スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ジャスミン革命 ~明暗は今後に…~

中東ではインターネットなどの通信技術を使った首謀者無き革命が
次々と起き、あのカダフィ大佐さえ、その地位は風前の灯火です。
確かに長期独裁政権が国民にもたらす害はあります。
しかし同時に、その政治体制だからこそ起きなかった害もあるのです。
イラク戦争が、分かり易い例です。確かにフセイン氏がいなくなって
憲法も議会も出来ましたが、幸福な生活どころか、
治安維持もままなりません。
元来、他民族で、同じイスラム教徒でも、全く意見の違う者達の
集まりですので、議会制民主主義で解決出来ること、
出来ないことがあります。
何より、まがりなりにも社会主義国家でしたから
無職の者はいなかったのです。体制の崩壊と共に、
いっきに無職となり、基幹産業もあてにならなくなりました。

エジプトでは現実に次の政権作りが、まるで、次の独裁者選びのように
私には感じられます。
比較的民主的だったエジプトですらそんな、きな臭さを出すのですから
イランの明日は、どうなるのでしょうか?

国民生活の明暗を分けるのは、今後、具体的将来像を描ける者や
政党が現れるかどうか、また、そこにしか民主主義は無い、
「国民を幸せにする」独裁者選びが、次にやるべきことでは無いと
国民が自覚しているかどうかにかかっています。





スポンサーサイト

2011年02月23日 期待 トラックバック:0 コメント:0

金賢姫(キム・ヒョンヒ) ~すべては闇のなか~

何ら新事実が出なかったと、各方面から非難されている。
金賢姫さんの来日でしたが、本当に、そうでしょうか?

まず、彼女の立場はとても不安定なものです。何故、特赦が決定したか?
北朝鮮からの希望とする説もあります。
また韓国政府の彼女への態度も、大統領が変われば、変化したようです。
(Wikipediaより)
そんな人が、何の命の担保も無しに来日するでしょうか?
彼女は(拉致被害者家族へ)直接会って話したいと繰り返していました。

もし、来日中に
「○○さんは、今も生きています。根拠は…」
「△△さんは、政府の要職につき、帰国の意思が無い」
など具体的に発表すれば、北朝鮮の手による暗殺。
韓国政府が「そんな話は聞いていない、特赦を解いて取り調べする」
などの反応は、当然、起きます。
つまり、事実は、拉致被害者家族との会談に立ち会った者たち、
あの別荘にいて、彼女と会話を許されていた者たち
そういう人の胸のうちにしか無いとしか、現時点では言えません。
つまり「何ら新事実が出なかった」と断定するのは、時期尚早です。
未だ、すべては闇のなか、と考えています。

鳩山家の別荘を使ったことが「政治的利用」という批判がありますが、
警護、テロ抑止を考えれば、長い事、政治家が使用した別荘なら、
盗聴、盗撮関係の情報はすでにあり、さらに今回のチェックで
ほぼ完全に防げます。また八百屋など出入り業者も固定化されていると
考えられますので、金賢姫さんと、間接的な接触を含めて、身元を
洗い直す手間が減り、安全性は維持できます。
これがホテルなら、公安の準備は莫大な時間を必要とします。
最後に、金賢姫さんの命を狙ったテロが実行されても、軽井沢なら
金賢姫さんを守れなくても無関係な市民を巻き込まずに済みます。
都内のホテルなら、大きな被害がでる可能性が高くなります。

まだまだ、すべては闇のなか、ですが、『直接会って話したい』は
「誰も信用出来ないが、家族なら他言しないことを条件に新情報を
話しても、自分自身の身の危険度は低い」
という、金賢姫さんの思惑では無かったのでしょうか?
以上、総合的に考えて何らかの、成果はあったと予想しています。
実際、表面に出るかどうかは、相変わらず
北朝鮮の出方次第と変わりませんが…。




続きを読む

2010年07月23日 期待 トラックバック:0 コメント:0

理想の選挙

前回に続きますが、現職の国会議員で、
金儲けを考えていない議員はいないと強く感じました。
共産党は、そうではないでしょうが、多数決で、ものごとが
決まるのが、分かっているのに、努力が足りないと考えます。

ここからは、今の法律を無視した、理想です。

まず、参議院で任期が残っている方も含め、全員解散。
政党は存続を許すが、下記の制度で候補となるしかない、
その際に、党からの金銭的援助禁止。
地元に影響力が多い方々の応援も禁止。

新しい選挙制度は、まず、10世帯をひとくくりにして
代表者を選ぶ、その方法は、10世帯が共通に話し合える話題を
まず決める、例えば、近隣の工業地帯で、過去に、会社の過失で
爆発事故があったが、納得いく説明も無く、操業を続けているなど
互いに話し会えることとし、多数決は最終手段として、
可能な限り、会話をリードしたかたを、口頭で
「私は、○○さんが、代表者に相応しい」と言ったことで選び
本人も納得したら代表とする、ただし拒否権はあります。
拒否されたら、また、話し合いをする。
この間の、仕事との関係は、下記のルールとします。

今の裁判員制度と同じで、話し合い参加に強制力を持ちますが、
例えば会社員なら、最初の話し合いの段階から、出勤が出来ない日は
会社は、認めなければ、ならなく、その間の給与は現状と同等とし
国費で払います。その後も選挙終了まで、同じ待遇。
選挙に敗れた場合は、前職への復帰を義務化します。
(本人の意志であれば、他の部署への移動や辞職も認めます。)
代表選びと並行して「マニュフェスト」をひとつ、決めます。

10世帯の代表が決まったら、100世帯で、同じ事をします。
マニュフェストが、同じ場合は、その代表者間で話し合いをします。

おおむね10万人の代表までなったら、選挙戦開始、
選挙区の考えは同一県内、と、地形的な影響などで、
同一県内でも、異なる産業、文化が育った場所は、
その地域だけで、選挙区とします。

異なる意見、例えば主要産業である、ある工場の存在が
「環境に悪いので、廃業を求める」
その会社に雇われていたり、関連産業などで、暮らしている人は、
「経済効果が高いので、存続希望」であれば、
同じマニュフェストの中で、代表を選びます。
つまり、ここまで行かないと、国会議員の候補者には成れない。

人口と比例した議員数を予め決めておき、
その数より、多い代表者が出来たら、その選挙区で
まず、選挙します。

こうやって、政党と関係無しに、候補者を決めます。
そこまで上がって来た、多くのマニュフェストを
最終代表者が、5~10程度発表します。

こうやって、政治家無し、政党の力無しで、選挙してみたいな
と思う、今日、このごろです。





2010年03月01日 期待 トラックバック:0 コメント:0

国会議員、総辞職 ~ゼロから、やり直し~

私は、このブログで、鳩山政権の存続を支持してきました。
マニュフェストにも違和感は無く、問題可決に時間がかかるのも
実務者が、自民党と、50年間なれ合って来た高級官僚で
恐らく下記のようなことが過去の慣例だと想像したからです。

いままで、暗黙の了解で事務方が大臣の判断が必要なことも
代行して来たのでしょうから、今までは、事務次官が
大臣室を訪れ「おめでとうございます」と挨拶、大臣も
「大きな問題点は夏の参院選まで絶対に、表に出すなよ、
わかっているよね。」
で済んでいたものが。

山のような書類を持ってきて
「全て、大臣の、ご決裁が必要です、どれも早急に、
ご判断頂く必要があります。
また国会会期中です。質問の内容は、これらです。
大臣から、どんな資料が必要かの指示を、お待ちしています。
少なくとも答弁の三日前には、リストを頂かないと間に合いません」
と、ころっと変わったのでしょうから、
事がなかなか、前に行かないと考えていました。

しかし、今国会に、やっと本日から入りましたが、
過去に遺恨の残る判断ミスが、多すぎました。

まず、鳩山兄弟の喧嘩にまでなった、問題、
自分が司直に呼ばれないから、いいとはいかないですね。
「母を国会に呼んでもいい!」とまで言われたので、
本当に、ご自身は知らないことかもしれませんが、
何らかの形で襟を正して頂きたい。

小沢氏を更迭しない、というより出来ないと感じますが、
第一公設秘書が、不正を働けば、小沢氏が、知らぬ存ぜぬ
では済まないと考えます。まるで万引きしておいて
「悪いのは、この右手だけで、私自身は悪くないです」
って答弁ですよね。

民主党、党首としては、小沢氏の指示や努力が無いと
参院戦に勝てないと思ってのことでしょうが、
その前に、自分の政権が倒れます。

もはや「ゼロからのやり直ししかないです。

続きは次回に…




2010年03月01日 期待 トラックバック:0 コメント:0

眼力 ~鳩山氏に、しばし時間を~

『鳩山由紀夫首相は1日、東京・代々木神園町の年末年始に住まいなど
生活基盤がない失業者向けの生活総合相談の会場を視察した。
視察後、首相は職業訓練制度の不十分な点を指摘し
「現実に困っている方が、いい支援策があるにもかかわらず、
すぐに使えないという話ではいけない」と述べ、支援策が
生かせるよう制度を改善する考えを示した。』
(日経NET より)
この模様をテレビニュースで見たのですが、施設利用者と会話中の
鳩山氏の真剣な目つき、また、囲み取材で
『すぐに使えないという話ではいけない』と語る際も、鳩山氏の
「眼力」で「明日にでも実現するかもしれない」と思わせられました。

鳩山政権の評価には、時間をかけるべきだと書いてきましたが、
その気持ちの中には、あの真剣な「眼力」が強く影響されています。

普天間の問題を白紙からやり直しと説得出来ない、鳩山政権、
マニュフェストが実行に移せない鳩山政権。
今までの自民党政権なら、とっくに、気持ちは決まっています。
「国民の代表者、失格」と。

しかし、鳩山氏を「国民の代表者、失格」とは言い難い。
確かに「年収2千万で、子供手当を出す出さないの線とする」
なんて、金銭感覚や、様々に取りざたされている、金銭問題は
確かに改めて頂くとしか言えませんが、やはり、この政権に
もう少し、時間を与えたいと思います。

一方、自宅に大勢の議員を招いての宴会、しかも、発言は
「夏の参院選、単独過半数をとる!」という内容。
いままで寡黙な方だと思っていましたが、腹の中は、
「勝てば官軍」だったんですね。内閣が大きな壁にぶつかり、
国民は、経済復興のきざしすら感じられない、この時期に、
参院選の勝敗を語るとは・・・

確かに強固な景気向上策をうてていないのは、まずい、
しかし、そのことも、長年、自民党としか付き合って来なかった
経済界のお偉いさんが「な~に、夏には、昔なじみが帰ってくるさ」
って甘えがないと言い切れますかね。

特にメガバンクが、中小企業再建の融資を、考えない限り
日銀だけでは、なかなか、いい成果は望めない。
そのメガバンクを管轄する「内閣府特命担当大臣(金融担当)」
が、まるで自分は内閣の一員ではないような、言動の
亀井氏では、先が思いやられます。
衆院選前に連立を組んだとはいえ、実質的には負けた国民新党です。
政界では鳩山氏の先輩でしょうが、内閣のメンバーである以上、
「国民」「中小企業経営者、従業員」が安心出来る発言を頂きたい。

亀井氏が、そういう発言をされれば鳩山政権への支持も増えるでしょう。
また役職上も、そういう発言をされるべきです。

追記
たった今、ワシントンポストで鳩山政権が、
契約不履行だと、非難しているというニュースを見ました。
アメリカからみれば、そうでしょう。
一刻も早く、オバマ氏と鳩山氏の会談を設定するべきです。
もちろん、これ以上、支持率を下げたくないオバマ氏は、
普天間問題は、前の政権で決定していて、自分は、その履行を
見守るだけ、という位置を崩したくないでしょうが、
そうは問屋が卸さないと「眼力」使って下さい。




2010年01月02日 期待 トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。