スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

普天間飛行場の固定化 ~日本政府の責務~

野田佳彦首相は13日、衆院本会議で就任後初の所信表明演説を行った。
米軍普天間飛行場移設問題について「日米合意を踏まえつつ、
普天間飛行場の固定化を回避する」と述べ、首相の国会演説で
初めて「固定化」の文言を使用し、
辺野古移設が頓挫すれば普天間が固定化するとした。
2011年9月14日 琉球新報

『辺野古移設が頓挫すれば普天間が固定化するとした。』の
主語は誰なんでしょうか?
野田さんですか、2+2ですか、沖縄県知事ですか?

この問題が進展しない理由は、この事にあると考えます。
野田さんなら、
”あなたは、沖縄県民を本土の人間と同等に扱っていますか?”
と問いたい
2+2なら
”あなたがたは、国民に正当な手段を持って選出された人では無い
単なる行政窓口です、越権行為です”
と非難したい。

沖縄県知事なら、そんなことを言わない。

日本政府の責務として、主語を明確にすれば
普天間の問題は進展します。

政府の急務です、主語を明確にすることは。
何故なら、たった今も、目的が不明確な米軍航空機が飛行し
その騒音に悩まされ、墜落に怯える国民がいるのですから。




スポンサーサイト

2011年09月15日 政治 トラックバック:0 コメント:0

8月9日 ~沈黙の長崎~

同じ原爆の被害に遭いながら、長崎の方々は、多くを語りません。
その、お気持ちは分かる気がします、生意気ながら。
しかし、やはり冥福を祈り、記録を残し、次の世代に繋ぐ、
そんな日であるべきかと思います。
私も含めて、人は情報に流されていきます。
固定点は、努力で確保するべきです。
それは、昭和20年8月6日であり、8月9日です。



2010年08月09日 政治 トラックバック:0 コメント:0

トリアージ:その2 ~今すぐ実行! カードは赤~

今、国会は機能していないと言って言いすぎではありません。

各方面から、政治と、お金の問題が未解決だという意見が多く
何としても、小沢氏から鳩山氏の、お母様まで国会に呼びたいという
意見があります。

それで、国会議員、国民の皆さんが納得し、山積みの問題に
集中出来るなら、名指しされている方々、特に小沢氏は自ら
「国会の場で説明したい」というべきです。

何故なら

『日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保』(日本国憲法前文より)

ここに約束された、【正当に選挙された国会における】
かどうかは、憲法の根幹ですから、当然、自主的に行って頂きたい。

小沢氏は民主党の会合など野次の入らない場では「国民に説明したい」
または「検察で話すべき事は話した」と言っています。

私、個人は、すでに検察が知りたいことは、ほぼ手に入れたが、
肝心の立件は無理、または思案中と考えられるので、国会で
無駄な時間は使って頂きたくない。

しかし、谷垣氏、大島氏が、まるで「天命」を受けたがごとく
「国会招致」を連呼される。民主党内部も「説明が足りない」と公言
する党員が多くいます。

ここまでくれば、やることやんないと、収まりませんので致し方ない。

『国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に
由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民が
これを享受する』(日本国憲法前文より抜粋)

ここにあるように、私たちは【国民の厳粛な信託】を国会議員に
与えているので、小沢氏は、何処でも何時でも、回答なさるべきです。

今、口を閉じている方々は参院選に小沢氏が必要という判断でしょうが、
それなら、今、解決しないと負けます。

『朝日新聞社が実施した郵送による世論調査で今夏の参院選と
昨年の衆院選について、比例区の投票先をあわせて聞いたところ、
昨年民主に投票した人の3割が今度は別の党に投票しようとしている
ことがわかった。民主離れの動向によっては参院選の情勢は混沌(こんとん)とする可能性がある。(中略)
衆院選で民主に投票したと答えた人(全体の45%)のうち、
参院選でも民主に投票するという人は67%』
(asahi.com、3月26日版より抜粋)

つまり、今、民主党が国民に理解されないと、小沢氏が、どんな作戦を
実行しても、選挙の予想ではお決まりの、浮動票が増えて、
確信がもてないまま、開票に入るということです。

トリアージで言えば、民主党も自民党も
【赤 (Red Tag) カテゴリーI
生命に関わる重篤な状態で一刻も早い処置が必要で救命の
可能性があるもの】です。

今、すぐ国民の不信を払拭しないと
【黒 (Black Tag) カテゴリー0
死亡、もしくは救命に現況以上の救命資機材・人員を必要とし
救命不可能なもの】へと参院選前に自体は悪化します。

このブログを書き始めて、つくづく思うのは「国会議員」と
名乗るべき人が「政治家」ですと名乗ること。
普通の会社で言えば「(株)○○産業 営業課 △△ ◇◇」を
「営業一筋 △△ ◇◇」ってことです。
滑稽ですよね、政治家と名乗ること、政治生命がうんぬんと言うこと。

今、起きていることを民間の会社で言えば、ある証券会社の
今期の株主総会は終わった、その直後、会長に退いた人が
会社の金を私用に使ったという噂が流れ、税務署も立ち入り検査した。
「私用」と断定出来ず、捜査は終了。株主には「お詫びの手紙」が郵送。
しかし、その手紙は現執行部の名前しか無く、会長の名は無い。

お客様対応の証券マンは、苦情の電話で、忙殺、本業をする時間が無い。
このままでは、会社が倒産する。それでも、会長は動かない。

ありえない話しです。

話しは変わりますが、今日、目についた事を、ひとつ追加


米国のビル・クリントン元大統領とジョージ・ブッシュ前大統領が
22日、ハイチの首都ポルトープランスを訪れて同国の
プレバル大統領と会談し、1月の大地震で被災した現場や現地の
事業を視察した。
ポルトープランス(CNN)より

こんなことする人が「政治家」と言っては失礼、
世界の人々が幸福かを常に憂慮している。国際的社会人です。



2010年03月24日 政治 トラックバック:0 コメント:0

お詫び

先ほど、小沢氏の会見の模様を、テレビで見ました。
彼は、国民に、謝罪をしました。
前回の記事の中で、彼が謝罪をしていないと
断定的に書いたことを、
小沢氏、また、民主党の皆さん、
このブログを読んで頂いている皆さんに
お詫びします。

2007年11月07日 政治 トラックバック:0 コメント:0

おかしいですよ、いろいろと

小沢氏が、一個人として、民主党の代表を辞めたり、
前言を翻しても、それは、勝手にどうぞ、
と言いたいところですが、
残念ながら、彼は国会議員です。そうは、問屋が卸さない

『選挙区選出議員も比例代表区選出議員も日本国憲法第43条より、
一部の地域、政党団体の代表ではなく、国民全体の代表とされ、
その様な行動を期待される。』とあります。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

もし、彼や民主党の動向を明確にしなければ、
国会の運営に支障を来すとしても
まずは、国民に対して、
「申し訳ないが、このことを明確にしなければ
最終的に国民に迷惑をかけることになるから、
しばし、本会議を休むことをお許し下さい」
という、お詫びがなければならないと思います。
何故なら、日本国の主権者は、国民であり、
国会、裁判所、各行政機関は、主権者に対して
国民が幸福な暮らしをするために努力する、責務があり、
今回の騒動すべてが、
国民の幸せを願って努力した結果の混乱とは
言い難いからです。
(補足すれば、様々な理由で、欠席、遅刻をしている
国会議員の皆さんへの苦言でもあります。)

福田首相も、問題がある発言をしました。
自ら申し出た党首会談のつながりで、
国会の機能の一部が停滞しているのに
彼は「よその党の話ですから」
と関わりが無いかのようにコメントしました。
が、彼は国会議員によって選出された総理大臣です。
国会の機能が停滞していることに、配慮があって然るべきです。

まして、一部の民主党に所属する国会議員が、
「この状況では、地元に説明が出来ない」
なんて、言葉は、自ら国会議員の責務を放棄し
「選挙に勝つ」ことしか、頭にありませんと、
自ら、言っているに等しく、
国会議員である前に、その方々の、知性や、倫理観を疑います。

さて、一連の食に関する問題ですが、
個々の会社の責任を追及する発言が多いように思いますが、
各会社に、法令に沿って、食に関する業務をしなさい
という監督義務が行政にあるのではないですか?
彼らも、自らを戒めるべきだと思います。

私個人は「ミートホープ」の社長に、あまり嫌悪感はありませんが
彼が発明し、表彰まで受けた機械が、固まりの肉を、挽肉にしながら
他の食材と混ぜあわせるものであり、食肉の関係者には
「何に使うのか?」という疑問があったと、一部の報道で見聞きしましたが、
それが事実なら、表彰者を選考した行政に関わる人は、
その機械の用途を理解して、彼を選出したのでしょうか?
(この機械の用途に関しては、私自身では調査していないので、
他の用途には、有効なものなら、お詫びします)

賞味期限の改ざんや、売れ残り商品の二次利用など、
保健所などで、定期的に検査していれば、わかりそうなものですが、
国民は、行政に期待しては、いけないのですかね?

各地の地鶏の表示方法などは、公正取引委員会は、
今まで、どう考えてきたのですかね?

NOVAに関する騒動も、社長一人が悪者という形で、
ことは進んでいるようですが、
新たなスポンサーが現れて、
法律上は、問題なく、債務の処理が行われても、
文科省は、「学ぶ」という国民が有する権利を
尊守する観点から、救済されない、授業料が1円も戻らない
人たちに、目を向けるべきではないかと思います。

また、外国籍の講師への給与の未払いも、
彼らに就労ビザを発行した外務省は、
日本という国に働きに行こうと思っている方々、
及び、その方々の祖国から、日本への信頼
が揺らぐ可能性から
コメントくらいは出すべきかと思います。

おかしいでしょう、いろいろと

2007年11月07日 政治 トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。