スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

具体的な展望を! ~GM、破産に際して~

オバマ大統領は、GMが破産法の適用申請し、
一時国有化することを決めた際に
「GMは幾世代にもわたり米国人の誇りの源だった。
新生GMは米国人の新世代に夢を与え、米経済の未来の一部になれると
確信している。そうなれば、GMにとってよいことは、
米国全体にとってよいことだと本当にいえると思う」
とコメントしました。

何事も自己責任と考える国民を納得させるだけの、
具体的なコメントだったと思います。
異論は、早速、飛び交っていますが、それは、オバマ大統領の決断が
具体的だったからだと考えます。

さて、日本に話を戻せば、国会の会期延長が決まりましたが、
麻生総理の「経済対策優先」も「ばらまき政策」という小沢氏にも
私は、力強さが感じられません。

結局は、解散総選挙が自民党に有利なのか、
民主党にとっては、早い解散が有利という、裏側が透けて見えます。

何度か、書きましたが「政治家」という言葉が嫌いです。
「家」と付くからには、何かを極める姿勢が必須です。
つまり「政治」を極めるとは、天下国家を語り、
50年、100年先を見据えた展望を持って頂きたい、
その「政治家」が国会議員という国民の代表に選ばれたのだから、
国会は、もっと具体的な論争の場となって然るべきです。

それが、委員会レベルから、不当な「多数決」で国会審議の
進行が決められ、予め文書で提出した質問に、官僚が作った回答を読む。
こんな茶番をやるのが「政治家」ですか?

一部では、大不況の底が見えてきたと言われています。
確かにそうかもしれません。
しかし、その底まで、息が続かない国民が大半だという認識は
「政治家」なら、もって頂きたい。

今、必要なのは、具体的な展望です。
スポンサーサイト

2009年06月04日 見習う トラックバック:0 コメント:0

優先順位

今更、こんなことは書きたくありませんが、
ものには、順序ってありますよね。

中川大臣の問題、辞任で、一段落でしょうが、
この問題が起きた途端、民主党の皆様は、
即、「問責決議」を口にされました。

確かに、あの醜態は、原因がなんであれ、大きな問題です。

しかし、GDPが2桁のマイナスと発表されたばかり、
震源地のアメリカでさえ、1桁です。
オバマ大統領は、まず、景気対策法案にサインをしました。

国民の生活が、第一であって、その対策が最優先、
そこを維持しながら、中川氏の問題を論じるべきで、
予算委員会を止めた、診断書をもらう為の中川氏の病院通い、
民主党も、子供のケンカのように、まず、辞任ありきでなければ
委員会の進行を止めると言わんばかりの言動。
前回と重なりますが、国会議員って何をする仕事ですか!?

この経済状況で、辞任が最善の策だったのでしょうか?
いずれ、けじめをつけるとして、今は、経済対策が滞り無く
進むことが最優先ではなかったのではないでしょうか?

また、また、経済対策の見通しが見えなくなっただけです。

期待しても無駄なのかと思いますが、
今は、自公の連立政権です。公明党のスローガンは
「生活を守るのは、公明党です」
与党でありながら、今回の問題に関して、自民党に
客観的な意見を言える、唯一の政党だったと思うのですが、
太田代表は、いかが、お考えなのでしょうか?

2009年02月18日 見習う トラックバック:0 コメント:0

誰の幸せですか?

インド洋での給油活動の延長が、衆議院で再可決、成立しました。

いつもは、何かと、言ってくる民主党も、傍観のようです。
この活動は、誰の幸せの為ですか?
アフガニスタン、イラクなどの混乱は、複雑になるばかりで、
軍事介入では、解決出来ないと、私は考えています。
日本は、麻生政権は、この活動で、平和が訪れると
思っているのでしょうか?
それとも、米国との関係維持だけで、可決したのでしょうか?

先だって、海自の特殊部隊で、隊員が亡くなりました。
まだ、事実関係も、はっきりしません。
そんな中、過酷なインド洋勤務、誰が幸せになるのですか?

東京都は、レインボーブリッジを歩いて渡るイベントを
来年、開催することを決めました。
予算は、7千万円。オリンピック招致の一環だそうです。
オリンピックの開催が、東京に、日本にとって、良いものか、
まだ、答えは出ていません。
1万円、10万円が、悩み、苦しみの種になっている、東京の状況、
7千万円は、誰の幸せの為ですか?

一方で、アメリカは、いわゆるBig3と言われる自動車業界への
公費投入をしないと、決めました。
何故なら、国民から預かっている税金が、某かのかたちで、
国民に戻ってくるという、確信が、得られなかった為だそうです。

私は、アメリカという国へ、様々な疑問を持つ者ですが、
今回の決議の理由、明確で、ある意味、国民の幸せを守るものと
考えます。

前回も書きましたが、永田町、霞ヶ関のみなさん、
あなた方は、誰の幸せの為に、働いているのですか?

2008年12月13日 見習う トラックバック:0 コメント:0

舛添大臣 ~最低限の働き~

今、厚労省が抱えている問題は、非常に多いと思います。
年金、餃子、牛肉などなど

そんな中、舛添大臣は
「H5N1型のインフルエンザウイルスワクチンを、医療従事者や検疫所の職員計約6000人に事前接種する方針を明らかにした」時事通信
は、すばらしい決断だと思います。

鳥インフルエンザが人から人へ感染する形へ進化することは、
予測できていたことで、この問題にとりくんで来られた方には、
「時、すでに遅し」かも知れませんが、元来、国内感染者が
出てから行う予定を、繰り上げたのは、希な決断かと思います。

舛添氏への、批判を書くことは簡単ですが、
他の大臣が、事件事故の、後追いすら出来ていない中、
彼は、決断し続け、自分に不利なことも、発表してきました。

年金問題が、予定通りに進まないことも、認めました。
これだけでも、異例でしょう。

私は、舛添氏が、特に優れていると言いたいがため
今回の記事を書いている訳ではありません。
他の大臣、国会議員にも、最低限、舛添氏なみの
働きは、して頂きたいと、強く、要望しますし、
いたって、あたりまえのことです。

今、日本は、内側からも、外側からも、壊れかけています。
我々国民も、主権者としての自覚を持たなければ、やはり

「日本は世界の孤児となる」と思います。

2008年04月27日 見習う トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。