スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

3月11日のまま ~美談は要らない~

震災関連のニュース、ドキュメンタリー番組って
『養殖ワカメが再開できました!』
『仮ではありますが、店舗再開できました!』
などなど、成功事例が多いですよね。

しかし今も3月11日に失った何かを
取り戻せ無い方々が大勢いらっしゃるハズです。
そういう方々へ、支援の手はのびているのかを
報道は追うべきだし、行政も状況の把握に努めるべきです。

何かの絆を失ったまま、身動きとれない方々
仕事再開の目処がつかず、朝から酒飲んでいる方々
たくさん、いらっしゃると思います。

生活保護、失業手当、東電からの保証金…
金は行き届いているのかも知れません。
でも、人って、生き甲斐があってこそ
健全に暮らせます。
具体的には家族、誰か、との絆がある。
仕事のやりがい、
働いて賃金をもらうってことです。
何もせず、なにかの手当で金がもらえ、
食べるに困らなくても、それでは心はすさみます。

3月11日にこれらを失ったままという方は大勢いるハズです。

生き甲斐を見失って、生活再建出来ない方々こそ
マスコミは取り上げ、改めて、日本人全員で
助け合わねばならないと喚起すべきかと考えます。

もう東北は冬です。
まさに待ったなしの状況にいらっしゃる方々を
ひとりでも多く救わねばなりません。








スポンサーサイト

2011年11月26日 やるべきこと トラックバック:0 コメント:0

自衛隊による除染作業 ~心のケアを!~

自衛官を志し、その職務にある方々は
”被爆”する覚悟はお持ちでしょうか?
また、私たち国民は、その覚悟を持てと言っていいのでしょうか?

一川保夫防衛相が、
東京電力福島第一原発から半径20キロ圏内の警戒区域内で、
自衛隊を除染作業に当たらせると、近く関係閣僚会合で表明する旨
複数の新聞が報じました。

この地域は放射線量が高く、
除染作業がほとんど手つかずだった場所です。

問題が4つ

1:自衛官が自らを守る知恵が不足しています。
自衛隊、特に除染作業に当たる一般の陸自隊員は
放射能に関して学んでいません。
身につける装備は予め用意されていませんし
また、その装備を付けた除染作業の訓練も受けていません。

2:自衛官に過大な”残業”を押しつけています。
『災害支援』『PKO派遣』などがあるからといって
通常の任務、つまり防衛任務は軽減されません。
先日も、北海道の部隊が九州まで移動する大規模訓練をしました。
また陸海空とも定員割れしています、PKO活動などで
国内にいる自衛官の数が足りていません。
その上、除染作業にかり出せば、明らかに過大な”残業”です。

3:冒頭に書いた”被爆”するかも知れないが
”この作業は我々しか出来ない!”といった過剰な覚悟
”出来れば、作業に参加したくない”という思い。
これらの”心のケア”が用意されていません。

4:自衛官の自殺や事故死が増えます。
PKO活動が始まって以来、自衛官の殉職は増えています。
本年の「殉職隊員追悼式」では9名の方々が弔われました。
不思議なことに死因は明かされません。
もし原因が『2』や『3』『4』なら、また死者がでます。

この4点を明確にする指示を、一川保夫防衛相は
まず第一になさるべきです。

除染作業が、待ったなしなことは承知していますが
自衛官の心と身体のケアを無視していいとも
同時に言えません。





2011年11月19日 やるべきこと トラックバック:0 コメント:2

いまさら ~正心誠意~

日本国憲法 前文より抜粋
そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、
その権威は国民に由来し、
その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。

野田さんは、日本国前文を読んだことがないのでしょうか?
誠心誠意、職務に努めることは
”正心誠意”なる造語を使ってまで、今更、強調して頂くことではないのです。

”官僚の作文”と揶揄されていますが、
それは、この演説の本質的間違いを指摘していない言葉で、
批判した者が日本国主権者であるなら、
再度、日本国憲法を読んで反省して頂きたいほど幼稚な批判です。

内閣総理大臣が示すべきは
・具体的な政策
・その達成時期
以上2点です。
何故なら、
三権のなかで国民が自ら選べる国会議員で構成された国会の代表者ですから
どういう政策で日本を改善し、それがいつまでに成されるという
国民が最も確認したいことを述べなければ、自分が選んだ代表者が
”その福利は国民がこれを享受する”ことを成すかどうか判断がつきません。
また、内閣総理大臣は、実際に行政を制御し、時に応じて新法をつくる
この2つのことの総責任者ですから、初心が具体的でないなら、
その地位に相応しいかの判断が、国会議員にもつきかねます。

内閣と、国会が、今何を成さねば成らないかを先に述べれば
・震災復興政策と経済政策を現実に国民が望む速度で成すこと
明らかに、政策の実行速度が遅すぎます。
3月11日から、半年が過ぎました。
国民の生活に直結する問題で、手つかずかなこと
また政策は発表したが、実行されていない、完了の時期が明確でない
こういう事例が多すぎます。
例えばドイツが、脱原発を決めたのは、6月6日です。
3ヶ月もかかってはいますが、現実的には適切な時期と考えます。
何故、日本の内閣と、国会は、この速度感を持ち得ないのか
”正心誠意”は意味がありません。
最低限でも、失業手当が切れる、9月初旬までに
”最低限の生活”を保障する政策が実行されるべきでした。

まだ、9月に入って2週間です。
今月の収入の目処が無い方を救うには、僅かながら時間があります。
日祭日の関係で、今月の給料日が22日という方も多いでしょう。
その日までに、直接の被災者はもちろん
毎日、被爆している、全国民に対し、下記に定まったことを実行して下さい。

日本国憲法 第二五条【生存権、国の社会的使命】
1 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の
向上及び増進に努めなければならない。






2011年09月14日 やるべきこと トラックバック:0 コメント:0

まだ間に合う ~石棺~

まず、訂正です。
鉄の棺桶→石棺
海水で冷却した→海水で【外部から】冷却した
以上、2点、訂正と、お詫びをします。

今回の政府の対策には、放射能汚染を拡大させないという視点が
欠如していたか、機能していなかったことがハッキリしました。

わかりきっていたことですが、露地野菜から基準値を超える放射能が
検出され、出荷が出来なくなり、日々、品目は増えています。
海洋汚染も確認されました。

ついに
『東京都水道局は23日、金町浄水場(葛飾区)から
乳児の飲用に適さない濃度の放射性ヨウ素が検出されたと発表した。
検出濃度は1リットル当たり210ベクレルで、
厚生労働省が21日に示した乳児の飲用に関する指標値の
100ベクレルを110ベクレル上回っていた。』
asahi.com より 15:22 23/Mar/2011
という段階まできました。

枝野官房長官の『ただちに危険では無い』という主旨の説明は
理解出来ますが、同時に、放射性物質は蓄積・拡散もします。

その元である福島第一原発が、機能を取り戻し始めていますが、
それは、放射性物質を発生させないことには直結しません。
このままでは、風評被害では無く、実際に基準値を超える露地野菜や
海洋汚染は広まります。

やはり有効性のある、放射性物質の拡散を防ぐ手立てを立てないと、
安全な食べるもの、飲むものが順次、無くなります。

私は、原発の素人ですが、水がヨウ素を遮断したり、
放水中に発電所内のモニターレベルが下がっているのですから、
燃料棒の冷却では無く、福島第一原発全体を、
霧で覆うような放水も役に立つのではと考えます。
いずれにせよ、政府は
・ 放射能汚染を拡大させないという意志の発表
・ その具体的対策を発表
以上2点の発表をすべきです。





2011年03月23日 やるべきこと トラックバック:0 コメント:0

鉄の棺桶 ~始めるべき~

東京電力、福島第一原発で起きていることは、
東電や政府の対策が後手に回っているというより、
いったい何が起きているのか、分かっていないという感を受けます。
さて、全ての燃料棒の冷却に成功しても、その冷却水の循環は必要です。
すでに海水を使っていますから、既存の一次冷却装置を
新設すれば良いとは、言えないかと考えます。
また、いずれにせよ、放射能を含んだ空気を出し続けることは必至です。
いまだかつて海水で冷却したことは無いハズです。
長期的安定を期待するのは、甘い考えと言わざるを得ません。
抜本的には解体しかないと考えています。
この二つの予測から、福島第一原発、全体を覆う建物、
つまり、チェルノブイリでいう『鉄の棺桶』が必要です。
とにかく、燃料棒の冷却が急がれますが、その先に、
高濃度の汚染された蒸気を出すこと、
いずれは解体することを考えれば、平行して、『鉄の棺桶』を
作り、近隣への放射能汚染を減らすべきです。
また、前記のように、海水での冷却が壊れた際に、
再度、今回のような騒ぎにならない為にも、『鉄の棺桶』は
必要です。



2011年03月17日 やるべきこと トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。