか
思えません。

昨日、都内で無理心中事件が起きました。今現在の情報では
父親が、営む会社の先行きに、不安を覚えた末の犯行とされています。
亡くなった方々は生き返らないし、父親のやったことも消せはしません、
しかし、中小企業が石油の高騰などで困窮していることは周知のことで、これらの解決に、行政だけの努力では非力なことは分かり切っています。

しかし国会はいたずらに予算成立を遅らせ暫定税も解決しませんでした。
自民党、お得意の特措法で、国民の生活を安定させることも
出来たと思います。
民主党も「生活第一」とうたうなら、期限をきって与党案を成立させる
という選択肢もあったと思います。
しかし結果的には福田首相の「残り数日、努力する」という言葉だけが
虚しく宙に浮いただけの、3月29日となりました。

無理心中事件は、特殊な事件ではないと思います。
数ヶ月先まででも、いいので希望のもてる何か方策を示さない限り、
類似した事件はおきます。

国民が『死』しか選択肢のない国家運営って、あっていいのでしょうか?
いいわけがありません。参議院に解散が無い以上、
民主党の責務は重いのです。それを自覚して頂きたい。

また、福田首相を筆頭に、自民党の皆さんにも、同様に
次回の選挙への目線を変えて、今、具体的に動かなければ、
国民を死に追いやることを、自覚して頂きたいと思います。

突然、都政に話は変わりますが、使途不明の、新銀行東京への
公金400億円投入、可決はされましたが、見直しが出来ない訳では
ありません。度々、例に出してしまいますが、無理心中事件の原因が
会社の将来への不安なら、新銀行東京が機能していれば、
起こらなかった事件だったかもしれないことを、石原都知事、
東京都、都議会議員の皆さんには、自覚して頂き、猛省を望みます。
スポンサーサイト

2008年03月29日 許されない トラックバック:0 コメント:0

日本語の怖さ

マスコミは、何か新しいことが起きると、そのことを端的に表す為に
新しい言葉を作ります。

道路族、ねじれ国会、格差社会、○○偽装、などなど

報道する側には、それを見聞きする人たちのために、
わかりやすく伝えるという義務はあるかと思います。
しかし、新しい言葉を作ることの怖さも知って頂きたい。

例えば、『ねじれ国会』
元来2院政の日本では、衆議院の与党と参議院の与党が違って当然です。
物事は多面的、人の生き方も多面的、このことを反映させて国家運営に
あたる為に、存在する2院政かと、私は思っています。
しかし、いったん『ねじれ国会』と名付けると、あたかも異例の状態に
感じるから不思議です。

例えば、米国では、下院、上院の与党が異なり、大統領選の年という
こともあって、ブッシュ大統領は、綱渡り状態です。

このことを
「下院、上院での、意見の食い違い、大統領選への影響を考えれば、
大統領は、苦渋の選択を迫られています」と書くのと

「ねじれ国会に揮発油税、福田首相の力量が試されています」では、

似た状態にある2者なのに、ブッシュ氏は困難な立場にいる、とだけ
福田氏は、異例の状況に追い込まれたと、とられる可能性は高いです。

『道路族』というくくりかたも、問題があります。
利権を元に国会議員となり、その後も、その利権を維持するという
国会議員がやってはいけないことをやっている人たちを
『道路族』と呼んで、その存在を認めていいのでしょうか?
『道路権益に依存する国民の幸福に寄与しない違法性のある国会議員』
と、長くはなりますが、「違法な存在」と注釈を添えなければ、
やがて、そういう国会議員も、いるのかと、受け流す国民も出てきます。

逆のこともあります。『暴走族』がいい例です。
私は、オートバイに乗りますが、それだけで、道交法を守らない人と
決めつけられた経験があります。無論、その認識は間違っています。
例えば、モータースポーツとして二輪車に乗ることは、欧州では、
時には、貴族的な扱いを受けます。そして世界チャンピオンとなった
日本人も大勢いらしゃいますが、
『暴走族』という言葉が邪魔をするのか、報道されることは少ないです。

言葉を作るということは、起きていること、変化していることを
一点からの視点で固定化するという、危険が伴うことを
言葉を扱うプロである、マスコミのみなさんには自覚して頂きたいと
切に願います。

2008年03月28日 拝啓 トラックバック:0 コメント:0

国会、国会議員とは

昨夜の福田首相の会見への、国会議員のコメントが、あまりにも幼稚、
そして、それ以上に、国会議員とは何に責務があるのか、
国会が2院政である意味は何か、こんな中学校までに学習することすら
理解し、行動できない人たちが、バッジをつけていることを
腹立たしく思います。

まず、伊吹幹事長、この方は、文科省時代から、はき違えた発言のある
人です「首相が述べられたことは政府の考えで党として認めていない」
という主旨のコメントでした、衆議院での与党幹事長が、自分たちで
選出した首相の発言を、自ら否定することが、ダブルスタンダード
つまり、やってはいけないことだと、何故、分からないのですか?

国会議員となったからには、国民の代表です、いくら政党の要職に
あっても、この立場を離れられないのです。

いわゆる道路族の方々も、同じです。
自ら選出した首相が、道路建設を見直すと言えば、まず、受け容れて
異論があれば、国会で議論する、当たり前のことです。

福田首相が、民主党に「何故、話し合いに応じて頂けないかわからない」
といわれました。これは、まったくその通りです。

マスコミの取材に「与党案が、修正されたとは思えない」と発言する
小沢代表を始めとする民主党要職の方々ですが、発言する場所を
間違えています。そう思うのなら、参議院で言って頂きたい、
そして、徹底的な議論をし、最終的に採決する。
こんな当たり前のことが、何故、出来ないのですか!?

2院政は、利権のやりとりの為にあるのではありません。
物事は多面的であり、衆議院という国民の代表であることが、
重く課せられた場と、参議院という、同じ国民の代表でも、
違う視点を持つ場で、議論を尽くせば、完全な答えではないにしろ
かなり現実的で、国民の意思を反映させた決定がなされるであろう
という、いたって単純な意味であり、それ以上でも以下でもありません。

今、すぐ、国会議員のみなさんには、ここまで述べた基礎の基礎を
自覚して頂き、即日、実行に移して頂きたい。

国民は、今日のお昼に、500円使うか、550円使うかに悩み
ガソリンスタンドの経営者、従業員は、すでに国会への期待を棄て
今日の販売方針、明日の販売方針を、寝る間も無く考えています。
年金に期待出来なくなった人たちは、為替や株価の推移を
食い入るように、見て、夜も眠られないのです。

これら、国民を、不幸せにしているのは、国会議員のみなさんです。

2008年03月28日 拝啓 トラックバック:0 コメント:0

予想は当たっても・・・

私は以前、サブプライム問題の解決として、日本経済への期待が大きい、
その自覚を経済界、政界も持つべきだと書きました。

昨夜のニュース番組で、ヘッジファンドのTCI、Jパワー(電源開発)
との関係で注目されている、物言う株主の代表的存在が
「日本経済への期待は大きかったが、今は失望している」と語りました。

これが、どれだけ日本の今、将来に対して大きな意味を持つことを
自覚している国会議員がいるのかといえば、ゼロに等しいでしょう。

輸出で成り立っている日本、しかも、原材料を輸入に頼っていることも
平行して存在するのも事実。
そんな国が、世界の経済動向から取り残されて、成り立ちますか?
私は、無理だと思います。

日銀総裁問題に続き、揮発油税、各業界を守る形となっている特別減税、
これらの早急な見直しと、即効性のある具体的な決定がなければ、
例え世界のトヨタでも、所詮は下請け会社と一体となって存続している
以上は、それら中小企業が経営破綻すれば、大きな痛手を負います。

昨日、福田首相は、自民党や内閣への根回しなしに、会見を開きました。
その事自体は、評価に値すると思います。
しかし、その発言を受けての国会議員のコメントが、あまりにも幼稚で、
海外から見れば、結果的には、「日本は、良くわからない国」として
また、失望感をつのらせた、だけだと思います。

理屈で警告するのではなく、実際に私たちの暮らしが
立ち行かなくなる日が、目の前に迫っています。

今回の予想だけは、あたって欲しくありません。
ものいわぬ国民から、脱却しない限り、日々の暮らしが壊れかけている
ことが、止められないことを、みなさんに自覚して頂きたいと思います。

2008年03月28日 やるべきこと トラックバック:0 コメント:0

何かをやりましょう!

為替も、株価も、前代未聞の状況になっています。
世界恐慌という言葉も、現実味を帯びてきたという話も聞きます。
しかも、「円」がキーワードです。

「経済大国」「経済先進国」として世界に認知されている日本には
この状況に介入して当然で、大きな改善の主軸となるべきという期待が
世界中からあるのは、当然です。

そんな時に主要銀行の総裁人事が、単なる政治利権の為に前進しません。

今まで、日本に、円に関心や期待を寄せていた人たちや、各国政府は
どう考えているのでしょうか、この醜態を?

外聞は、どうでもいいと開き直っても、日本は輸出で飯食ってる国です、
その国の政府が、国内経済への、指針すら示さないって、
いったい、どういうことですか!?

中国では、内戦ともいえる、チベット自治区での争乱。
在住邦人の保護は当然ながら、アジアの一員として、
日本は、何らかの意思表示をするべきだと思います。
そうでなければ、このまま、第二次胡錦濤政権を認めることになり
日中間で山積する問題の解決の糸口を逃すことになります。

アジアの平和維持に、世界でもっとも、責任がある日本が、
その責務を果たしていないということは、また
第二次世界大戦で犯した過ちの謝罪や、責任の問題の解決へ、
日本が努力していないという評価に繋がります。

これらのことは、単に自民党や民主党を責めればいいとか、
次回の選挙で意思表示をすればいいと、いうほど、
悠長なことではありません。

私たち、日本国国民は、政治を政府任せにすることを止める
「飼い慣らされた国民」から
「自分の為に、自分にとって大切な人の為に行動する国民」
へ変わるべき時だと、思います。

わずか60年前に政府任せにした結果、何が起きたか、
3月10日を、8月6日、9日、15日は、何だったか
南の島で、今も放置されている亡骸に、どう報いるか

私も、ブログを書くことだけではなく、
何かを具体的にやろうと思っています。

具体的な行動は、手探りでいいと思います。
何しろ、江戸から、いままで、そういう生き方を
我々はやってきたのですから。

2008年03月18日 やるべきこと トラックバック:0 コメント:0

自衛隊は、やっぱり「軍隊」

先日、「ニュース23(TBS系列)」での、石破氏の発言、
慎重に、言葉を選んでの、受け答えでした。

終始「1年365日24時間、稼働出来る組織」と
自衛隊を、呼ばれました。

航海長を、ヘリを使って呼んだことも、まず、
「1年365日24時間、稼働出来る組織」なのかの確認で
捜査への不当な介入では無いと言い、

情報が次々と変わったのも「その段階で言えることを申し上げただけで
意図的に変えたのではありません。」
と言われました。

以上の発言を分かりやすく言えば、
「常に臨戦態勢にいなければならない、軍隊が、その機能を
失っていないかの確認をし、その後も、軍事活動に支障がないか、
確認しながら、情報を発表したので、順次、言えることが増えた」
ってことだと思います。

石破氏の立場にたてば、シビリアンコントロールを守るのは
自分の責務であり、具体的には
捜査の邪魔(=自衛隊の事情優先)は、しない。
自衛隊の機能確認(=自衛隊という軍隊が国防力を失っていないか?)
を、同時に行った、苦渋の選択であったと言いたかったのだと思います。

一方、イージス艦の、乗組員の意識がどこにあったのかと言えば、
世界に数隻しかいない、最新兵器に傷をつけてしまったというパニック。
そして、イージス艦としての機能をそこなっていないか、の確認を
しなければならないという「軍人」としての反射的な反応でしょう。

これは、「国民を守る」ではなく「戦力維持」優先が、
自衛官教育の根幹だと露呈したということではないでしょうか?

国家には自衛権がある、ということで、ここまで大きくなった
自衛隊ですが、もうすでに、国民を守る組織を超えて、軍隊という
「戦う」ことを専門にする組織へ、誤った育ち方をしたということを
まず、我々が、自覚し、一日でも早い、方向転換をすることが
主権者である我々の責務です。

石破氏のいうとおり、今、この瞬間も、戦闘機は飛び、護衛艦も
戦車も稼働しています。次の事故は、いつ、起こっても不思議ではなく、
そこに巻き込まれる国民は、「なだしお事件」「イージス艦衝突」に続く
3番目の犠牲者となります、それは、私でも、あなたであっても
不思議ではありません。

2008年03月08日 考える トラックバック:0 コメント:0

防衛費

昨日(3月4日)の夕方以降の、テレビニュースは、民放、NHK
ともに「中国の防衛費、2桁の、伸び、約6兆円」
そして、このことが、東アジアの安定に、悪い影響を
与えていると付け加えました。

日本の防衛費は、約5兆円、この金額は、東アジアの安定に悪い影響を
与えていないのですか?まして在日米軍の戦力を加えれば、
もっと、強い影響を与えます。

ニュース番組に、何らかの圧力があるということは、
国の免許事業である時点で、予測はつきますが、今回の報道はひどい、
折しも、イージス艦の事故、小松空港での、危機
ベトナムでの護衛艦、接触事故
(私は、まだ詳細には検討していませんが)

洞爺湖サミットが近い、この時期に、鬼の首でもとったような
内容で放送することですか?

守屋氏の事件も、政治家や、制服には手が及んでいないようですし、
根本的に武器調達の改編の声も聞こえませんし、問題の輸送機の開発も
続いているようです。

その他、次期、主力戦闘機、次期主力戦車、
特に、戦車は、いわゆるテロとの戦い=市街戦では、
各国とも、現在の戦車では、対応できないと、根本的に考え直している。
そんな中、また、国産で時代遅れの戦車ですか!?

一連の、石破氏の件でも書きましたが、選挙対策のパフォーマンスを
やっている暇は、国会議員には、無いはずです。
今、日本が抱えている問題は、膨大です。

お願いですから、防衛費、5兆円、他のことにつかいませんか?

2008年03月05日 お金 トラックバック:0 コメント:0

何がしたいのですか? ~国会議員のみなさんへ~

先ほど、社民党の辻元議員の、国会での答弁を聞きました。
また、代表の福島氏のインタビューも聞きました。

彼女たちから出る言葉は、「石破氏の、即刻辞任」です。
しかし、石破氏の「痛みを感じている方々へ、
何かをやることが、責務と考える」
に比べれば、批判の為の批判としか聞こえません。

もし、私が国会議員なら、まず、第一に、現状の海自は、訓練含め
活動を停止しているかの確認です。
次に、残された家族へ、どんな救済ができるのか、
もし、そういう法がなければ、それこそ、自民党のおハコ、特措法の
提出を考えます。
こういうことが、「国民の目線」では、ないのでしょうか?

予算案も、衆議院を通りました。野党は民主党を中心に欠席されました。
しかし、そんな幼稚な方法しかないのですか?
特定税率の見直し、道路建設計画の見直しなど、具体的な対案は
出されたのですか?古いやり方ですが、牛歩戦術でも
意味があった可能性は、あります。可決が2月29日か3月1日かで
参議院の結論がどうあれ、「30日間で可決とする」を適用できなく
なります。インタビューに「我々の意見を聞かない議長が・・・」
の鳩山氏の言葉には、参院で暴れて、選挙民にアピール出来ればいい
どのみち今回の予算を通さなければ、選挙に勝てないが透けて見えます。

また、自民党の伊吹幹事長も、「参加されなくて残念です」
とまるで、他人事のように感想を言われましたが、
与党として、国民の言葉を、拾いきれなかった反省の言葉が
あって然るべきかと思います。

本当に、本当に、国会議員のみなさん、
普通に、極々、普通に国民の代表を、お願いします。

私たち国民の多くは憲法に定めれられた義務は果たしています。

2008年03月01日 拝啓 トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。