スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

私が経験した死

終戦記念日ですね。
(「敗戦」という言葉に重きを置かれる方の立場を無視はしていません。
 通例で、終戦と書かせて頂きます。)
僕が経験した死の話をします。
その中には、受け入れられたものと、今でも、受け入れられないものがあります。

まずは、祖父の死、まだ小学校のまんなか位でした。当時、私の家族や、叔父、叔母などいて
大家族でしたし、祖父が創設した会社に、関わることで、みな生計を立てていたこともあって、
祖父は「偉大な人」でした。ある日突然、祖父はいなくなり、数ヶ月して戻ってきましたが、
全く、別人のような、小柄な老人となっていました。今、思えば、末期ガンで、
死を自宅で迎える為の帰宅だったのだと思います。家族が祖父の部屋への出入りをしなくなったのに
私は、よく祖父の部屋へ行きました。その結果「偉大な人」と「小柄な老人」は私のなかでは
同一人物となり、「祖父の死」も実際の死を迎える前に、受け入れていた気がします。

次は、祖母の死です。彼女とは、あまり話したことがなかったのですが、敬虔なキリスト教徒で
教会に安置された遺体の側に、一晩にいて、「清廉な人」だったなと、思い出していました。
翌日、火葬にされ、遺骨は真っ白でした。外は、桜の花吹雪で、前日に感じた清廉さと
遺骨の白さ、桜の淡い色が合い混じって、祖母の死を、私は、映像として受け入れました。

大人になって、辛かった死としては、同じ年の友人が病死したことです。
彼とはある飲み屋で、出会い、その飲み屋も、店を開いてまもなく、オーナー店長と、
彼と私で、その店の「空気」を作り上げました。
日常の友人では無く、その飲み屋にいるときだけの友人でしたが、二人とも、
毎日通っていましたから、お互いに、気心はしれていました。
彼は一人暮らしで、家にいる時に病死し、数日後に、店に来ないことを不審に思った店長が
彼の家に行き、死体を発見しました。知らせを聞いて、耳を疑い、飲み友達が集まった、その店でも、
彼の死を受け止められずにいるものが多くいました。
翌日、初めて、彼の死体を見ました。それは、一緒に飲んでいた、朗らかな彼では無く、
見知らぬ、太った中年の男の死体でした。その時、ハッキリと私の気持ちは定まりました。
彼と過ごした、あの店は、今もある、ならば、何かの形で彼と、再会出来るという確信と、
飲み屋以外でも、当然暮らしていた、彼が死んだということが
まったく両立したのです。

今でも、受け入れきれない死があります。仕事仲間の自殺です。
彼は、仕事に誠意があり、理想を掲げていました。ただ、彼の求めていた理想は、
今も、実現にいたってはいませんし、誠意をもって、その仕事に従事する人が増えたり、
そうなる職場環境の整備も遅れています。

彼は、その後、同じ仕事ながら職場は変えました。その職場が彼の理想に近いと本人から聞きました。
地方で自殺し、そこで火葬にされ、職場も変わっていたので、彼の死体を見ることもなければ、
最後の職場で、何があったかを知る術もありませんでした。
彼の死を受け入れられない理由は、私が今も、彼と同じ仕事をしながら、前に進めていない
ことも、大きいのですが、振り返れば、私が彼の死体を見ていない、遺骨すら見ていない
ことも大きい気がします。

当然のことながら、死は受け入れがたいことではありますが、私のほんの少しの経験から
言えることは、死の直前に同席したり、死体を、ゆっくり見る時間があったり、
死にゆく人から、何かのメッセージを受けとれないと、残されたものが、死を受け入れることが、より困難で、切なく、やりきれないものとなるなということです。
先の戦争で、亡くなった方々の遺骨の収集や、生き残った方々が、最後の戦いを語られることは
とても大事なことだと、改めて、思います。
スポンサーサイト

2007年08月15日 期待 トラックバック:0 コメント:0

ひげの隊長

恐ろしい言葉を聞きました。私が、このブログを書くキッカケとなった、
「いつかきた道」に、すでに片足を踏み入れているのかもしれません、日本は。

恐ろしかったのは、先日当選を果たした「ひげの隊長」こと佐藤正久議員の発言です。
彼は、テレビのインタビューで、駆けつけ警護に関して
『自分がイラクに駐屯している間に、もし、オランダ軍が攻撃を受ければ、
情報収集として現場へ自衛隊を派遣し、現実には、
「駆けつけ警備」として交戦するつもりだった』と語りました。

これは、「シビリアンコントロール」をまったく無視しています。
彼の当時の階級は一等陸佐、実質的な最高責任者であり、イラクにいた陸自を、
実際に「駆けつけ警備」に参加させることが出来た人です。

彼の言葉は『日本の国内法に違反することは認識していたが実行したかもしれない』
と続きます。
一等陸佐であった時に、法を違反する行動に出る意志があったのなら、
佐藤一等陸佐は、まったく、シビリアンコントロールを理解していないか、
理解はしているが尊守する気持ちがなかった、
現場は、現場なりの行動の取り方をするという意志があったとなります。

他の現役一等陸佐や、海自、空自で、同様な考えを持っている人がいるという想像は
僕だけの、妄想では無いでしょう。
このことは、かつての日中戦争の発端となった、「廬溝橋事件」が再び起きるという
予想の根拠ともなります。

まだ、マスコミは佐藤議員の言葉を大きくは報じていないようですが、
自衛隊の未来を語る前に、自衛官、特に佐官級の再教育をするのが、
「コンプライアンス」が盛んに言われる、今の現状にあった行動ですし、
社保庁を解体しなければ、正確な年金支給が行われないという政府の判断を
シビリアンコントロールに当てはめれば、
自衛隊も、自身の憲法下の位置づけを再確認し、状況によっては、
責務のある地位にいる隊員の更迭、「シビリアンコントロール」を管理するセクションを
防衛省の外におく必要があるのかもしれません。

最後になりましたが、私は、憲法9条を、言葉通りに尊重し、
自衛隊を、違憲と考え、即時解体を望んでいます。

2007年08月11日 怒り! トラックバック:0 コメント:0

「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」の皆様へ

昨日(8月10日)「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」が、
首相官邸で開かれたそうです。
そこで、出た話として
『「駆けつけ警護」について、国際的常識で容認すべきとの意見が大勢を占めた』
そうです。根拠としては、
「憲法解釈と国際社会の現状の整合性をとるべきだ」
「国際平和活動では他国軍との信頼関係が不可欠。
自衛隊に自己防衛しか認めないのは非常識だ」
そうですが、この二つ共に、憲法の位置づけを誤認しています。

日本国憲法は、立憲主義に基づく憲法であり、
第一の意義は、国家の専断を排し国民の権利を保証することです。

さて、懇談会で出た意見を、この憲法の規定から見直すと、まったく、憲法の持つ、
とても基本的な意義がなくなると思います。

『国際社会の現状との整合性をとる』という考え方を採用すると、
これだけ、日々、変化する国際社会の変動に合わせて、憲法解釈を変更すれば、
日本という国家のあり方が定まりません。

そして、憲法の位置づけ=日本という国の規定、
国家と国民の契約ということも揺らいでしまいます。

結果的に国際社会からは、「日本は、どういう国か?」という疑問が起き、
ただでさえ、62年前の敗戦への反省や、責任を果たしているのか?
という東アジアを中心に起きている、日本への不信感が増し
却って国際社会への悪影響がでます。
また、国家と国民の契約の観点からも、もし、世界規模で、徴兵制が導入されたら、
日本も同様にとなる可能性があり、国民から幸福を得る権利を奪うことになる危険があります。

また、『自衛隊に自己防衛しか認めないのは非常識』は、現場からの声としては、
理解できますが、実際には「非常識」を生み出したのは、テロ特措法を作らなければ、
海外にいくことも出来ない、まだまだ、その位置を国民の総意として確立していない、
自衛隊を海外に派遣したことかくる歪みで、本末転倒です。
武力行使が予想される場所へ、自衛隊を派遣した、無理矢理な判断が
間違っていて、現場の声は、そこから生まれもので、憲法の見直しの根拠とはなりません。




2007年08月11日 愚かさ トラックバック:0 コメント:0

純粋培養

以前から、阿部晋三さんのことを、沢山書きましたが、
今回の参議院選挙での彼の言動や表情を見ていると、彼が「政治家」として
純粋培養され、抵抗力の弱い人だということが浮き彫りになった気がします。

阿部さんの表情の変化は、彼の個性を表す、いい材料を私にくれました。
次々と、議席が奪われていくなか、自民党幹部の表情も暗くなっていきます。
「ここまで負けるとは予想外だ」という感情が伝わってきます。
一方、阿部さんは、絵に描いたように愕然とした顔になっていきます。
まったく予想外のことが起きたような表情でした。

続投を宣言した彼の表情は、ある意味「心ここにあらず」といった感を受けました。
憶測ですが、彼は議席を失ったことを正視出来ず、続投を宣言することで
人格が崩壊するのを避けたかのように見えました。

このことは言葉にも表れます「国民は美しい国作りには賛成している」
「国民との約束を果たすことが、私の責任だ」と、続投の理由を述べますが、
その中身は無く、やはり、続投は具体的な打開策を伴ったものでは無いことがわかりました。

確かに、参議院で第1党の座を奪われたからといって、首相が辞める必要はないでしょう。
しかし、続投の裏付けには、阿部さん自身がいっていることの具体化がなければなりません。
自民党では、誰が猫に鈴をつけにいくのか、虎視眈々と見守っている方々がいますが、
結局は、阿部さんの続投を認めるにしろ、退陣を要求するにせよ、具体的な政策がなければ
いずれやってくる衆議院選挙でも、自民党は敗北します。

その意味では、長年、与党であったことが自民党を純粋培養し、具体的で国民に理解される
国政の運営が出来なくなっているのかとも思います。

2007年08月11日 考える トラックバック:0 コメント:0

言葉でくくる

参議院選の結果は、まだまだ、尾を引いていますが、ここで、私が日頃考えている
何かを「言葉でくくる」危険性に沿って、参議院選を振り返ります。

さて、「言葉でくくる」という意味は、どんなことでも、どんな人格でも、多面性があるのに、
何かひとことで、表してしまうことを、ここでは指します。
そして、くくることで、その出来事や、人格に「見ない部分」を作り出し、
言葉では、理解したようでも、実は、「臭いものに蓋」だけで、何の解決や前進にならないこと、
そして、また、くくることで、そのことの本質や事実と違った、虚像を生み出すこと
を意味します。

さて、選挙前に、「勝敗」という言葉が、今まで僕が記憶している過去の選挙と比較しても、
多く使われた気がします。その最も最たるものが、阿部晋三さんが
「私と、小沢さんの、どちらを選びますか?」です。
この時点で、すでに「見えない」部分を作り出しています。
以前「勝ち負け?」という項目で、書いたとおり、選挙を簡単に勝ち負けでは表せません。
この「勝敗」というくくりで、今、日本が抱えている具体的な問題が語られることが減り
単に阿部さんを選ぶか小沢さんを選ぶかの二択に置き換えられてしまいました。

さて、選挙速報が始まった午後9時頃から、また、言葉のくくりが始まります。
民主党の候補の当確発表が続き、民主党のみなさんは、歓喜しだし、
自民党のみなさんは、苦虫をつぶしたような表情になります。
そして「歴史的敗北」「民主党が参議院第1党」と、くくられた時の、
関係者の表情の変化が、とても興味深く、今の国会が、国民の代表の集まりではないことが
明確になっていきます。
まず、勝利を予想はしていたものの、「参議院第1党」とくくられたとたんに、
彼らは言葉を失います。勝つことには努力したが、具体的に、国政を担う策がなかったのです。
「勝敗」とくくられたことで、政策の内容を煮詰める作業を忘れ、勝てば、国民から
具体的な要求が出て、結果を残さなければ次回の選挙では負けることに、今更気付いたのです。

一方、自民党は、負けることは、わかってはいたものの、敗北が何を意味するか、
恐らく、考えてはいなかったようです。
衆議院で過半数の議席を持っている責任からくる、国政を停滞させない責務、
阿部内閣が起こした問題が、再度問題視され早急な対策が必要となることを
誰も予想し、具体的な案を考えてはいなかったように見えます。
「歴史的敗北」とくくられたことで、ハードルは高くなり、前にも後ろにも、行けない状況に追い込まれたように、見えます。
そして「民意」という言葉のくくりが生まれて、民主党にも、自民党にも、
この選挙の結果を乗り越える策が無いことを、「民意を受けて」の一言で
隠そうとしていますが、果たして、この次に出てくる、くくられた言葉は、
何を浮き彫りにするのか。または、隠すのでしょうか?

いずれにせよ、言葉でくくることの危険性は、この一連の流れで、ハッキリしてきました。
新聞や、ニュース番組の製作に関わる方にも、この危険性は、ご理解頂きたいと思っています。

2007年08月11日 やるべきこと トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。